NAVITIME Travel
温泉をさがす

青森の温泉

  • 奥入瀬渓流温泉
    青森県十和田市奥瀬、法量
    八甲田の山麓を流れる蔦川沿いに広がる温泉地で、昭和38年(1963年)に猿倉温泉から源泉を引湯し開湯した。四季折々に異なる表情を見せる、奥入瀬渓流の雄大な自然を間近に感じながら、ゆったりと温泉を楽しむことができる。泉質はほのかな乳白色の単純泉が主だが、場所によって少しずつ異なり、疲労回復や健康増進効果のほか、筋肉痛や関節痛、冷え性、慢性消化器病等、様々な症状に効能があると言われている。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      五十肩
      打ち身
      etc
  • 浅虫温泉
    青森県青森市浅虫
    青森市街から車で約30分という好アクセスが人気の温泉地。歴史は古く平安時代に遡り、慈覚大師(円仁)によって発見されたとされる。布を織る麻を蒸すために使われていたことから「麻蒸」と名付けられ、転じて「浅虫」となった。平均泉温63℃の単純泉は、婦人病やリウマチ、神経痛などの適応症がある無色透明のお湯だ。陸奥湾に浮かぶ湯島をシルエットにした夕景は、浅虫温泉一押しの景観。青い森鉄道「浅虫温泉駅」の目の前には無料の足湯もある。津軽藩主も来湯した、由緒ある歴史と自然に囲まれた青森の奥座敷だ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      五十肩
      冷え性
      切り傷
      etc
  • 下風呂温泉
    青森県下北郡風間浦村下風呂
    青森県下北半島風間浦村にある「下風呂温泉」は、本州で最も北にある海沿いの温泉で、数百年もの間、湯治場として愛されてきた場所だ。昭和33年(1958)に、小説家 井上靖が訪れ「海峡」の終局を執筆したことでも有名で、情緒あふれる温泉郷として今もなお多くの人が訪れる。宿泊客限定で「遊めぐり(湯めぐり」手形の販売もされていて、共同浴場「大湯」「新湯」・ホテル・旅館のお風呂のうち3箇所に入浴することができると人気が高い。入浴しながら津軽海峡や北海道恵山岬を望むことができる「メモリアルロード足湯」は、期間限定ではあるが無料で楽しめる。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      五十肩
      冷え性
      打ち身
      etc
  • 鰺ヶ沢温泉
    青森県西津軽郡鰺ケ沢町舞戸町
    「化石海水」と呼ばれる古代の海水が、天然温泉として湧き上がった、全国でも類を見ない貴重な温泉地。塩分濃度が高く、天然のタラソテラピー効果が期待できるほか、保温と保湿に優れ、湯冷めしにくいのが特徴だ。また、北は日本海、南は世界自然遺産に登録された白神山地を望む場所にあり、弘前城・深浦「円覚寺」・白八幡宮や三内丸山遺跡・つがる市縄文住居展示資料館等、歴史文化を学んだり、美しく雄大な自然と触れ合える好立地の温泉だ。日本海の覇者「安東水軍」をお酒の名前にしている酒蔵「尾崎酒造」のお酒や鰺ヶ沢銘菓 鯨餅等がお土産に好まれている。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      五十肩
      打ち身
      etc
  • 馬門温泉
    青森県上北郡野辺地町湯沢9
    温泉の歴史は千年前とも千五百年前ともいわれる「馬門温泉」は、一羽の鶴が傷をいやしたという伝説や、義経が弁慶らと湯浴みをしたという言い伝えが今も残る温泉だ。泉質はカルシウム-硫酸塩泉(低張性アルカリ性温泉)で、無色透明・微硫化水素臭無味。神経痛・筋肉痛・関節痛・疲労回復・火傷・擦り傷・慢性皮膚炎への効能があるとされる。宿泊客の入浴の他、土日祝の11:00-15:00は日帰りでも利用できる。馬門温泉のある「まかど観光ホテル」は、結婚式や宴会等もできる設備の整ったホテルで、売店では青森県の銘菓・地酒・青森県産のりんごなどを販売している。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      動脈硬化症
      五十肩
      etc
  • 谷地温泉
    青森県十和田市法量谷地1
