鹿児島の魅力を凝縮した土産菓子!薩摩スイーツ専門店「OIMON(オイモン)」オープン


2020.02.26

girlswalker

BAKEから、初のご当地ブランドとなる薩摩スイーツ専門店「OIMON(オイモン)」の1号店が、JR鹿児島中央駅直結の商業施設「アミュプラザ鹿児島」の新ゾーン「#ごほうびストリート」内に、2020年3月13日(金)よりオープン。「OIMON」は、「伝統×革新」をコンセプトに誕生した薩摩スイーツ専門店。 鹿児島の温暖な気候から生まれた薩摩芋、焼酎などの伝統的な素材や製法に、鹿児島の最新の食材・食文化とBAKE Inc.の提供方法やデザインや美味しさなどお菓子の革新をかけ合わせ、鹿児島を代表する新しい土産菓子として誕生した。鹿児島の素晴らしい食文化を日本全国へ広げ伝えていく。商品は、工房一体型の店舗で焼き上げた「焼きたて小みかん香る薩摩芋ケーキ 1個 237円(税込)」と、日持ちする箱入りの「小みかん香る薩摩芋ケーキ 5個入 1,188円、10個入 2,376円(ともに税込)」を用意。鹿児島の郷土料理のひとつ「がね」をイメージした薩摩芋の千切りをのせ、しっとりしたサブレ生地に鹿児島県産の紅さつまを使った芋あんを包んで焼き上げた、ふた口サイズの焼き菓子になっている。薩摩芋の千切りにはキャラメルソースを浸し、鹿児島県産桜島小みかんをふんだんに使ったクラフトジン「KOMASA GIN(コマサジン)桜島小みかん」を表面に塗り香りづけ。キャラメルのミルキーな味わいとカリッとした「がね」の食感が楽しめる。また、芋あんには鹿児島県産桜島小みかんを使用したパウダーを練り込み、爽やかな小みかんが香る味わいに。薩摩芋のほんのりとした甘さ、小みかんの爽やかな香りが口の中に広がる。ブランドのアートディレクションは、BAKE Inc.のインハウスデザイナーである和田武史が担当し、鹿児島のデザイン会社・創企堂とともにロゴ・パッケージ・ビジュアルなどを制作。ブランドカラーには薩摩芋をイメージした「ベージュ」と「ピンク」を据え、薩摩芋の素朴さや年月を超えて地域に根付いてほしいという思いから、ミニマルで普遍的なデザインを目指したのだとか。ブランドコンセプトの「伝統×革新」をスラッシュのモチーフに仕上げて、ロゴの丸やカーブのモチーフは薩摩芋の輪切りや形を表現。 ブランドネームである「OIMON」には鹿児島の方言である「おい(自分)」とプロダクトのベースとなる「おいも(薩摩芋)」を掛け合わせ、「鹿児島のもの」を全国に発信していきたいという気持ちが込められているのだそう。ほっとする甘さの美味しい薩摩芋をたっぷり使ったお菓子は、おやつにはもちろん、手土産にもぴったり。美味しいティータイムを楽しんで。InformationOIMON(オイモン)
《店名》OIMON アミュプラザ鹿児島店
《オープン日》2020年3月13日(金)
《住所》鹿児島県鹿児島市中央町1-1 アミュプラザ鹿児島本館2F
《営業時間》10:00~20:30(月~木)、10:00~21:00(金~日・祝・祝前日)
《電話番号》099-210-5695
《価格》小みかん香る薩摩芋ケーキ 5個入 1,188円、小みかん香る薩摩芋ケーキ 10個入 2,376円、焼きたて小みかん香る薩摩芋ケーキ 1個 237円(すべて税込)
※本品は香りづけにお酒を微量使用
《賞味期限》小みかん香る薩摩芋ケーキは購入日含めて7日間
《消費期限》焼きたて小みかん香る薩摩芋ケーキは購入日含めて冷蔵4日間 

read-more
鹿児島中央
place
鹿児島県鹿児島市中央町

この記事を含むまとめ記事はこちら