NAVITIME Travel
温泉をさがす

栃木の温泉

  • 鬼怒川温泉
    栃木県日光市鬼怒川温泉滝・藤原・大原
    鬼怒川渓谷沿いに広がる、国内有数の規模を誇る温泉地。江戸時代に日光御神領内で発見された由緒正しい古湯で、大名や高僧のみが入浴を許されていたと言われている。泉質は滑らかな湯触りが特徴的なアルカリ性の単純泉で、疲労回復や健康増進効果のほか、神経痛や筋肉痛、皮膚病等に効果があると言われている。周辺には日光江戸村や東武ワールドスクウェア、鬼怒川ライン下り等の名所やアクティビティーが数多く点在しており、観光拠点として多くの観光客に利用されている。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      五十肩
      冷え性
      打ち身
      etc
  • 奥日光湯元温泉
    栃木県日光市湯元
    戦場ヶ原奥、森と湖に抱かれた静かな温泉街。中禅寺湖へ注ぐ湯川の水源、湯ノ湖の北岸に広がる日光の奥座敷だ。美肌効果に優れた硫化水素型の単純硫黄泉で、源泉はエメラルドグリーンだが、空気に触れることで乳白色に変化する。歴史は古く、約1,200年前に日光開山の祖、勝道上人が発見したとされる。温泉街の北部に位置する足湯「あんよの湯」には、登山やハイキングの疲れを取るために立ち寄る観光客も多い(無料。冬期間は休館)。豊富な湧出量で、地元宿泊施設以外にも中禅寺温泉や光徳温泉まで配湯が行われている。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      五十肩
      打ち身
      etc
  • 湯西川温泉
    栃木県日光市湯西川
    壇ノ浦の合戦に敗れた平家の落人が、河原の温泉を見つけ傷を癒したと伝わる古湯。一級河川利根川水系、湯西川に名を由来する。民家や旅館が渓谷沿いに立ち並び、武器や宝物を埋めたと伝わる「平家塚」や、平家残党の生活を再現した「平家の里」、「平家落人民俗資料館」などが長い歴史を伝えている。大浴場から貸切風呂、露店風呂や河原露天風呂など、源泉掛け流しの温泉が野趣三昧で楽しめる温泉地だ。1月下旬から3月中旬にかけて開催される「かまくら祭り」の地としても広く知られており、開催中には河川敷に約1200ものかまくらが作られ、幻想的な風景を作り出す。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      五十肩
      打ち身
      etc
  • 芦野温泉
    栃木県那須郡那須町芦野1461
    現代の湯治場といわれる「芦野温泉」は、江戸時代、奥州街道の宿駅だった芦野宿の山側丘陵の盆地にある。芦野温泉には自家用源泉が2つあり、どちもアルカリ性単純温泉で筋肉痛・神経痛・疲労回復など多くの効能があるとされる。評判なのは2つの薬草の湯だ。実症用の那岐の湯と虚症用の那美の湯のうち、特に那岐の湯は刺激性が強く、5分ほどの入浴で体のあちらこちらに痛みを感じる。5分の入浴で休憩をはさみ2.3回繰り返す入浴方法が勧められている。鼻の粘膜から吸収される精油が、特に喉へ作用し咳を鎮めてくれる薬用霧吹きサウナも好評だ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え症
      五十肩
      打ち身
      etc
  • 塩原温泉郷
    栃木県那須塩原市塩原
    開湯1200年の歴史がある「塩原温泉」は、約60軒の宿数に対し、多種多様な源泉が約150種もある場所だ。9か所の日帰り入浴施設のほか、一部の旅館でも入浴が可能で、泉質・色・ロケーションから温泉を選べるのも塩原ならではといえる。また塩原温泉の中心には、全長60mの、日本最大級の足湯施設「塩原温泉湯っ歩の里」もあり、大自然を楽しみながら足湯を堪能できる。野趣溢れる露天風呂や昔ながらの公共の外湯、気軽に楽しめる日帰り入浴施設も豊富で温泉巡りをするのも良い。情緒あふれる山合いにある塩原温泉郷は、高原野菜や蕎麦が有名で足を伸ばしても味わいたい蕎麦店が多い。年間を通しイベントが豊富なのも塩原温泉郷の特徴だ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      五十肩
      冷え性
      打ち身
      etc
  • 那須温泉
    栃木県那須郡那須町湯本
