旅先で見つける可愛いお土産。【箱根・熱海・鎌倉】人気観光エリアの名物3選!


2019.05.10

Hanako.tokyo

旅行の醍醐味は観光、グルメ、温泉…と色々ありますが旅の締めに欠かせないのはお土産。今回は国内の中でも特に人気の観光地【箱根・熱海・鎌倉】で見つけたみんなが喜ぶお土産をご紹介します!1.かまぼこをさまざまに楽しめる施設でひと休み!〈鈴廣 かまぼこの里〉/箱根白く艶やかなかまぼこは小田原名物!同施設には〈かまぼこ博物館〉など5つの建物が連なるが、まずは多彩なかまぼこや伝統工芸品が集まる〈鈴なり市場〉で、ここ限定のグルメを楽しもう。旬の練り物8枚入りの「まるごと海鮮天・野菜天詰合せ」760円。「箱根ビール」小450円(税込)と合わせてイートインしたい。できたての練り物は、かまぼこに合わせて開発した地ビールと一緒に。シールで箱をカスタマイズできる2.5×5㎝の小さなかまぼこ、「こころ」500円。隣には贈答品が中心の〈鈴廣蒲鉾本店〉も。〈鈴廣 かまぼこの里〉
神奈川県小田原市風祭245
0465-22-3191
9:00~18:00(土日祝~19:00)※鈴なり市場(施設により異なる)/無休
禁煙(Hanako特別編集「自分のための心休まる宿へ。」photo : Youichiro Kikuchi text : Wako Kanashiro edit : Chiyo Sagae)2.ポップなカバは、ソースの容器にまで!〈熱海プリン〉/熱海熱海初のプリン専門店。素朴な表情のカバが描かれたポップな見た目は、パケ買いしてしまいそうな可愛さ。カラメル入れまでカバ!熱海土産としても、これから女子人気が急増しそう!小さな工房で手作りされる、シンプルイズベストの懐かしい味わいが自慢。卵の力強い風味が、素材のよさを伝えてくれる。「熱海プリン 特製カラメルシロップ付」350円(税込)さつま芋を使った季節のプリンや、温泉玉子をくずしながら食べるタイプなど限定品もいろいろ。熱海プリンは通販あり。〈熱海プリン〉
静岡県熱海市田原本町3-14 
0557-81-0720
10:00~18:00 不定休(Hanako1147掲載/photo : Michi Murakami, Misa Nakagaki, Akiko Mizuno text : Hiroko Yabuki)3.アトリエで丁寧に手作りされたジャムに心が躍る。〈Romi-Unie Confiture〉/鎌倉
サブレ9枚をギフトボックスに詰め合わせたメゾンセット1(アン)1,171円(税込)。自分用のお土産にも。菓子研究家・いがらしろみさんによる“お菓子みたいなジャム”の店。果物の皮むきから手作業で仕込むジャムの味わいはそのままに、焼き菓子のアトリエとクレープ小屋が設けられた。「塩キャラメル」475円(税込)中でも見逃せないのが焼きたてクレープ。フランスの小麦粉を使ったモチモチの生地に、複数の素材を組み合わせたジャムがたっぷり。定番クレープ・塩キャラメルは発酵バターとブルターニュの塩がアクセント。40種の手作りジャムはお土産に。紅茶とどうぞ。
〈Romi-Unie Confiture〉
神奈川県 鎌倉市小町2-15-11
0467-61-3033
10:00~18:00、クレープ小屋は11:00~16:00(土日祝~17:00) 無休 
禁煙(Hanako特別編集『最新鎌倉 おいしいものと、花の寺めぐり。』掲載/photo:Kaoru Yamada, Misa Nakagaki, Yoko Tajiri text:Yoko Fujimori, Mutsumi Hidaka, Yumiko Ikeda, Mao Adama) 

read-more
熱海プリン
place
静岡県熱海市田原本町3-14
phone
0557810720
opening-hour
10:00-18:00
すべて表示arrow
no image
鈴廣 かまぼこの里
rating

4.0

51件の口コミ
place
神奈川県小田原市風祭245
phone
0465223191
opening-hour
9:00-18:00(土日祝を含む)
すべて表示arrow
ロミ・ユニ コンフィチュール
rating

4.0

20件の口コミ
place
神奈川県鎌倉市小町2-15-11
phone
0467613033
opening-hour
10:00-18:00
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら