【日本麺紀行】正統派の中華そばを味わえる昭和20年創業の名店 / 神田の老舗食堂「栄屋ミルクホール」


2018.11.13

GOTRIP!

日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在している。例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」、岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」や岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどが挙げられる。東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが挙げられる。もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがない。首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン、日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや挙げていくことが困難なほど、さまざまな名店がひしめき合っているのだ。今回はそんなキラ星のごとく存在する美味しいラーメン店の中から、正統派の中華そばを味わえる昭和20年創業の名店をご紹介したい。それが東京・神田が誇る老舗食堂「栄屋ミルクホール」だ。・昭和20年(1945年)創業の老舗食堂、それが「栄屋ミルクホール」
こちらのお店、創業は昭和20年(1945年)、つまり、終戦直後。もともとは日本橋川にかかる鎌倉橋で営業していた蕎麦屋だったのだが、東京への度重なる空襲で焼け出され、焼失を免れた神田多町に移り、蕎麦屋の材料がままならぬため食堂をスタートさせたのが、こちらのお店なのだそうだ。終戦直後から美味しい食事を多くの人々に提供してきたこちらのお店は、時代は変われども、正統派の美味しい食事を今なお提供しつづけている。
・ブレの無い、芯の通った、中華そばを味わえるお店、それが「栄屋ミルクホール」
そんなお店でいただけるのが絶品の正統派の醤油ラーメン。
昆布と鶏ガラでとられたダシは、サッパリとしていながら非常にコクのある味わいに仕上がっている。しっかりと効いたショウガの味わいも、このラーメンの味わいを奥行きの深い物にしている。
そんな美味しいスープに合わせるのが、細めのストレート麺。シコシコとした食感と滑らかな舌触り、ふんわりと香るたまご麺の味わいは、奥行きのある醤油スープに良く合う。
もちろんチャーシューも手抜かりの無い味わいだ。
・欲張りな方にオススメしたい、カレーとラーメンのセット
こちらのお店では様々な美味しいメニューがあるのだが、ラーメンだけでは物足りない、という方にオススメしたいのが、カレーとラーメンのセット。
通常のラーメンにミニサイズのカレーが付くこちらのメニューは、カレーもラーメンも楽しめる。
ラーメンは言わずもがなウマいのだが、カレーも非常にウマい。トロッとした昔ながらのカレーはひとくち目は甘さを感じるのだが、じわじわっとスパイスの辛味を感じる美味しいカレーに仕上がっている。
そしてさらに、嬉しいのが、カレーをラーメンスープと一緒に味わえるということ。オフィシャルメニューにも存在しているカレーラーメンを、自分の塩梅で楽しめるのも嬉しいポイントなのだ。そのままでも美味しい奥行きのあるスープに、トロみのある美味しいカレーを合わせる、言うまでもなくウマいのだ。
戦後から創業し、平成から次の時代へと進んでも、美味しい味わいを堪能させてくれる、奇跡のようなお店。そんなお店に出会うために旅をする、そんな休日があってもいいのではないだろうか。Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディアお店 栄屋ミルクホール (サカエヤミルクホール)
住所 東京都千代田区神田多町2-11-7
営業時間 月~金 : 10:30~17:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日 

read-more
栄屋ミルクホール
rating

3.5

15件の口コミ
place
東京都千代田区神田多町2-11-7
phone
0332521068
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら