NAVITIME Travel
温泉をさがす

長野の温泉

  • 昼神温泉
    長野県下伊那郡阿智村昼神(昼神温泉)
    昭和48年(1973年)に開湯した、国内では比較的新しい温泉地で、南信州最大級の規模を誇る温泉地。桃の花の名所として知られ、春になると赤や薄桃、白と色とりどりの桃の花が山々を美しく彩り、多くの花見客で賑わう。泉質はph値9.7と強アルカリ性、無色透明の単純硫黄泉で、ナトリウムや塩素をはじめとする保湿成分を多く含むほか、肌の古い角質を取り、肌を滑らかにする効能があると言われており、美肌の湯として女性客を中心に人気を集めている。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      五十肩
      運動障害
      打ち身
      関節のこわばり
      etc
  • 野沢温泉
    長野県下高井郡野沢温泉村豊郷
    毛無山の山麓に広がる、県内屈指の歴史を誇る温泉地。開湯時期に関しては諸説あり、聖武天皇の時代に行基という僧侶(または修行中の山伏)によって発見されたとも、猟師が手負いの熊を追っているうちに発見したとも言われている。江戸時代から「湯仲間」という制度によって住民の手で大切に守られてきた温泉地で、現在も30を超える源泉と豊富な湯量を保ち続けている。温泉街には無料の足湯や13箇所の外湯が点在しており、湯めぐりを楽しむことができる。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      五十肩
      打ち身
      etc
  • 渋温泉
    長野県下高井郡山ノ内町平穏
    奈良時代に行基によって開湯されたと伝わる歴史の長い温泉地で、地面を掘るとすぐに温泉が湧いてしまうほどに豊富な源泉数と湯量を誇る。温泉街には9つの外湯が設けられており、「九湯めぐり」と呼ばれる温泉巡りを楽しむことができる(渋温泉宿泊者限定)。九湯めぐりはそれぞれ源泉や効能の異なる外湯を、専用の手ぬぐいに印を押しながら巡っていき、最後に温泉街を一望できる渋高薬師へ参拝すると満願成就となり、厄除けや安産育児、不老長寿のご利益を得られると言われている。
      効能
      神経痛
      疲労回復
      打ち身
      くじき
      冷え性
      etc
  • 中房温泉
    長野県安曇野市穂高有明7226
    日本アルプスの中腹、燕岳登山口の程近くに位置する温泉地。大自然に囲まれたロケーションと、加水・加温・循環・着色・塩素使用なしの100%源泉掛け流しの天然温泉が自慢で、国民保養温泉地並びに日本百名湯の一つに数えられている。泉質は柔らかな湯触りが特徴的な硫黄泉で、疲労回復や健康増進のほか、皮膚病や筋肉痛、リウマチ、冷え性等の緩和に効果があると言われている。飲泉場や源泉でゆで卵を作れる設備等も整備されており、心行くまで温泉情緒を楽しむことができる。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      五十肩
      打ち身
      etc
  • 湯田中温泉
    長野県下高井郡山ノ内町平穏
    天智天皇の時代に、僧智由によって発見されたとされる歴史の長い温泉地。俳人の小林一茶が俳句創作をしていた地であることから、「世界平和観音」から「雨含の松」まで小林一茶にちなんだ遊歩道が整備されている。泉質はナトリウムをはじめとするミネラルを豊富に含む無色透明の塩化物泉並びに硫酸塩泉で、疲労回復や健康増進効果のほか、神経痛や筋肉痛、きりきず、胃腸病等に効果があると言われている。美肌効果も高いと言われており、女性客にも人気だ。
      効能
      神経痛
      切り傷
      糖尿病
      胃腸病
      etc
  • 大町温泉郷
    長野県大町市平大町温泉郷
    昭和38年に高瀬渓谷にある葛温泉から引湯して誕生した比較的新しい温泉地で、北アルプスの雄大な山々を望むロケーションが魅力的だ。白樺やナラ、ブナの林に囲まれており、秋には美しい紅葉を見ることができる。黒部ダム、立山・黒部アルペンルートから近く、観光拠点並びに登山拠点として多くの観光客に利用されている。泉質は弱アルカリ性の単純泉で、疲労回復や健康増進のほか、筋肉痛や五十肩、関節痛、冷え性等に効能があると言われている。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      五十肩
      慢性消化器病
      etc
  • 上林温泉
    長野県下高井郡山ノ内町平穏
    上信越高原国立公園の知友深部、志賀高原の山麓に佇む閑静な温泉地。夏目漱石や志賀直哉、斎藤茂吉、井上靖など、古くから多くの文人墨客が足を運んだ文化と芸術の里だ。モダンな空気の「仙壽閣」、俗塵を避けて仙境に身を置いて頂けるようにと名付けられた「塵表閣」をはじめ、それぞれに深い歴史を刻んだ旅館が点在している。世界で唯一、野生の猿が温泉に浸かった姿を見ることができる温泉地だ。地獄谷野猿公苑まで徒歩約1.6km、約30分ほどの散策路が通じており、研究者や写真家なども多く足を運んでいる。
      効能
      神経痛
      疲労回復
      打ち身
      くじき
      冷え性
      etc
  • 美ヶ原高原温泉
    長野県小県郡長和町和田5101-1
    八ヶ岳中信高原国定公園の北西部、美ヶ原高原に湧く温泉地で、御母家、湯の原、藤井などの温泉の総称。昭和58年(1983)に国民保養温泉地の指定を、昭和61年(1986)に国民保養温泉の選定を環境庁から受けた。弱アルカリ性低張性温泉の単純温泉で、泉温は40.5℃。歴史は遠く、日本最古の歴史書「日本書紀」に記されていたとされる。三十六歌仙の一人、源重之が湯の原を訪れた際に「いづる湯の わくに懸かれる白糸は くる人絶えぬものにぞありける」と温泉の賑わいを詠んだ。代々松本城主の庇護を受けてきた、信州を代表する温泉地だ。
      効能
      貧血
      神経痛
      神経症
      筋肉痛
      疲労回復
      冷え性等
      etc
  • 親湯温泉
    長野県茅野市北山蓼科高原4035
    都心から車で約2時間、八ヶ岳中信高原国定公園に属する蓼科高原の温泉地。源泉の開湯は平安時代の征夷大将軍、坂上田村麻呂が発見したとも言われている。また群雄割拠の世、戦国時代には武田信玄公が隠し湯として利用したほか、戦時中には帝国海軍の療養施設でもあった。湯の滝川沿いにあり、渓谷から自噴するお湯は弱酸性低張低温泉で、疲労回復、美肌の湯としての効能があるとされる。大正15年創業の「蓼科新湯温泉」は、風呂場での転倒防止と防菌防カビ効果を持った畳を配する「畳風呂」の先駆けだ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      疲労回復
      冷え性
      胃腸病
      切り傷等
      etc
  • 浅間温泉
    長野県松本市浅間温泉2-6-1
    国宝・松本城から10分の距離に広がる温泉街。その歴史は古く、日本最古の歴史書「日本書紀」に登場する「束間」であると推測される。湯温約50℃の源泉は、加水や加温を一切行っていない完全かけ流し。胃腸病や婦人病、呼吸器系の疾患や皮膚病に効能があるとされる。明治時代には与謝野晶子や竹久夢二ら多くの文人墨客が訪れた。街中には歌碑や廟所、第一号源泉など多くの文学文化財も点在しており、1300余年続く歴史を紡いでいる。長野県内でもトップレベルの湯量を誇る、松本の奥座敷だ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      五十肩
      冷え性
      打ち身
      etc