NAVITIME Travel
温泉をさがす

鳥取の温泉

  • 皆生温泉
    鳥取県米子市皆生温泉
    美保湾に面し、伯耆富士の異名で知られる名山・大山を望む風光明媚な温泉地。日本のなぎさ百選並びに日本の水浴場88選に選定されている弓ヶ浜沿いには数多くの温泉宿が立ち並び、夏季を中心に多くの観光客で賑わう。泉質はナトリウムやカルシウムを豊富に含む高温の塩化物泉で、疲労回復や健康増進効果のほか、筋肉痛や関節痛、リウマチ、慢性消化器病等、様々な症状の緩和や美肌効果に優れているとされ、女性客を中心に人気を集めている。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      運動器障害
      慢性皮ふ病
      etc
  • はわい温泉
    鳥取県東伯郡湯梨浜町はわい温泉
    鳥取県中部、東郷湖の西岸に湧出する温泉地。江戸時代、地元民が湖中の泉源利用を願い出たのが始まりとされている。塩化物・硫酸塩泉の泉質で、リウマチや婦人病、神経痛や関節痛などに効能があるとされる。はわい温泉・東郷温泉旅館組合で集中管理されている泉源に加水処理は一切行っていない。温度差のある各源泉のお湯を混ぜ合わせることで温度調節をしているため、安心して利用できる。東郷湖の湖底から湧出した湯を湖の鯉が教えたという伝説があり、このことから「恋の湯」とも呼ばれ、安産祈願で訪れる観光客も多い。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      打ち身
      慢性消化器病
      etc
  • 岩井温泉
    鳥取県岩美郡岩美町岩井521
    1300年の歴史がある山陰最古の温泉「岩井温泉」は、優れた温泉地の証である国民保養温泉地に指定されている。清流蒲生川に沿った温泉街は、穏やかで素朴な情緒があり、「湯かむり」という頭に手ぬぐいを乗せ、柄杓で湯をかむるという江戸時代から伝わる珍しい風習がある。硫酸塩泉の温泉は、神経痛・リウマチ・婦人科疾患、飲用すれば慢性胃腸病や痔疾にも良いとされている。鳥取県に現存する中で最も古い洋風建築の「旧岩井小学校」や、平安時代初期の創建とされる「御湯神社」、昭和初期の女流作家 尾崎翠の資料館「尾崎翠資料館(ゆかむりギャラリー)」など見どころも豊富だ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      リウマチ
      慢性消化器病
      動脈硬化症
      婦人科疾患
      切り傷
      etc