    標高1915m、栃木県唯一の活火山である茶臼岳の山腹に散財する「那須温泉郷」。その中で最も古い歴史を持つ「那須湯元温泉(鹿の湯)」は、約1380年前の舒明2年(630)に発見された。温泉発見において日本で32番目に古く、栃木県では塩原、日光を抑えて最古の温泉だ。現在の共同浴場「鹿の湯」は、九尾の狐伝説で有名な殺生石のそばにあり、泉質は硫黄泉。皮膚病・婦人病・胃腸病・疲労回復などに効果が期待できるとされている。源泉温度は63-80度と高く、鹿の湯の浴槽の湯温も高めに設定されていることから、時間湯という独特の入浴方法が昔から伝えられている。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      五十肩
      運動麻痺
      関節のこわばり
      打ち身
      etc
  • 川治温泉
    栃木県日光市川治温泉
    江戸時代に開湯した「川治温泉」は、会津街道の宿場町として、また湯治の場として古くから親しまれてきた温泉だ。男鹿川と鬼怒川が合流する渓谷にあり、自然豊かな静かな場所だ。泉質はアルカリ性単純泉で神経痛やリウマチの他、怪我にも効能があるといわれている。近くには、約2200万年前の火山岩が浸食されてできた名勝「龍王峡」や「龍王峡自然研究路」があり、雄大な自然を堪能した後の温泉はまた格別だ。「湯めぐりスタンプラリー」もあり、異なる9つの旅館の温泉を楽しむこともできる。気軽に日帰りで利用できる施設もある。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      五十肩
      打ち身
      冷え性
      くじき
      etc
  • 板室温泉
    栃木県那須塩原市板室・百村
    那珂川の上流の、山合いにある「板室温泉」は、塩原温泉とも呼ばれていた場所だ。平安時代の康平2年(1059)に、那須三郎宗重が狩りのために山奥に入り発見したと伝えられており、古くから那須七湯の一つに数えられいる。昭和46年(1971)には国民保養温泉地の指定され、さらに「ふれあい・やすらぎ温泉地」にも指定されている。泉質は無色透明アルカリ性単純温泉。神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・くじき・運動器傷害・冷え性・疲労回復・慢性消化器症・病後回復期・ 健康増進・高血圧など豊富な効能が挙げられる。板室温泉では各旅館に「温泉入浴指導員」が常駐していて、利用方法についてのアドバイスも受けられる。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      切り傷等
      etc
  • 川俣温泉
    栃木県日光市川俣
    奥鬼怒川温泉郷の一つ「川俣温泉」は、日光国立公園の中にある。川俣温泉は平家の落人集落といわれていて、平家落人の平藤房が温泉を発見した、という伝説も残っている。4つの宿はそれぞれ渓谷沿いや川俣湖のそばにあり、5月の緑や紅葉時期、そして11月に行われる新そば祭の時期等が、特に観光客も多い。泉質は塩化物泉で、温泉の一般的な効能の他、きりきず・末梢循環障害・冷え性・うつ状態・皮膚乾燥症等の改善が望める。温泉街の手前にある間欠泉展望台や噴泉橋からは、高さ約15mも吹き上げる間欠泉を見ることもできる。日帰り入浴ができる施設や宿もあるので、旅の途中にも立ち寄りたい。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      疲労回復
      冷え性
      五十肩
      打ち身
      慢性消化器病
      etc
  • 馬頭温泉郷
    栃木県那須郡那珂川町小口・小砂・久那瀬
    那須岳とそれに連なる山々、そして高原山・日光連山等が一望できる景勝地にある「馬頭温泉郷」。那珂川を眼下にした温泉宿が点在しているここは、肌がなめらかになる「美人の湯」として知られている。泉質はアルカリ性単純温泉で肌に優しく、病後回復期・骨折後・外傷後・手術後・筋肉痛・関節痛・打撲・捻挫・冷え症・慢性婦人病等、様々な症状に効能があるとされる。多くの温泉は西向きにあり、夕日が眺められることから「夕焼け温泉郷」とも呼ばれている。宿泊施設では日帰り入浴が可能なところも多く、観光の途中でも気軽に利用できる。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      五十肩
      冷え性
      打ち身
      etc