NAVITIME Travel

鹿児島の旅行/観光スポット一覧

  • 名勝 仙巌園
    rating-image
    4.5
    1228件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
    万治元年(1658)に島津家19代光久によって築かれた島津家の別邸 仙巌園。28代斉彬がこよなく愛し、篤姫や西郷隆盛も訪れた美しい大名庭園で、錦江湾と桜島の雄大な景色を望むことが出来る。およそ1万5千坪の園内には、四季折々の花が咲き誇り、武家の伝統を今に伝える様々な催しが行われている。また、薩摩の郷土料理を堪能できるレストランやショップも充実し、観光を楽しめる。園一帯は、「明治日本の産業革命遺産」として平成27年(2015)に世界文化遺産に登録。平成30年(2018)大河ドラマ「西郷どん」のロケも行われた。

    天気が良かったので ゆっくりと時間を掛けて拝見しました。邸内はさすがに藩主の別荘らしく、しつらえも 調度品も立派なものばかりでした。庭園も 広々と 眼前のさくらじまもお庭の一部のように 配置されていました。

  • 鹿児島市維新ふるさと館
    rating-image
    4.0
    423件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市加治屋町23-1
    明治維新を支えた英雄、西郷隆盛や大久保利通らを輩出した薩摩。維新ふるさと館では当時の薩摩や日本の歴史を様々な演出で紹介している。目玉は地下1階の維新体感ホールで上映されるドラマ。「維新への道」では、西郷隆盛や大久保利通の等身大ロボットやマルチスクリーンで臨場感あふれるドラマを展開、「薩摩スチューデント、西へ」では、当時の国禁を破り、英国へと派遣された留学生達の物語が描かれている。

    鹿児島中央駅から徒歩10分ほど。甲突川沿いにある2階建ての資料館。入館料300円。 館内には明治維新に関する資料展示、ホログラムを用いた映像展示、パネルによる解説などがあるが、一番の見所は「維新体感ホール」でのドラマ。「維新への道」と「薩摩スチューデント、西へ」の2種類が交互に上映されている(上映時間20-25分)。時間の都合上、見たのは「薩摩スチューデント、西へ」だけだったが、等身大ロボットが...

  • 湯之平展望所
    rating-image
    4.0
    270件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市桜島小池町1025
    海抜373メートル、桜島の4合目に位置した「火口から最も近い」展望台。火山活動の状況によって、吹き上がる噴煙を望むことができ、眼下には大正溶岩が広がる。桜島の中では一般客が入れる最高地点で、車でも登ることができる。展望台はいつでも開放されており、夜は、鹿児島市街の夜景が大パノラマで見ることができる人気スポット。桜島港から車で約15分。

    ここからの眺め、距離が近いだけに荒々しい山肌が迫り、とても迫力があります。今回、桜島の周辺を何か所か訪れましたが、ここからの眺めが一番良かったです。ところで、その時の気象条件にもよりますが、降った火山灰が地面に溜り、それが風や車の通行により舞い上がるので、見学後は早々とバスに乗り込みました。マスクがあればいいと思いました。

  • 桜島ビジターセンター
    rating-image
    4.0
    215件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-29
    霧島錦江湾国立公園(桜島)にある、桜島の情報館。噴火の歴史や自然についての展示と解説を行っている。ハイビジョンシアターやジオラマ、パソコンなどを通して生きた桜島を体感できると評判だ。噴火による火山弾や火山礫の実物、地層断面模型に加え、昭和火口のライブカメラやリアルタイムの地震計データ、今日までの噴火・爆発回数なども展示している。館内のミュージアムショップでは、島の特産品や火山灰、溶岩などが販売されている。

    フェリーターミナルから徒歩5分のところにあり、桜島に関する展示やお土産が売られていました。アイランドビューバスの停車もします。

  • 黒神埋没鳥居
    rating-image
    4.0
    203件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市黒神町
    大正3年(1914)の桜島大爆発の際、大量に噴出した火山灰・軽石は、上空8000m以上まで上昇し、黒神一帯を埋め尽くした。もともと3mもあったといわれる原五社神社の鳥居は、上部約1mを残し埋没。住民は鳥居を掘り起こそうとしたが、当時の村長が大噴火の記念物として、後世に残すことを決めた。昭和33(1958)年県の文化財に指定されている。

    1914年に起きた大正噴火の火山灰・軽石によって埋没した「腹五社神社」の鳥居。黒神地区にあるため「黒神埋没鳥居」とも呼ばれる。鳥居の本来の高さは約3mだが、現在は笠木部分の1mほどしか地上に出ていない。 定期観光バスの車窓からの見学だったため、ゆっくり見られなかったのが残念。

