【京都】昭和の世界へひとっ飛び!?昭和41年創業の老舗の純喫茶〈喫茶翡翠〉へ。


2021.08.19

Hanako.tokyo

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。今回は、〈喫茶翡翠(きっさひすい)〉を訪れました。アンティークショップを訪れ、年代物の調度品を購入し、それらを並べてみると、クラシカルな雰囲気は表現できると思うのです。しかし、アイテムだけではなかなかに演出することが難しいのは、老舗感という名の特有の風格。その店だからこその経年を感じさせる内装や、童心をくすぐられる懐かしい香り。今回ご紹介する昭和41年創業の〈喫茶翡翠〉は、令和となった今でも変わらず昭和の空気が流れている老舗の純喫茶です。長い歴史を感じさせる外観に惚れ惚れ。ここに座って目を瞑ると超えられますよ、時代。ふと我に返って思ったあれタイムスリップでもしちゃった?。「ブレンドコーヒー」430円フードに合うとかいうよりも、さらにその前に空間に合う一杯という表現がより近いかも。口にした途端、不思議と目を閉じ、気がつけば1時間くらい経過していた、なんてことが起きちゃいそうな魔法でもかかっていてもおかしくない安心感が宿る味わい。「スパゲッティグラタン」860円パスタであり、グラタンでもあるハイブリッドグルメスパゲッティグラタン。喫茶店にあまり飯テロと言うワードは似つかないかもしれないけど、写真を見ているだけで口元ゆるむこのビジュアル、夜中に見るとえらいこっちゃです。フォークで豪快にいただいたところ、濃厚な甘酸っぱい風味が口中に広がった。それからはもう無意識的に大口開けて完食しちゃいましたね。「フレンチトースト」700円スイーツにシロップをたっぷりかけて食べるのが好きだ!そんな方にもぜひおすすめしたい特製フレンチトースト。フレンチトースト本来の色合いなのか、それともシロップ由来の色なのか、もはや分からなくなってしまうくらいシロップをたっぷりと。とはいえ、甘さが渋滞しているというわけではなく、意外や意外ちょうどいい”。スライスレモンを合わせていただくと、酸味が加わってアクセントが生まれるので、ぜひ仲間に入れてあげて!時代が進み、技術がどれだけ発展してもこの五感を優しくくすぐる老舗だからこそ醸せる懐かしさというのは、きっと再現できないと思うのです。空間に染み込んだ経年のエキスは、取って代えることのできない大切なエッセンス。
街のレガシーとして、これからも在り続けて欲しいものです、ずっと。〈喫茶翡翠(きっさひすい)〉京都府京都市北区紫野西御所田町41-2
9:00〜21:00、日9:00〜20:00 無休 

read-more
喫茶翡翠
rating

4.0

8件の口コミ
place
京都府京都市北区紫野西御所田町41-2
phone
0754911021
すべて表示arrow
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら