埼玉県・蕨市が誇るうなぎのタレを使った「蕨東口 すがや」のチャーハンとは?


2019.09.25

GOTRIP!

日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。例えば、愛知県・安城市にある「北京本店の北京飯」や広島県・広島市にある「陽気のラーメン」、石川県・金沢市にある「グリルオーツカのハントンライス」、新潟県・新潟市にある「みかづきのイタリアン」、大阪府・大阪市にある「かどやの豚足」、長野県・上田市にある「日昌亭の焼きそば」北海道・札幌市にある「だるまのジンギスカン」などなど、さまざまな美味しいグルメがキラボシのごとく日本各地に輝きを放って存在している。そんな美味しいグルメの中から、今回は埼玉県蕨市民に愛されるうなぎのお店「蕨東口 すがや」をご紹介したい。・創業1963年(昭和38年)のうなぎのお店
こちらのお店は創業1963年(昭和38年)のうなぎ料理のお店。1963年(昭和38年)といえば、アメリカではケネディ大統領が暗殺された年。日本では東京にヒルトンホテルが開業、日本初の外資系ホテルが誕生し、名神高速道路が開通、日本初の高速道路ができた年。モータリゼーションの発達とともに大きく地方の街の形が変わっていく契機となったタイミングで生まれたこちらのお店は、50年以上たった現在でも多くの地元のお客様に愛されているのだ。
・非常に豊富なメニュー
そんな地元のお客様に愛されるこちらのお店だが、そのメニューを見れば、愛される理由がわかる。こちらのお店はただのうなぎ料理だけではない。オムライスやカツカレー、さらには中華丼、そして居酒屋にあるようなおつまみメニューまでしっかりと提供してくれる、そんな痒いところに手が届くスタイルで営業しているからこそ、多くの地元のお客様に愛されているのだ。
・オススメしたい、ウナギのタレをつかったチャーハン「鰻タレの焦がしチャーハン」
今回こちらのお店に数多あるメニューの中から、オススメしたいのは「鰻タレの焦がしチャーハン」だ。
50年以上継ぎ足しされて守られてきたお店自慢の鰻のタレ。それを加えてしっかりと炒めあげられたチャーハンは、しっとりとしていながらも、ホロリとほどけていく、最高の炒め加減。鰻のタレの香ばしい香りと甘み、そしてコクがチャーハン全体に行き渡っており、初めて味わった方はうなぎのタレとチャーハンとがここまで合う、ということに驚きを覚えてしまうかもしれない。食べ進めていけばチャーシューやネギ、カマボコなどの具材との相性もよく、さらに胡椒との相性が非常に良いことに気がつく。
もし、ふらっとどこかに行きたくなったのなら、各駅停車にのって、いつもとは違う駅で足の赴くまま、下車してみてはいかがだろうか?どんな駅でおりたとしても、その場所その場所で長きに渡って愛されてきているお店は存在するというもの。そんなお店の暖簾をくぐったのなら、地元の人々が愛するメニューをオーダーしてみる、そんな行き当たりばったりのちょっとした秋のお出かけで出会う美味しい秋の味を見つけてみてはいかがだろうか。そんな旅はきっといつもの秋とはすこし違った形でアクセントを加えることができるに違いないのだ。Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディアお店 蕨東口 すがや
住所 埼玉県蕨市塚越1-3-3
営業時間  11:00 〜 21:00
定休日 毎週木曜日
お店の公式ホームページ https://www.sugaya-east.com/ 

read-more
蕨東口すがや
place
埼玉県蕨市塚越1-3-3
phone
0484414131
opening-hour
月-金、祝日、祝前日: 11:00-2…

この記事を含むまとめ記事はこちら