日本初、3,000円定額の食フェス。全国の美食を味わう「ふるさと応援祭 バイキングパーク2019」開催


2019.05.06

Harumari TOKYO

全国津々浦々の美味しいものを食べ尽くす!B級グルメやパンなど、様々なテーマで開催される食フェス。全国の名だたる名店が集うとあって人気を博している。しかし、その凄まじい人気がゆえに、せっかく訪れてもお目当のものにありつけなかった、さらには「高い!」、なんて苦い経験がある人もいるのでは? そんな方に朗報! 出店されているすべての料理を“定額で”味わい尽くせる夢の食フェス「ふるさと応援祭 バイキングパーク2019」が開催されることになった。いったいどういうシステムなのかというと、“3,000円” (前売/税込)のオンラインチケットを購入すれば、全出店店舗のフードを1店舗につき1回まで食べることができるというもの。購入方法も簡単で、オフィシャルサイトで事前に登録を済ませ、現地ではそれぞれの店でスマホをリーダーにかざすだけ。キャッシュレスでフードを提供してもらえる。こういったフェスで、チケットを出したり、お金を出したり、というのはなかなか煩わしいもの。そのせいで時間を食ったり、何かを紛失したりすることも多いため、食に集中できるのは嬉しい限りだ。ドリンクは別途購入しなければならないが、こちらもキャッシュレスもしくは現金で支払いができる。そんな画期的なこのフェスだが、30を数える出店店舗もそうそうたる顔ぶれが揃っているのがすごい。鹿児島 黒かつ亭による、お肉の甘みとピリ辛ダレのコンビネーションを楽しめる「黒豚と野菜のキムチ炒め」や、高円寺 串ノ眩の米国ポテト協会お墨付き「アメリカンロングポテトwithチリコンカン」など。がっつりボリュームのあるものからクセになるジャンキーなものまで並ぶ。もちろんスイーツも、スイートポテト専門店 ダンポテトのしっとりクリーミィーな「プレミアムスイートポテト&なると金時チップス」や、京都大原三千院畔 玄印のふんわりもっちりとした「京わらび餅」など様々。日本津々浦々から、幅広いジャンルの料理が集まる、食いしんぼう万歳な内容となっている、ちなみに、全店舗を制覇した人はもう1周利用可能なパスを無料で手に入れられるので、自信のある方はぜひ挑戦を。お金を気にすることなく、ひたすらに絶品料理と向き合う。そんな幸せが3,000円で叶うこのイベントを逃す手はない。GWのどこか1日は食倒れデーにするというのも一興だ。 

日比谷公園
rating

4.0

1097件の口コミ
place
東京都千代田区日比谷公園1-6
phone
0335016428

この記事を含むまとめ記事はこちら