鹿児島旅行でクラフト巡り。併設カフェも必見!ギャラリーショップ3軒


2019.08.24

Hanako.tokyo

今、鹿児島で独自の進化を遂げているのが工芸やデザインなどのクラフト分野。工芸品巡りするなら訪れたい、ギャラリーショップ3軒をご紹介します。併設のカフェも必見!1.〈coffee&gallery 蒼〉作品も見られる温もりあふれるギャラリー。入口にギャラリー蒼の「AO」モチーフが。蒼は父・昇さんが命名。木工作家の父・昇さん、兄・ジンさん、弟・琢さんの3人が運営する〈アキヒロウッドワークス〉のギャラリーは、カフェが併設され、裏には工房も。言葉を選びながら丁寧に作品を説明してくれるアキヒロジンさん。可愛い木彫りの鳥「チッチ」は弟・秋廣琢さんの作品。通称「ジンカップ」は大人気商品。「アウトドアシーンで人気のジンカップはここの代表作のひとつ。ぜひ一度覗いてみてほしい」と、県内外の工芸品が集うショップ〈くらしっく〉主宰の末田さんもいちおし。〈coffee&gallery 蒼〉
鹿児島県鹿児島市中山町918-5
099-260-6106
11:00~19:00 月休2.〈SHOBU しょうぶ学園〉無垢なアーティストから新たな発見を得る。障がい者の芸術活動をサポートする工房は、ペインティングでよりエネルギッシュな空間に。ゆったりとした緑豊かな敷地に、ギャラリー、クラフトショップ、パン工房などが並ぶ、障がい者支援センター〈SHOBU〉。針一本で感性を頼りに縫い続ける「ヌイ プロジェクト」のさき織りコースター各1,000円。自由闊達な文字を活かしたうちわ 1,800円~。〈クラフトショップ ル・デポ〉には、利用者が作った作品が数多く陳列され、そのデザイン性の高さに見入ってしまうほど。〈SHOBU しょうぶ学園〉
鹿児島県鹿児島市吉野町5066
099-243-6639
10:00~17:00 月火休3.〈CHIN JUKAN POTTERY 喫茶室〉400年以上の歴史を持つ名窯とのコラボ。照明までモダンな空間でゆったりと寛げる。喫茶室ではコーヒーフロートなどの甘味も。喫茶室では沈壽官窯とランドスケーププロダクツが共同制作した陶器シリーズの器を使用。鼻のような突起が可愛いカップ各4,800円。ギャラリーを兼ねた店内では実際に購入もできる。デザイナーのキム・ヘジョンさんが生み出す器やカップに心が和みます。雑貨コーナーでは鹿児島のヒーロー、西郷どんのマトリョーシカを発見。セットで3,400円。〈CHIN JUKAN POTTERY 喫茶室〉
鹿児島県鹿児島市城山町7-2 鹿児島県歴史資料センター黎明館内
099-295-3588
11:00(日祝10:00)~18:00 休みは施設に準ずる【information】東京・羽田空港からは飛行機で2時間弱。関西方面からのアクセスは飛行機のほか新幹線も一般的。鹿児島空港から鹿児島中央駅へはバスで約1時間要するので余裕を持って出かけたい。空港でレンタカーを借りるのも便利。(Hanako1174号掲載/photo : Yasutomo Sampei text : Miho Sato) 

read-more
Chinjukan pottery(チンジュカン ポタリー) 喫茶室
place
鹿児島県鹿児島市城山町7-2
phone
0992953588
opening-hour
[平日]11:00-18:00(L.O.17:00)…
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら