秋田の本当に美味しいものをいただける最高の居酒屋 / 秋田県秋田市山王の「酒盃(しゅはい)」


2019.09.25

GOTRIP!

どんな居酒屋にもそのお店に通う人々の思いが重なり、そしてそのたくさんの思いは居酒屋の持つ雰囲気となるのだ。それゆえ、日本各地に多く人々を虜にする居酒屋がキラ星のごとく存在している。例えば、あの吉田類も絶賛する大衆酒場、東京・江東区南砂町の「山城屋酒場」に、沖縄・石垣島で旬の魚介と沖縄料理を味あわせてくれる名店「居酒屋 錦(にしき)」、新潟の郷土料理からラーメンや洋食まで味わえる新潟市・古町の老舗居酒屋「喜ぐち(きぐち)」、北海道は小樽の絶品のおでんと日本酒を楽しめるお店「酒処 ふじりん」に、北海道随一の日本酒の品揃えと美味しいツマミのお店札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」、食い倒れの町大阪では、魅惑の豚足を味わえる「かどや」に、鴨の焼き鳥が味わえる「とり平」、そしてあの開高健も愛したクジラのおでんが楽しめるたこ梅、さらには名古屋にいったら絶対に行っておきたい居酒屋「歓酒亭 大安(かんしゅてい だいやす)」などなど、数え上げればキリがない。そんな全国にある美味しい居酒屋の中から、今回は、秋田県秋田市が誇る最高の居酒屋をご紹介したい。お店の名前は「酒盃(しゅはい)」だ。・1977年(昭和52年)創業の秋田が誇る名酒場、それが「酒盃(しゅはい)」
こちらのお店、1977年(昭和52年)創業の秋田が誇る名酒場。1977年(昭和52年)といえば、日本が平均寿命世界一となった年。プロ野球では現ソフトバンクホークス会長の王さんがホームラン世界記録を達成し、日本初の静止気象衛星「ひまわり」が打ち上げられ、カラオケやテレビゲームが一大ブームとなって日本が繁栄の一途をたどっていた時代。そんな時代に生まれた秋田の名酒場は、時代の流れとは無関係に、ただひたすらに厳選した秋田の日本酒と食材を提供し続けてきた酒場なのだ。それゆえ、幾重にも年月を重ねても、多くの人々に愛されており、これからも愛される秋田の名酒場となっている。もちろん非常に予約が取れないお店としても有名なので、訪問するのであれば予約は必須だ。
・美しく、そして美味しい、酒の肴たち
こちらのお店を訪れたのなら、まずは素晴らしい秋田の素材で作られたお通しを美味しいお酒と堪能したい。美味しいものを少しずつ供されるこちらのお店のお通しは、それぞれが非常にお酒と合うように作られており、これだけで軽く2合は飲めてしまう、という美味しさ。そのため、こちらのお店ではスタート時にメニューで悩むことなく、季節ごとの美味しいお通しとオススメの秋田の地酒で、秋田の旅の思い出とともに時間を過ごすことができるのだ。
ゆっくりと美味しいお通しと地酒を堪能しながら、メニューと一緒に美味しい酒の肴たちに想いを馳せれば、最高の酒盃の時間がいよいよはじまる。
たとえば、鮎の一夜干しは非常に香り高い味わいとなっており、日本酒との相性は抜群であるし
美味しい食材を集めて天ぷらにした逸品は、まさに旬を究極に閉じ込めた味わいを感じられる。
そして美味しい秋田の地鶏は、
熱した非常に分厚い鉄板の上で、軽く炙って味わうのだ。
それぞれの部位がそれぞれ非常に強い自己主張をしており、最高の歯ざわりとウマミとを堪能させてくれる。
そんな濃厚な味わいを、秋田の地酒で流す、まさに最高の秋田を堪能できるお店なのだ。
・シメは最高に美味しいお蕎麦
様々な美味しい秋田の味わいを楽しんだのなら、最後はこちらのお店の名物の美味しい蕎麦でしめくくりたい。キリリと引き締められた蕎麦は、口に近づけるだけで蕎麦の香りを非常に感じる。噛みしめるごとに蕎麦の持つ美味しい香りと蕎麦独特の甘みのある味わいが口の中に広がっていき、そばつゆとしっかりとした味わいを口の中に広げてくれるのだ。まさに美味しい秋田の締めくくりにふさわしい逸品だ。
秋を迎え、山々が紅葉に光り輝く季節になる秋田。もし秋田を訪れることがあるのであれば、秋田の美味しい季節を感じられるこちらのお店を訪れてみてはいかがだろうか?きっとそこには、秋田の地で毎年コツコツと積み重ねられた濃密な味わいがあるに違いないのだ。Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディアお店 酒盃(しゅはい)
住所 秋田県秋田市山王1-6-9
営業時間 18:00~23:00
定休日 日曜日(祝前日の日曜は営業) / 連休最終日
お店の公式ホームページ http://www.syuhai.com/ 

read-more
酒盃
rating

4.5

31件の口コミ
place
秋田県秋田市山王1-6-9
phone
0188631547
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら