欲しいモノを必要な分だけ。【東京】適量で購入できる「バルクショップ」4選


2021.11.06

Hanako.tokyo

食材や商品を適量買うことは地球だけでなく消費者にとってもいいことづくめ。これからは量り売りで、必要な分だけ購入するという選択肢も積極的に取り入れてみましょう。1.【シャンプー&リンス】〈HAHONICO〉美容室専用メーカーである〈ハホニコ〉。「ひとりひとりにマッチしたヘアケア商品を見つけてほしい」という願いから、シャンプー&トリートメントを必要な分だけ購入できるシャンプーBarをスタート。30g以上10g単位で購入可能。現在はあべのハルカス店限定。(ハホニコ ハッピーライフショップ 06-6625-2438)2.【ハンドソープや洗剤】〈NATURAL L AWSON〉〈エコストア〉の洗剤の量り売りを行っている〈ナチュラルローソン〉が、〈松山油脂〉のLEAF&BOTANICSの洗剤やシャンプーなどのセルフ形式の量り売りも開始。リサイクル原料を使用した無料容器も用意。現在は〈ナチュラルローソン芝浦海岸通店〉など東京5店舗で実施中。(ローソンカスタマーセンター 0120-07-3963)(Hanako1197号掲載/photo:Kevin Chan styling:Yumi Kaneshiro hair & make:Ko Sato(&‘s management.)text:Emi Taniguchi)3.【デリ】〈IKEA新宿〉の「スウェーデン バイツ」〈IKEA新宿〉一番の特徴といえば、日本初の量り売りデリ「スウェーデン バイツ」。デパ地下のようにウィンドウ越しの量り売りメニューを眺めて、ランチや夕食のおかずにテイクアウトを楽しんでみましょう。メニューは多様性を重んじるイケアの努力が感じられるラインナップ。世界中で愛されているイケアの代表的ミートボールを、植物由来の原材料で作った「プラントボール」はその代表。黄エンドウ豆、オーツ麦、じゃがいも、りんごを使用しながら、普通のミートボールと遜色無いジューシーな肉肉しさを感じ、満足度抜群!他にも、植物由来の原料で作った「ミートソースラザニア」や、持続可能な漁業で獲られた水産物に与えられる MSC(海洋管理協議会)の認証を受けたエビを使用し、ディルの爽やかさが効いた「ディルマヨ和えシュリンプポテトサラダ」など、気軽にサステナブルな選択ができるメニューを楽しめます。〈IKEA新宿〉
東京都新宿区新宿3丁目1-13 京王新宿追分ビルB1F-3F
11:00〜21:00(当面の間は20:00閉店)
無休(1月1日を除く)(photo,text:Chiharu Kubota)4.【ドライフルーツ・ナッツ】〈ビオセボン 麻布十番店〉全店舗にあるバルクコーナー。ドライフルーツやナッツ、豆類などがずらりと並び、海外の市場のよう。フランスをはじめヨーロッパに140店舗以上あるオーガニックスーパーマーケット。東京と神奈川に20店舗あり、店内では環境と健康に配慮したオーガニック商品をより身近に、気軽に手に取ることができる。バルクコーナーでは20gの少量から購入可能。〈ビオセボン 麻布十番店〉
東京都港区麻布十番2-9-2
03-6435-4356
9:00〜22:00 無休(Hanako1190号掲載/photo:Shinnosuke Yoshimori, Jun Hasegawa , Yoichiro Kikuchi text:Keiko Kodera, Ayumi Shirasaka edit:Kana Umehara) 

read-more
Bio c' Bon(ビオセボン) 麻布十番店
place
東京都港区麻布十番2-9-2
phone
0364354356
opening-hour
10:00-22:00
すべて表示arrow
no image
IKEA(イケア) 新宿
place
東京都新宿区新宿3-1-13 京王新宿追分ビルB1F-3F
opening-hour
11:00-20:00
すべて表示arrow
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら