NAVITIME Travel

沖縄の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 中村家住宅
    rating-image
    4.0
    106件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県中頭郡北中城村字大城106
    戦前の沖縄の住居建築の特色を全て備えている建物で国指定重要文化財に指定されている住宅。沖縄本島内で屋敷構えがそっくり残っている例はきわめて珍しく、当時の上層農家の生活を知る上にも貴重な遺構。18世紀中頃に建てられた木造・寄棟造・瓦葺の建物だ。

    豪農とまではいかないのかもしれませんが、地頭の家なのでかなり広かった印象です。客間のすぐ裏側に隠されるように客用寝室があるところなどは、西洋建築との類似性などもあって興味深いものでした。入場料にはおまけが付いていて、見学後にお土産販売している建物に行くと、お茶と黒糖ゼリーのサービスを受けられます。

  • 沖縄県護国神社
    rating-image
    4.0
    59件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県那覇市奥武山町44
    日清日露戦争以降、先の大戦までの国難に殉じた沖縄県出身者の軍人、軍属をはじめ、沖縄戦にて散華された一般住民並びに本土出身の御英霊を祀る神社。慰霊顕彰の為 様々な祭典が行われているほか、祈願や出張祭典も受け付けて貰える。

    毎年の初詣はここで行っています.神社としても趣があって好きですが,この周囲に運動公園もあり,毎日にぎやかな場所です.

  • 波上宮
    rating-image
    4.0
    629件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県那覇市若狭1-25-11
    波の上の崖端にある、長い歴史を持つ神社。古くから中国・南方・朝鮮・大和などとの交易(琉球王府直轄事業)基地であった那覇港の出船入船は、出船は神に航路の平安を祈り、入船は航海無事の感謝を捧げたといわれている。5/17の例大祭とその前後に、神幸祭・沖縄角力大会・琉球舞踊・演舞大会など、様々な催し物が行われている。

    初めて訪問しました。 沖縄にきたら御朱印帳はここで購入しようと決めていました。 お参りをしてから早速購入 3種類ありましたが波上宮の絵が書いてあるものを購入しました。

  • 対馬丸記念館
    rating-image
    4.0
    149件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県那覇市若狭1-25-37
    対馬丸事件の犠牲者の鎮魂と子供たちに平和と命の尊さを教え、 事件を正しく後世へ伝える為に対馬丸撃沈から60年目に沖縄県那覇市に開館。2階から見学できる順路になっていて、対馬丸の出稿と対馬丸の撃沈に関する展示が2階に。沖縄の学童疎開・犠牲者の名前と遺影が1階に展示されている。

    関内に入ると沢山の千羽鶴が有りました。ビデオをみて小さな子供たちのなき叫ぶ声が聞こえてくるようです。 今私たちがいるこの時代が戦争の上に成り立っていることを忘れてはいけないと思いました。

  • 安慶名城跡
    旅行/観光
    沖縄県うるま市字安慶名1045
    旧安慶名バス停から徒歩で約10分、沖縄北ICから車で約30分。うるま市の中央部、安慶名中央公園内にある史跡。昭和47年(1972)には国の文化財にも指定されている。一見するとただの森に見えるエリアを進めばある山城で、北を流れる天願川の別名が大川なので、城も大川城と呼ばれていた。14世紀頃に安慶名按司によって築城されたと伝えられる。現在も残る石垣は15世紀頃制作とされている。中山王の軍が攻めた際も落城に苦戦した自然の要害。
  • 伊計島 仲原遺跡
    旅行/観光
    沖縄県うるま市与那城伊計
    うるま市の南東を通る県道10号線から平安座島宮城島を経由した先にある伊計島、その中央部やや西寄りに位置する遺跡。国指定の史跡で、竪穴式住居跡や土器、石斧など多数の遺物が発掘されている。現在では復元された竪穴式住居を見ることができて、県内でも最大規模を誇っていることから観光客が多く訪れている。なだらかな地形で潮風の影響を受けやすいため、集落を囲むように木を生やし、自生する植物を使用するなど当時の人々が工夫した様子がうかがえる。
  • 普天満山神宮寺
    旅行/観光
    沖縄県宜野湾市普天間1-27-11
    普天間バス停から徒歩で約5分、北中城ICから車で約5分。普天満宮に隣接している東寺真言宗のお寺で、1459年に尚泰久王の命で建立されてから550年以上の歴史を誇っている。普天間だけでなく沖縄本島中部の守護として親しまれる。普天間参りの通称を持つ観音祭が旧暦の9月9日に執り行われるほか、10月には大人から子どもまでお寺に親しみを持ってもらおうと企画したじんぐうじまつりも開催。新春には菓子やお守りが授与される。
  • 多良間村ふるさと民俗学習館
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県宮古郡多良間村仲筋1098-1
    石垣島と宮古島の間に位置する多良間島、その北部の市街地を西に抜けた場所にある博物館で、名前通り地域文化、特に民俗芸能に関する資料を多く展示している。家譜や今でいう戸籍に当たる惣頭帳に加え、奉納舞台が国の重要無形民俗文化財に指定されている多良間村の伝統行事「八月踊り」の衣装や台本なども見られる。子どもの学習に役立てるだけではなく観光客も多良間の歴史について深く勉強できる施設となっている。

