「滋賀県ご当地モール」で、大人気のいちごバターと、名水で仕上げたもっちり食パンをお取り寄せ。


2020.07.30

Hanako.tokyo

滋賀県とYahoo!のコラボレーションで誕生した「滋賀県ご当地モール」。滋賀県の美味しいものがたくさん詰まったこのサイトでクーポンを利用すると、30%オフで商品が購入できるそう。今日は噂の「滋賀県ご当地モール」で、気になる2品を取り寄せました。豊かないちごの香りに包まれる〈市川農場〉いちごバターと、国内有数の湧水で仕上げた〈丁子屋製菓〉醒井名水食パンをご紹介します。いちごとバターのいいとこ取り!朝摘みいちごが人気の〈市川農場〉が届ける「いちごバター」。箱から出てきたのは、優しいピンク色の〈市川農場〉いちごバター1,296円(税込)。瓶を開けると甘酸っぱい、いちごの香りが立ち上ります。爽やかな香りで、ヨーグルトに添えてもぴったり。〈市川農場〉は朝摘みいちごが人気ですが、社長の娘さんがいちごとバターを混ぜてパンに塗っている姿をみて「いちごバター」をひらめいたそう。その後、いちごとバターの絶妙なバランスを追求し、商品化したところ販売開始2カ月で2,000個を超える人気商品に!スプーンですくうと果肉がたっぷり。バター特有の油っぽさはなく、いちごの酸味が程よく効いてさっぱりと楽しめます。これからの季節は食感を楽しみながら、アイスやかき氷に添えても美味しそう。今では海外のスーパーに並ぶほどの人気商品ですが、いちごは果実が少しやわらかめで口当たりがいい「章姫」という品種だそう。いちごを贅沢に使える農家だからこそ誕生した、奇跡の一品です。もう一つのお取り寄せは、〈丁子屋製菓〉醒井名水食パン 1斤270円(税込)、4斤1,000円(税込)。一口食べると、ほんのり優しい自然の甘みが広がります。味の決め手は滋賀県米原市に位置し、名水100選にも選ばれた醒井の湧き水。豊かな水で仕上げた食パンは、もちもち食感が印象的です。ふんわり柔らかなパンは、まずは一口、焼かずに堪能してください。せっかくなので、お取り寄せした〈市川農場〉いちごバターと、〈丁子屋製菓〉醒井名水食パンを合わせてみました。果肉を楽しむために、いちごバターは少し多めにプラス。ほどよい甘さと酸味のバランスで、もっちりパンの優しい甘みをより一層引き立てます。〈市川農場〉いちごバターはその日の気分で、パンにのせたり、ヨーグルトやクラッカーで堪能したり。〈丁子屋製菓〉醒井名水食パンと合わせれば、ジャム好き女子も、パン好き女子もともに見逃せないお取り寄せメニューです。滋賀県で美味しいと噂のお取り寄せで、素敵なひとときをお過ごしください!〈滋賀県ご当地モール〉
公式サイト 

read-more
市川農場
place
愛知県岡崎市鳥川町小柿
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら