NAVITIME Travel

沖縄の歴史/文化/見学スポット一覧

  • ゆいレール展示館
    rating-image
    3.5
    33件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県那覇市字安次嶺377-2 沖縄都市モノレール本社敷地内
    沖縄都市モノレール株式会社敷地内にある。展示品数は約400点。1階はゆいレールにまつわるフロアで、完成までの様子を映像で紹介している。2階は戦前の沖縄に通っていた、軽便鉄道の貴重な資料や各種切符などを展示。またパソコンを使って、様々なデザインのゆいレールのペーパークラフトを作成でき、印刷したものを持ち帰ることができる。入館料は無料。

    空港からゆいレール沿いに徒歩10分。車庫の中にある無人の博物館です。沖縄の鉄道の歴史を軸に展示。グッズも販売しており、欲しいものがある場合インターホンで呼ぶ形です。

  • 大宜味村立芭蕉布会館
    rating-image
    3.5
    15件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡大宜味村喜如嘉454
    国の重要無形文化財に指定されている芭蕉布。その貴重な技を間近に見ることができる、県内唯一の場所。1階では地元の自然を原料に丹念な手仕事で、作品が生み出されていく様子が上映されている。尚、製品の展示販売もあり。2階は作業場となっており、伝統工芸従事者の研修などが行われている。見学可能だが、事前確認が必要。

    折角タクシーの運転手さんが連れて行ってくれたのに芭蕉布会館はお休みでした。100歳を超える女性が今もなお現役で織物作りをやっているとのことだったので是非ともお会いしたかったのですが...。芭蕉布自体はその後県立博物館で見ることが出来ました。

  • 歓会門
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里 首里城公園内
    世界遺産である首里城の城郭へ入る第一の門である。中国皇帝の使者「冊封使」が招かれた際に出入りした門であり、歓迎の意を込め、この名がつけられた。太平洋戦争の際に一度焼失したが、昭和49年(1974)に復元。門の両側には、魔よけの意味でシーサーの像がある。 首里城公園並びに有料施設を含む園内全施設は、現在2019年10月31日に発生した火災の影響により、臨時休業となっております。今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、首里城公園公式ホームページをご参照ください。
  • 旧海軍司令部壕
    rating-image
    4.5
    392件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県豊見城市字豊見城236
    昭和19年(1944)に作られた、旧日本海軍の司令部があった地下壕である。当時は450mほどあった持久戦を続けるための地下陣地で、4,000人の兵士が収容されており、多くの命がここで失われた。昭和45年(1970)に、司令官室を中心に約300mが復元、公開された。資料室には銃器や軍服、家族にあてた手紙など、壕内で発見された遺品が展示されている。

    旧海軍の司令部の跡。こんな時期になっても日本の陸軍と海軍は別々の司令部を持って戦っていたという愚劣さを見ることができます。昭和の日本軍はまともな戦争のできる組織ではありませんでした。それなのにこんな大規模な基地を造らされた兵士たちには同情の念を禁じえません。駐車場は壕の上下にありますが壕の出入り口が別々なのでどちらへ駐めても違いはありません。

  • 久米島ウミガメ館
    rating-image
    3.5
    123件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡久米島町字奥武170
    久米島町、奥武島にあるウミガメの展示施設。現在絶滅の危機に瀕しているウミガメを飼育しており、大水槽の中で泳ぐ姿を間近に観察し、ウミガメの生態についてのパネルや映像の展示、ふれあい体験などのイベント(期間限定で開催)と合わせて学ぶことができる。また、久米島の貝類の標本も2000点以上展示している。

    小さな施設だろうとたかをくくってたら、意外と亀さんもたくさんいて、説明も興味深くよかったです。 わかりませんが、えさやりとか体験とかもできるとより良いかなと思いました。

  • 円覚寺
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里 首里城公園内
    かつて首里城北面に存在した、臨済宗の寺院である。琉球王朝の黄金期を築いた尚真王が、鎌倉の円覚寺を模して建立した。昭和8年(1933)に仏殿、総門などが国宝に指定されたが、太平洋戦争時に全て消失。現在では総門と放生池が復元されている。 首里城公園並びに有料施設を含む園内全施設は、現在2019年10月31日に発生した火災の影響により、臨時休業となっております。今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、首里城公園公式ホームページをご参照ください。
  • 久米島博物館
    rating-image
    3.5
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡久米島町嘉手苅542
    久米島町嘉手苅、公立久米島病院近くにある博物館。「久米島の自然」、「時代の移り変わり」、「久米島の遺宝」、「島の暮らし」の4つのテーマに、久米島の自然と歴史に触れられる展示を行っており、久米島を観光する際の事前知識を仕入れることができる。常設展示にはタブレット端末によるデジタルガイドシステムも導入されているので、英語による展示解説も受けられる。