    多良間島は宮古島から渡るので、なんとなく宮古文化圏かと思いきや、八重山の文化も色濃く入っているんだなと分かりました。島一番の年中行事の8月踊りの資料などもあり、小さい施設ながら非常に充実しています。海目的だったので文化的な要素は期待していなかったのですが、多良間には独特の文化があると分かりました。昼休み直前に行ったのですが、学習館のおじさんには付きっ切りでいろいろ教えてもらいました。ありがとうござ...

  • 人頭税石(ブバカリ石)
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市平良字荷川取90
    平良港から車で約5分、宮古空港からは約25分。仲宗根豊見親の墓から道を北進した場所にある石で、地元ではぶばかり石と呼ばれるその由来は、かつて島民たちがこの石よりも身長が高くなると税が課せられる、賦計りが古くから行われた言い伝えがあることから。財政に窮した琉球王府が1637年にこの人頭税を課し、15歳から50歳までの35年間、男性は粟、女性は宮古上布を納めることを義務付けた。それが明治36年(1903)まで続いた苦しみを現在に伝えている。
  • 宮古島市総合博物館
    rating-image
    4.0
    45件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県宮古島市平良東仲宗根添1166-287
    平良港から車で約15分、宮古空港からは約20分。宮古島市熱帯植物園から南に向かいすぐの場所にある博物館で、自然と歴史、民俗から文化に至るまで宮古島について詳しく紹介しているのが特徴。第一と第二、二つの展示室に分かれていて、第一展示室では、考古と歴史に焦点を当てて外間遺跡など発掘調査された遺跡の情報を説明したり、明治から昭和初期頃の住居生活を再現。企画展や特別展示に、子ども向けの見学体験会や講座も行っている。

    妻のリクエストに応えて訪れました。まあ、地方都市によくある地元の骨董品を時代別やカテゴリー別に並べて展示してありました。行きはホテル前で拾ったタクシーで行けましたが帰りが大変!大型客船が入港していた為、島内観光にタクシーが殆どまわされてしまったようで、どのタクシー会社に電話をしても空きが無く、結局、ホテルまで約6キロを歩いて帰るハメとなりました。

