〈宗像日本酒プロジェクト〉自然栽培米の山田錦で酒を醸し、環境を保つ


2019.10.16

コロカル

〈農業福島園〉では無農薬、無肥料という自然栽培で、酒米である山田錦を育てている。そのお米で日本酒を醸す〈宗像日本酒プロジェクト〉が始まっている。とどろき酒店の協力を得て、久留米の酒蔵〈山の壽酒造〉でつくり始めて3年目。高級酒ではなく、普段から飲めるお酒を目指しつつ、素材にこだわりを持っている。このプロジェクトが周囲に広がることで、自然栽培の稲作も広がっていくことを目指している。 続きはこちらから → 

この記事を含むまとめ記事はこちら