    久米島のことを知るなら、この博物館でじっくり勉強するのもいいが、さっと見るだけだと印象に残るものは少ない。入場料が安いので、時間があれば立ち寄りたい。建物もきれいで、特別展もやっていたが、ほとんど入場者はいなかった。

  • 宇江城城跡
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町宇江城
    久米島の中で最も高い、標高310mの宇江城岳にある城跡である。島のほぼ全域を見渡せる360度の大パノラマは圧巻の一言。晴れた日には、ハテの浜や粟国島、渡名喜島までも遠望できる、絶好のビュースポットだ。
  • 守礼門
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里 首里城公園内
    「守礼」とは「礼節を守る」ということであり、門中央の扁額には「守礼之邦(しゅれいのくに)」と書かれている。これは「琉球は礼節を重んずる国である」という意味だ。世界遺産・首里城を代表する美しい門であり、1527-1555年頃に建立された。太平洋戦争の際に破壊されたが、その後、昭和33年(1958)に復元された。 首里城公園並びに有料施設を含む園内全施設は、現在2019年10月31日に発生した火災の影響により、臨時休業となっております。今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、首里城公園公式ホームページをご参照ください。
  • 沖縄平和祈念堂
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県糸満市摩文仁448-2
    平和記念公園内にそびえ建つ高さ45mのモニュメント。沖縄は、第二次世界大戦の末期において地上戦の舞台となり、軍民合わせて約20万人余りの犠牲者を出した激戦地である。沖縄平和祈念堂は、その悲劇を二度と繰り返すまいという信念のもと、平和の尊さを世界に訴えるべく昭和53年(1978年)に開堂された。その正七面体角錐の形状は、7つの海と合掌の形を表している。

    公園のいたるところからでも見えますので、平和祈念公園のシンボルですね。海に近いし平和を祈念した白い搭ですので維持管理が大変そうです

  • 園比屋武御嶽石門
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里 首里城公園内
    かつて国王が外出する際に安全祈願をした、琉球石灰岩で造られた礼拝所である。太平洋戦争の際、一部が破壊されたが、昭和32年(1957)に復元、平成12年(2000)には世界遺産に登録された。門の形になっているが人が通るものではなく、いわば神への「礼拝の門」である。 首里城公園並びに有料施設を含む園内全施設は、現在2019年10月31日に発生した火災の影響により、臨時休業となっております。今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、首里城公園公式ホームページをご参照ください。
  • 久米島ホタルの里自然公園 久米島ホタル館
    遊ぶ/趣味
    沖縄県久米島町大田420
    浦地川下流にある、平成12年5月に開館したホタルの保護観察施設で、国内希少野生動植物種である沖縄県の天然記念物・クメジマボタルをはじめとするホタルたちや、ホタルに関連する鳥や昆虫、魚等の生物が飼育されている。館内には写真や標本、資料等の展示があり、ホタルをはじめとした生物の多様性や、久米島の自然・環境について学ぶことができる。
  • 久米島紬の里ユイマール館展示資料館
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町真謝1878-1 久米島紬の里ユイマール館
    国指定重要無形文化財である沖縄の伝統工芸、久米島紬の資料館。館内では、絣括りや染色、機織りの工程が見学できるほか、久米島紬の歴史や作業工程に関する資料や、久米島紬の様々な作品を閲覧することができる。コースター織りやバンダナ染め等の体験(※要事前予約)も行っている。
  • 中城城跡
    rating-image
    4.5
    350件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県中頭郡北中城村字大城503
    中城湾を望む高台にある、6つの郭から成る連郭式の城である。琉球王国には300余りの城があったといわれているが、その中で最も保存状態がよく、歴史的価値も高い。自然の地形を活かした、美しい曲線を描く石積みの城壁が見事で、世界遺産に登録、日本百名城の一つにも選定された。

    山の峰を這うように建てられた城。その構造、また優雅な曲線を描く城壁は、本土の城とは随分と違ったものです。山壁や海を配し、全面からの防御は鉄壁のようにも感じます。結局はこの中城、攻め落とされるのですが、どのように攻城したのか、興味が尽きません。 中城城跡への行き方。那覇バスターミナル発の東陽バス30番を利用します。当日は、安里駅に近い姫百合橋バス停から乗車しました(7:11)。1時間ほど乗車し、久場...

