まるで“飲むおもち”!もっちり新食感のヘルシースムージーがクセになる


2020.03.14

girlswalker

桜が咲き始め、暖かくなってくると、冷たいドリンクが欲しくなりますよね。そんな日は、お花見がてら、お米で作られた新食感のヘルシースムージーを飲みに行くのはいかがでしょうか? 今回、中目黒駅にある「OPEN NAKAMEGURO」で、新たに販売がスタートした「ライスムージー」各3種、体に優しいお米たっぷりの「なまもちぷりん 350円(税抜)」を試食してきたので、さっそくレポートします!今流行りのバナナフレーバーも!まるで“飲むおもち”なスムージー“もち米を飲み物でいただく”という斬新なアイディアは、三重県の伊賀の食材や地域の魅力を発信する「伊賀忍道」から生まれたそう。「伊賀忍道」とは、古くから忍びを支えた伊賀地で生まれた文化や景色、「心・技・体」に刺激を感じる体験ができる様々なプログラム。使用しているのは、伊賀産のもち米と忍者説のある松尾芭蕉の名前がついたこんにゃく。まずは、トレンドになっているバナナのフレーバーで作られた「ライスムージー バナナ 550円(税抜)」からいただきました!ひと口飲んでみると、口当たりはまろやかでサラッとした喉越し。あとから鼻に抜けるバナナの香りがたまりません。もち米のあま〜い香りと優しい甘味がクセになる「ライスムージー 500円(税抜)」は、伊賀産の甘味のあるもち米を牛乳で炊き上げ、体に優しいキビ砂糖をブレンドしたもの。お米の甘みと香りを最大限に感じることができ、微かに残る、お米のつぶ感も喉越しがとても良い! 栄養価が高いので主食変わりにもピッタリです。超クリーミーな濃厚さが絶妙「ライスムージー ほうれん草 550円(税抜)」は、クリーミーなグリーンカラー。1口飲んでみると、想像以上にほうれん草が濃厚で驚きました。濃い目のテイストが好きな女子にオススメです。1カップで150gのもち米を使用しており、おにぎり約1個分のエネルギーとほとんど同じため、腹持ちもよく、忙しい朝のおともにもピッタリ。スムージーを飲み干すと、隠れていた忍者が現れてしまうデザインカップが愛くるしい♡もちもち食感が病みつきになる「なまもちぷりん」また、仕事の合間につい食べたくなっちゃうデザート、「なまもちぷりん 350円(税抜)」も発売中。もち米を牛乳で炊いているため、牛乳プリンのような甘さともち米の優しい甘さが味わえます。細かく刻んだこんにゃくがトッピングされていて、歯応えのアクセントに。いくつ食べても飽きない&健康的な“和スイーツ”で病みつきになりそうです。また、「ライスムージー」もしくは「なまもちぷりん」を購入し、SNSにハッシュタグつけて投稿すると、ステッカーがもらえるキャンペーンも実施中。東京の名物とも言える中目黒の桜が満開になるこの季節。ライスムージーを飲みながら、桜並木を散歩してみては?Information《発売日》2020年3月9日(月)
《発売場所》OPEN NAKAMEGURO
《営業時間》11:00〜18:00
《定休日》不定休
《住所》東京都目黒区上目黒2丁目9-17 Nakameguro Crossover 1F
《問い合わせ》080-4941-1192ステッカープレゼントキャンペーン詳細
《開始日》2020年3月9日(月)
《応募条件》ライスムージー or なまもちぷりんを購入と、商品に合わせたハッシュタグをつけてSNS投稿
《ハッシュタグ》#伊賀ライスムージー(ライスムージー)、#なまもちぷりん(なまもちぷりん) 

中目黒
place
東京都目黒区上目黒1丁目

この記事を含むまとめ記事はこちら