  • 芳魂之塔
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村西江前
    伊江港から車で約2分、徒歩では約16分。伊江村立伊江中学校と道を挟んですぐ向かい側にある高台の上の史跡。沖縄戦の際激戦の舞台となった伊江島。当時犠牲になった島民約1,500人と守備軍将兵約2,000人、計3,500人の冥福を祈って合祀している。塔隣には礎が併設されており、村外での戦没者も含めそこに刻み込まれている。また、島出身の歌人である名嘉元浪村の歌も見られる。この地での戦闘が終結を迎えた毎年4月21日に平和祈願祭が開催。
  • 公益質屋跡
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村東江上75
    伊江村役場から通りを北に進んだ場所にある建物跡。第二次世界大戦の沖縄戦によって、島民約1,500人と守備軍将兵約2,000人の合わせて3,500人程が犠牲になったとされる。大きな被害を受けたのは建物も同様で、多くの建物が焼き払われて消失した中、現在でも原型を残しているのがこの建物で、元は昭和4年(1929)に政府の融資によって作られた村営の金融機関だった。壁に大穴が空き、弾痕が残るなど、悲惨な様子を今に伝えている。
  • 反戦平和資料館 ヌチドゥタカラの家
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村東江前2300-4
    伊江島の南東、伊江ビーチのすぐ側にある資料館。ヌチドゥタカラとは命こそ宝という意味であり、戦時中の伊江島を生きた人々の遺品や資料を展示している。島民の生活必需品から米軍が使っていた銃弾や爆弾など、資料館内に所狭しと並べられた品の一つ一つに説明がつけられている。人間の命の尊さを伝えるとともに、二度と戦争が起きないようにと願いを込めて開設された。
  • 東村立 山と水の生活博物館
    遊ぶ/趣味
    沖縄県国頭郡東村川田61-1
    沖縄県東村にある博物館。豊富な写真や資料を通して東村民の生活や歴史を学ぶことができる。やんばるの森の源流から河口のマングローブ林までの生態模したジオラマや、ジュゴンの骨格標本や鳥類の剥製などが見られる。またハブやオオウナギ、リュウキュウイノシシなどの生物も飼育展示している。沖縄独特の民具や仕事なども展示しており、かつての生活について知ることができる。
  • 冨崎観音堂
    rating-image
    3.5
    19件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県石垣市新川冨崎1607
    石垣市新川冨崎にある寺院。1701年の創建と伝わる。主に航海の安全を祈願する観音堂として島民からの信仰を集め、現在も正月には初詣客で賑わう。境内の近隣には「唐人墓」をはじめ、ビーチや灯台などの観光スポットも。

    沖縄 石垣島には神社、お寺は少ないがこの富崎観音堂は石垣市民の初詣の大切な神社です。石燈籠の参道を登ると内地と違った本殿があります。

  • 伊是名城跡
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡伊是名村伊是名
    島尻郡伊是名村伊是名にある城跡。11世紀から14世紀頃に築城されたと伝わる。沖縄本島を統一し第一尚氏の王朝を築いた尚巴志王の祖父にあたる鮫川大主の居城で、岸壁を背にした天然の要塞となっている。県の史跡に指定。
  • 伊是名村ふれあい民俗館
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡伊是名村伊是名196-129
    島尻郡伊是名村伊是名にある資料館。島の歴史や民俗に関する資料展示を行っている。伊是名島は琉球を明治時代までの約400年間にわたって治めた第二尚氏の始祖・尚円王の出身地でもあることから、王家ゆかりの品も所蔵している。

    こぢんまりしてますが、伊是名の歴史や文化、主に尚円王にまつわるものですが、たくさんのものが凝縮された資料館でした。アメリカ統治時代の沖縄のお金などもあり、沖縄の歴史も同時に学ぶことができます。

  • 具志川城跡
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町仲村渠
    島尻郡久米島町仲村渠にある城跡。正確な築上年代は定かでないが、地域を統治する按司(あじ)によって15世紀はじめに築かれたと考えられている。海に囲まれた高台に石垣などの遺構が保存されており、中国との交易を行っていたことを示す青磁などの出土品も発掘されている。国の史跡に指定。
  • ふるさと文化センター
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡南大東村在所317
    島尻郡南大東村在所にある資料館。1900年の入植からはじまった有人島としての南大東島の歴史や、島の自然に関する資料展示を行っている。島内で流通していた独自の紙幣や農機具などの資料を通して、島の開拓の歴史を学べる。

    在所をブラブラ散歩してたらこの文化センター(=写真)に行き当たりました。 入場料200円を支払い早速入館。 観光協会のHPによると南大東島唯一の博物館。主な収蔵品には島内流通紙幣、島で最古の太鼓や開拓時代の歴史的に価値のある、生活道具、資料が保管、展示してあります、とのこと。 中でもわたくしが気になったのが、琉球に伝わる格闘技である沖縄角力(おきなわすもう)優勝者の立派な化粧回し...

  • 那覇市歴史博物館
    rating-image
    3.5
    75件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ4F
    那覇市久茂地1丁目の国際通り沿い、県庁前駅前の百貨店「デパートリウボウ」内にある博物館。琉球王国の王族・尚家の関係資料をはじめ、中国や日本と交易をしながら独自の文化を築いた琉球の美術品や歴史資料など、那覇市が所蔵する資料を展示。様々なテーマを設定した企画展と特別展を通して、琉球と沖縄の歴史や文化にふれることができる。

    パレット久茂地内にある展示室が2つだけのコンパクトな博物館。琉球王朝の歴史に関する展示が中心で、昔の地図や衣装なども見ることができます。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す