NAVITIME Travel
温泉をさがす

和歌山の温泉

  • 南紀白浜温泉
    和歌山県西牟婁郡白浜町
    開湯から約1300年以上もの歴史を誇る温泉地で、日本三大古湯の一つに数えられている。万葉集や日本書紀にも記録が残っており、斉明天皇や文武天皇をはじめとする、多くの宮人が湯治に訪れたと伝えられている。青く雄大な海と白く美しい砂浜を望むオーシャンビューのロケーションが魅力的で、海水浴シーズンを中心に多くの観光客や湯治客で賑わいを見せる。泉質は炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫黄泉等場所によって異なるため、湯めぐりを楽しむのも一興だ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      胃腸病
      切り傷
      etc
  • 龍神温泉郷
    和歌山県田辺市龍神村龍神、龍神村小又川、龍神村丹生ノ川、龍神村小家
    日高川沿いの山間に広がる閑静な温泉地で、群馬県の川中温泉、島根県の湯の川温泉と並ぶ日本三美人の湯として知られている。真言宗の開祖である弘法大師によって開湯され、江戸時代には紀州徳川家の藩主が湯治に利用したと伝わる歴史ある古湯だ。泉質は柔らかな湯触りが特徴的な炭酸水素塩泉(重曹泉)で、湯上りには肌がしっとりすべすべになると評判だ。保温効果が高く、疲労回復や冷え性、肩こり等に効能があるほか、湯冷めしにくいと言われている。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      慢性消化器病
      打ち身
      etc
  • 南紀勝浦温泉
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦・天満・湯川など
    世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録された、那智山麓の海沿いに湧出した温泉地。100以上の源泉と豊富な湧出量が特徴で、平成26年(2014)には「南紀熊野ジオパーク」のジオサイトのひとつとして認定された。ホテル浦島の「忘帰洞」は、熊野灘の荒波に侵食されてできた天然洞窟を利用した大洞窟風呂。またホテル中の島の「紀州潮聞之湯」は、打ち寄せる波を眼前に楽しめる海辺の大露天風呂だ。大自然が生み出した名物風呂も多いほか、紀伊勝浦駅の徒歩圏内には足湯も点在している。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      打ち身
      慢性消化器病
      etc
  • 和歌の浦温泉
    和歌山県和歌山市新和歌浦2-10
    和歌山市郊外の風光明媚な景勝地に湧く「和歌の浦温泉」は、絶景を楽しみながら入浴できる温泉だ。万葉の歌人・山部赤人が詠んだうたから「和歌の浦」と呼ばれるようになり、近隣の片男波公園には、和歌の浦ゆかりの歌碑が並んだ「万葉の小路」がある。泉質は塩化物泉で神経痛・筋肉痛・婦人病・冷え性・皮膚病等に効能があるとされる。宿泊施設のほか日帰り入浴施設もあり、景勝地観光の拠点としても旅の途中でも利用できる。万葉関係の展示室もある「片男波公園」や、瀬戸内海国立公園の指定特別地域にある「雑賀崎」、昭和30年代の商店街を再現した「黒潮市場」等、観光名所も豊富だ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      打ち身
      慢性消化器病
      etc
  • 渡瀬温泉
    和歌山県田辺市本宮町渡瀬45-1
    和歌山県の四村川沿いにある「渡瀬温泉」は、昭和40年代に開発された比較的新しい温泉だ。西日本最大の露天風呂や家族専用貸し切り露天風呂がある事でも知られている。釣りや川遊びが楽しめるアウトドアエリアにあり、バンガローやキャンプ場で楽しむことも可能だ。泉質はNa-塩化物・炭酸水素塩泉(塩化物泉)で、リューマチ・神経疾患・創傷等に効能があるとされる。また飲用効果も期待でき、慢性消火器疾患・糖尿病・痛風等が適応症となる。うたせ湯、気泡湯などさまざまな入浴設備を備えた施設もあり、目的に合わせて様々な楽しみ方ができる。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      疲労回復
      五十肩
      冷え性
      打ち身
      切り傷
      etc
  • めざめ温泉
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町宇久井
    太平洋の絶景とマグロ等の那智グルメが楽しめる「南紀勝浦 休暇村」にある「めざめ温泉」は、ナトリウム塩化物泉で火傷・筋肉痛・神経痛・疲労回復・皮膚病・婦人病・冷え性などに効能があるとされる温泉だ。熊野灘が一望できる「岩風呂」や掛け流しの「陶器風呂」、微細な気泡で全身をマッサージする「絹肌の湯」等があり、人気が高い。宿泊プランやお得な限定プランのほか、日帰り入浴でも利用できる。熊野灘では4月下旬-9月下旬にかけて、マッコウクジラやイルカの群れを見ることができ、予約制のクジラウォッチングを楽しむことも可能だ。勝浦湾の外海にある紀の松島めぐりをする遊覧船もお勧めしたい。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      疲労回復
      冷え性
      皮膚病
      切り傷
      やけど
      etc
  • 川湯温泉
    和歌山県田辺市本宮町川湯
    毎年12月から翌2月まで開催される「仙人風呂」が有名な温泉。川を掘ってオリジナルの露天風呂に入れる。70度のナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉が絶えず川底から湧き出しており、熊野川の支流大塔川が混ざり合い、程良い温泉となる。誰でも利用できるが川湯温泉の宿泊客でない場合はスコップを持参すると良い。水着着用。またすぐ近くには公衆浴場もある。温泉は飲湯もでき胃腸病・糖尿病・痛風などの効能が、浴用としては神経痛・糖尿病などの効能が期待できる。
      効能
      約70℃
      etc
  • 串本温泉
    和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台
    雄大な熊野灘と那智の山々の両方を堪能しながら入浴できる温泉。宿により泉質は違うが主に単純硫黄泉や塩化物泉の湯を楽しめる。オーシャンビューの露天風呂がある場所も多く、潮騒の音を聞きながらゆったりと疲れを癒せる。また勝浦漁港で水揚げされた海の幸を中心に美食が味わえる場所も豊富でくじらを味わえるところも。洞窟の中にある温泉「忘帰洞」は有名だがこちらは2019年4月1日-2020年3月31日の期間は耐震工事のために日帰り入浴ができないので注意したい。
      効能
      27.4-40.8℃
      etc