  • 平和の塔(糸満市)
    旅行/観光
    沖縄県糸満市喜屋武
    糸満市喜屋武岬の喜屋武燈台近くにある慰霊碑。昭和27年(1951)10月に喜屋武集落の人々が部落内やその周辺海岸に散在する将兵並びに住民の遺骨1万余柱を収集して建立された。昭和44年(1969)3月には現在の場所に改修移転された。
  • 平和の礎
    旅行/観光
    沖縄県糸満市摩文仁444 平和祈念公園内
    沖縄県糸満市の平和祈念公園内にある、平成7年(1995)6月23日に太平洋戦争・沖縄戦終結50周年を記念して建設された祈念碑。沖縄戦などで亡くなられたすべての人々の名前が刻まれている。
  • 弁財天堂 円鑑池
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里 首里城公園内
    沖縄県那覇市の首里城公園内にある文化財。「円鑑池」は1502年に首里場内の湧水や雨水が溜まるように造られた人工池。「弁財天」は航海の安全を司る水の女神・弁財天を祀った「円鑑池」の中央にある赤瓦の堂である。 首里城公園並びに有料施設を含む園内全施設は、現在2019年10月31日に発生した火災の影響により、臨時休業となっております。今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、首里城公園公式ホームページをご参照ください。
  • 宮古島海宝館
    rating-image
    3.5
    39件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県宮古島市城辺字保良591-1
    宮古島市城辺にある全国各地から集められた大量の貝を展示している「宮古島海宝館」。目の前には保良泉ビーチから東平安名崎まで一望できて解放感たっぷりの場所だ。周辺の観光スポットやマリンアクティビティーで1日中「遊んで 食べて 体験できる」アソビタウンの中心の施設となっている。レストランもあり、海を見ながら食事を楽しめる。シャコガイを器にした「タコライス」が人気。宮古島のお土産が買えるショッピングセンターもある。

    宮古島4泊の内3泊お世話になりました。 以前ブリーズベイマリーナで宿泊した履歴を把握されていて好感度UPです。 相当数沖縄旅行はしているけど再訪したホテルで言われたことがなかったのでビックリでした。 各フロアの所々に空気清浄機が置いてあるのは館内清浄の点でも良いと思います。 部屋はカジュアルツインで広くはないが綺麗。 キャリーバックを床で広げたりベッドに乗せるのはイヤなので置く台があればベス...

  • 首里観音堂
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里山川町3-1
    首里12カ所の一つである「首里観音堂」は、臨済宗妙心寺派の寺院であり、正式な寺号は「慈眼院」。琉球王国時代、薩摩藩の人質となっていた佐敷王子の帰国を祝い、元和4年(1618)に尚久王が観音堂を建立、その南に慈眼院を建てた。沖縄の観音信仰の聖地であり、ご本尊は「千手観音菩薩」。

    ノボテルホテルから徒歩10分くらいです。 土曜日の9時ころだったからか観光客は おらず地元の方がお参りされていました。 敷地内の展望台から海まで見渡せました。

  • 佐喜眞美術館
    rating-image
    4.5
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県宜野湾市上原358
    「生と死」「苦悩と救済」「人間と戦争」をコレクションをつらぬくテーマにしている美術館。建物は沖縄にこだわり、庭にある館長 佐喜眞道夫氏のご先祖の墓 亀甲墓と統一感をもたせ、また屋上の階段は6/23(慰霊の日)の太陽の日没線にあわせてつくられている。丸木位里・丸木俊、ケーテ・コルウィッツの作品などを所蔵しており、常設展「沖縄戦の図」の他、企画展も開催されている。

    色々とキレイなものばかりを展示した美術館は多いですが、 こちらは土地柄、戦争をテーマにしためずらしい美術館で、 改めて戦争の恐ろしさを実感されられました。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す