8/26放送「バス旅スト」 春日大社で鹿寄せを見学! 路線バス1日乗車券で世界遺産を巡る奈良の旅


2018.08.30

バスとりっぷ

バス旅の魅力を“音”で感じる番組「バス旅スト」。「バスもり!教授」と「なおこ助手」が、バス旅の楽しさや豆知識、おすすめスポット情報などを伝えます。8月26日(日)の放送は、奈良在住の主人公2人が路線バス1日乗車券を使って、”女子力アップ”をテーマに観光周遊する旅です。はたしてどんな旅になるのでしょうか?路線バスで「春日大社」へ 奈良の風物詩「鹿寄せ」を見学奈良観光に便利なのが、奈良交通が取り扱う「奈良公園・西の京 世界遺産 1-Day Pass」。奈良公園や西の京エリアの路線バスが1日乗り放題になるパスです。「東大寺」「春日大社」「興福寺」「元興寺」「平城宮跡」などをはじめとした、文化財や名所をお得に巡ることができます。このパスを片手に、路線バスの77系統・97系統でJR奈良駅(東口)を出発し朝一番に訪れたのは、古都奈良の文化財として世界遺産に登録されている「春日大社」。奈良時代に平城京の守り神として建てられた神社です。無数の石灯籠が並ぶ参道を進むと、春日の森に包まれた鮮やかな朱塗りの社殿が現れます。身を置いているだけで不思議とパワーがみなぎるような、幽玄な空間です。まずは、重要文化財の直会殿(なおらいでん)で行われる朝のお参り「朝拝」に参列。朝拝は、ほぼ毎日、朝8時50分頃から参列が始まり9時からスタートします。参加費は無料。予約の必要もありません。特別な神事と重なる日はお休みとなるので、事前に確認してから参列するのがおすすめです。そして、「春日大社」のもうひとつの見どころが「鹿寄せ」。境内で行われるホルンの音色で鹿を呼び寄せる奈良の有名な伝統行事です。2018年の「なつの鹿寄せ」は、7月21日から9月2日まで。期間中は毎週土日、1日1回、朝9時半から約15分間行われています。ノスタルジックなエリアを散策続いて、東大寺大仏殿・春日大社前停留所から市内循環バスに乗り、田中町(ならまち南口)という停留所で下車。田中町は、細い路地に昔ながらの町家が軒を連ね、ノスタルジックな雰囲気が残るエリア。町家をリノベーションした雑貨店や飲食店などが並ぶ人気の観光スポットです。放送では、主人公たちがお茶会を体験できるカフェなどに立ち寄り、女子力を磨きます!詳しい旅の模様は、8月26日の放送をお楽しみに!「バス旅スト presented by ウェルネット」番組概要放送時間:毎週日曜日 12:00-12:25放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット出演者: 日本大学芸術学部放送学科教授・森中慎也、奥沢菜穂子ほかTOKYO FM バス旅スト(バスとりっぷ編集部) 

春日大社
rating

4.5

1751件の口コミ
place
奈良県奈良市春日野町160
phone
0742227788
opening-hour
[3-10月]6:30-17:30[11-2月]7:…

この記事を含むまとめ記事はこちら