    周辺には高山植物が自生する谷地湿原が広がる「谷地温泉」は、開湯400年を誇る日本三秘湯の一つだ。浴槽の底から直接自噴する足下自噴の湯は、腰痛やアトピーにも効果が望めるといわれている。日帰りでの入浴も可能で、気軽に立ち寄れるのも嬉しい。南八甲田の高田大岳山麓涌き出る綺麗な湧き水で育った新鮮な岩魚を使った岩魚料理が谷地温泉の名物で、刺身でも焼いても至福の味を経験できる。料理も宿泊客だけでなく、日帰り入浴や登山の際にも利用できるので岩魚や山菜・採れたての新鮮な地元食材を使った料理を逃さず味わいたい。
      効能
      神経痛
      関節炎
      筋肉痛
      冷え性
      疲労回復
      不眠症
      アトピー性皮膚炎
      etc
  • 十和田湖温泉郷
    青森県十和田市法量字焼山
    豊かな樹木と複数の滝、奇石や奇勝の渓流美で注目を集める奥入瀬川沿いに広がった温泉地。その昔、猿が湯に浸かっているのを漁師が発見したのがはじまりとされる「猿倉温泉」を元湯としている。国道102号と国道103号の交差点を中心に日帰り入浴施設や宿泊施設が点在しており、南八甲田の拠点として利用する登山客も多い。豊富な湯量が魅力で、毎分およそ1トンもの湯が湧出する。単純温泉の泉質には、神経痛や筋肉痛、冷え性や打ち身、慢性消化器病など幅広い効能がある。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      五十肩
      冷え性
      打ち身
      etc
  • 古牧温泉
    青森県三沢市字古間木山56
    昭和46年(1971)に温泉開発に成功した「古牧温泉」は、豊富な湯量を誇るとろりとした温泉だ。泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え性・疲労回復・健康増進等への効能が望める。現在、古牧温泉の元湯は「星野リゾート青森屋 敷地内」にあり、昭和レトロな雰囲気の中、地元の人々にも愛され続けている。大正11年(1922)に国の天然記念物に指定された、うみねこの繁殖地「蕪島」までは約60分。そのほか「種差海岸」や「八戸屋台村みろく横丁」、「櫛引八幡宮」等、三沢市や八戸市だけでも見どころは盛り沢山だ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      五十肩
      運動麻痺
      関節のこわばり
      打ち身
      etc
  • 龍飛崎温泉
    青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜54-274
    津軽国定公園にある「龍飛崎温泉」は、「ホテル竜飛」で入浴できる。泉質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉で、療養泉の一般的適応症の他、動脈硬化症・きりきず・やけど・慢性皮膚病に効果があるとされる。大浴場と露天風呂からは晴れていれば北海道の山並みを一望でき、夜は漁火と星空の幻想的な景色が楽しめる。日帰り入浴も可能だが混雑時には入浴できない場合もあるので事前連絡をして確かめたい。日本の灯台50選に選ばれている「龍飛崎灯台」や、「太宰治文学碑」・「青函トンネル記念館」等の観光ポイントはお勧めだ。また津軽海峡で獲れる魚類は、暖流と寒流が流れ込む水温の低い海域で生育しているため、たっぷりと脂をたくわえており絶品だ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      冷え性
      五十肩
      打ち身
      etc
  • 薬研温泉
    青森県むつ市大畑町薬研、及び奥薬研(赤滝山)
    その昔、温泉の湧き出る場所が漢方薬をすりつぶす器具「薬研台」によく似ていたことから名づけられたと言われる「薬研温泉」。別名「かっぱの湯」とも呼ばれるこの温泉は、恐山を開いた慈覚大師がこの地で怪我をした際に河童に運ばれて傷を癒したという伝説が元となっている。開湯400年を迎える薬研温泉は、雄大な朝比奈岳の自然を堪能でき、特に秋の紅葉は素晴らしく、また紅葉の名所としても知られており、毎年紅葉まつりも開催されている。また薬研渓流は人の手があまり入っていない自然のままの美しさを楽しむことができる場所だ。
      効能
      神経痛
      筋肉痛
      関節痛
      疲労回復
      五十肩
      冷え性
      打ち身
      etc