まさに食の楽園。広大なスペースに人気店が集結した巨大フードフェス「まんパク2019」


2019.06.01

Harumari TOKYO

暖かい季節を迎え、公園など屋外でのフードイベントが目白押し。週末は都内のどこかで楽しい食の祭典が催されているが、”日本で一番満腹になれる場所”と言えばこのイベントだろう。立川の国営昭和記念公園にて開催中の「まんパク」は、絶品フードを心ゆくまで楽しめる人気の巨大フードフェス。ROCK IN JAPAN FESTIVALやCOUNTDOWN JAPANの飲食エリアで名物化している「フェス飯」をはじめ、全国の物産展などで行列を生む人気店ばかりが集結する、まさに食の楽園とも言えるイベントだ。今回は、肉・海鮮・野菜・ラーメン・餃子・チーズ・揚げもの・スイーツ、そして地域の食が並ぶ”たまエリア”という9つのジャンルで構成。さらに、土日に開催される「本まぐろ解体ショー」ではさばきたての新鮮な本まぐろが味わえるほか、子連れでもゆったりと飲食ができるシートゾーン、楽しい遊具がいっぱいのキッズエリアや大道芸といったショーを繰り広げるパフォーマンスステージなどもあり、何度行っても楽しむことができる。本まぐろ解体ショー イメージ最高の満腹体験を人気の肉ジャンルで注目は、東京会場に初出店の「にくらや黒銀」。神戸牛の低温調理ローストビーフを贅沢にも角切りにカットし、いくらと合わせた「神戸ビーフにくら丼」は、想像を超える味わいだ。にくらや黒銀「神戸ビーフにくら丼」また、海鮮ジャンルも豪華な品がずらり。「極上かつおの塩たたき」、「とろサーモンといくらの親子丼」、「本まぐろ丼」、「焦がしバター醤油ホタテ」など海の幸を存分に味わえる満足の品々が揃う。つくば酒趣「とろサーモンといくらの親子丼」別腹で楽しみたいスイーツも充実。ジェラートやアイスクリーム、かき氷などどんなに満腹でも食べられてしまう冷スイーツが多数展開。さらに、初のパンマルシェでは、毎週4店舗がこだわりのラインナップを揃えて出店する。夜は巨大ビアガーデンに会場は、夜になるとミラーボールが輝き、雰囲気が一変。あらゆる絶品グルメがおつまみになる巨大ビアガーデンとなる。世界のビールブースでは、前回から取扱ビール銘柄を大幅リニューアルし、人気のものは押さえつつ、レアなビールを取り揃えた。メニューがお得に購入できるクーポンの配布や、日本酒樽酒鏡開きなども実施予定だ。アルコールが苦手な人にはカフェメニューもあるというからご安心を。会場内のカフェでは、エスプレッソマシンで一杯ずつ丁寧に抽出するコーヒーやカフェラテのほか、オリジナルタピオカドリンクも用意する。絶品グルメと快適な空間によって、お腹も心も満たした最高の満腹体験をしてほしいーーそんな思いから生まれた「まんパク」。週末の日中は混雑することが多いので、開場直後や夕方など、時間をずらしていくのがおすすめ。 

国営昭和記念公園
rating

4.5

699件の口コミ
place
東京都立川市緑町3173
phone
0425281751
opening-hour
[3-10月]9:30-17:00[11-2月]9:…

この記事を含むまとめ記事はこちら