NAVITIME Travel
温泉をさがす

奈良の温泉

  • 洞川温泉
    奈良県吉野郡天川村洞川
    修験道の聖山として知られる大峯山の登山口付近、標高約800mに位置する温泉地で、古くから修験者や旅人達の癒しとなっている。泉質は弱アルカリ性、低張性の単純泉で、低刺激な優しい入り心地が特徴的だ。筋肉痛や関節痛、神経痛、冷え症、慢性消化器病等に効くと言われており、登山客を中心に多くの湯治客で賑わう。入浴後には肌がしっとりとうるおい、すべすべになると評判で、女性客からも人気が高い。日本名水百選の一つとして知られる洞川湧水群からも近く、自慢の名水を使った豆腐が名物となっている。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      病後回復
      冷え性
      打ち身
      慢性消化器病
      etc
  • 十津川温泉郷
    奈良県吉野郡十津川村平谷・武蔵・出谷
    奈良県最南端に位置する日本一広い村、十津川村の温泉地。面積の96%が山林に覆われる村内で、最も多くの旅館や商店が集う。全国で初めて「源泉かけ流し宣言」をした村だ。温泉施設のすべてが源泉かけ流しの温泉地として注目を集めている。元禄元年(1688)、炭焼き職人によって発見されたと言われる二津野ダム湖畔の温泉で、ナトリウム炭酸水素塩泉のお湯は切り傷や火傷などに効能があるとされる。塩素消毒、希釈、巡回再利用は一切せず、極上な泉質の温泉をこんこんとかけ流している。湯泉地、十津川、上湯の3温泉を合わせた総称である。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      打ち身
      慢性消化器病
      etc
  • 入之波温泉
    奈良県吉野郡川上村入之波391
    ハトの谷を150mまでボーリングした際に、含炭酸重曹泉という珍しい炭酸泉が出てきたことから温泉宿になった「入之波温泉 湯元 山鳩湯」は、その泉質から神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・慢性消化器病・慢性婦人病・ヒステリー・冷え症・うちみ・ねんざ他 9種類の効能があるとされる。吉野杉の森に囲まれたダム湖を一望できる露天風呂もあり、時間が経つにつれ無色透明から黄金色に変化する湯の色とも相まって極楽気分を味わえる。地元でとれた川魚や山菜・野菜を使った料理も評判で、紅葉なべ・ぼたんなべ・鴨なべ等のファンも多い。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      五十肩
      打ち身
      etc