NAVITIME Travel

桜・お花見特集2018全国の桜の見ごろ・開花状況

エリアから探す

条件
開花状況

おすすめお花見スポット

  • 醍醐寺
    醍醐寺
    京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
    「醍醐山」全体を寺域とする真言宗醍醐派の総本山で、境内には国宝・五重塔をはじめ、多数の国宝・重要文化財を有している。豊臣秀吉が「醍醐の花見」を行った京都屈指の桜の名所。春の境内では河津桜を皮切りに、枝垂れ桜やソメイヨシノ、山桜、大山桜などが次々と開花し、毎年3週間ほど花見が楽しめる。中でも、京都市内最古といわれるソメイヨシノや三宝院ヤエベニシダレザクラなどが有名である。最寄は醍醐駅。桜シーズンの拝観は9:00から17:00(発券は16:00まで、入場は16:30まで)、大人1,500円、中高生1,000円。売店・トイレ・有料駐車場あり。
    sakura-icon 例年の見頃
    3月下旬-4月上旬
  • 白石川堤一目千本桜
    白石川堤一目千本桜
    宮城県柴田郡大河原町大谷
    大正12年に、高山開治郎氏の寄贈により、約1,200本もの桜が植樹された桜の名所。白石川の清涼な流れや蔵王連峰の雄大な山々、見事に咲き誇る桜の花とが織り成す景観がすばらしく、例年多くの花見客で賑わう。開花時期に合わせて桜まつりが開催され、夜桜ライトアップやお花見屋形船の運航、出店、お花見弁当の販売等が行われる。
    sakura-icon 例年の見頃
    4月上旬-4月中旬
  • 吉野山(下千本)
    吉野山(下千本)
    奈良県吉野郡吉野町吉野山2430
    シロヤマザクラを中心に、約200種30,000本もの桜が咲き競う日本屈指の桜の名所「吉野山」。圧倒的な桜の数から「一目千本」と言われ、下千本・中千本・上千本・奥千本の4エリアに分かれている。最も早く桜が開花するのが下千本であり、特に「七曲り坂」や「下千本展望所」から望む桜風景が素晴らしい。吉野山のシンボルである世界遺産「金峯山寺蔵王堂」も必見。例年の見ごろは4月上旬から中旬で、桜の開花に合わせて山全体で桜まつりや夜桜のライトアップが行われる。近鉄線吉野駅からロープウェイで約3分。売店・トイレ・駐車場あり。桜のシーズンは一部で交通規制を実施。
    sakura-icon 例年の見頃
    4月中旬-4月下旬