  • 道の駅 桜島
    rating-image
    4.0
    130件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-48
    錦江湾に浮かぶ桜島の玄関口に在る道の駅。付帯施設である「火の島めぐみ館」では桜島にしかない郷土料理や、地元の特産物を提供してくれる。中でも400年ほど前に薩摩藩主島津義弘公が持ち帰って来たことから広まったと謂われる「桜島小みかん」は、世界一小さなみかんで原種に近い素朴さが味わえる。国道224号沿い。

    桜島フェリーターミナルから徒歩5分ぐらいのところにある道の駅です。野菜や果物、桜島のお土産やレストランがあります。お土産店内で買えるみかんソフトクリームが絶品でした。

  • 尚古集成館
    rating-image
    4.0
    161件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
    仙巌園に隣接した博物館。集成館とは、幕末の薩摩藩主・島津斉彬が産業育成のために造った工場群のことで、この博物館の建物は機械工場として1865年に竣工したもの。現在は島津家や、薩摩藩の産業化の歴史を語り継ぐ場として活用されている。建物のほか、展示物のいくつかは国から重要文化財に指定されている。

    仙厳園のチケットを見せれば、こちらも入場できます。薩摩藩に先見の明があったこと、そして素晴らしい技術があったことが判ります。時間があれば、映像(2種類)も見たかったです。

  • 有村溶岩展望所
    rating-image
    4.0
    150件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市有村町952
    バス停「溶岩展望所」よりすぐのところにある、有村地区の大正溶岩原に作られた展望所。大正3年(1914)の大正噴火によって流れ出た溶岩の上にあり、約1キロある遊歩道からは火口から噴煙が立ち上るさまを間近に見ることができる。また平成28年(2016)に有村溶岩展望所の傍にあるレストハウスがリニューアルされ、多目的トイレや授乳室が新たに設置された。駐車場近くには土産物屋も充実しており、桜島名物を購入することもできる。

    いくつか展望所がありますが、ここは溶岩が特徴で、散策が十分に出来ます。 売店もいくつかあり、お勧めの観光地です。

  • 照國神社
    rating-image
    4.0
    152件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市照国町19-35
    バス停・電停の「天文館」から徒歩で約5分。鹿児島県立博物館の近くにある神社で、薩摩藩の11代藩主である島津齊彬を御祭神としている。1863年に勅命によって照国大明神の神号が与えられ、その翌年に社殿が完成し、照國神社と称されるようになった。現在も鹿児島県の氏神様として多くの人々の信仰を集めている。7月11日には日の丸の旗を日本の総船印とする案が通り、幕府から発令されたことを記念した「国旗祭」が、7月15日と16日には鹿児島における夏の風物詩「六月燈」の前夜祭と頌徳祭が行なわれる。

    境内に入る前に 出迎えてくれるのが 私には 鳩が羽を広げているように見える大きな樹木があります。拝殿は薩摩藩主 島津 斉彬公をお祀りするのに相応しい立派なものでした。ここを 訪れて初めて知りました。何と 日本の国旗 日の丸の生みの親だそうです。

  • 鹿児島県歴史資料センター黎明館
    rating-image
    4.0
    104件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町7-2

    初めて訪れました。 正門は工事中で裏から入るような形になりますが、中は営業しています。 特別展示もやっていますが、常設展示だけでもなかなかの量がありとても良かったです。 明治維新、西郷隆盛の知識が深まりました。

  • 鹿児島市立美術館
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町4-36
    薩摩藩主・島津氏の居城であった、鶴丸城二の丸跡に建つ私立美術館。コレクションは地元ゆかりの作家の作品や、19世紀以降の西洋美術が中心。モネの睡蓮や、セザンヌの油彩画も所蔵している。鹿児島のシンボルである、桜島をモチーフとした絵画のコレクションも見応えがある。鹿児島駅から徒歩16分。

    車で行く際は数は少ないですが正面向かって右側に駐車場があります。中にカフェもあるのでゆっくり過ごせそうです。

  • 長島美術館
    rating-image
    4.5
    48件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市武3-42-18
    平成元年(1989)に鹿児島市制施行100年に合わせて開館した美術館。展示室正面入口では、ロダン作「考える人」の彫刻が出迎えてくれる。ロダンの他には、シャガールなどの海外作家の絵画や彫刻、薩摩焼など約1000点を展示しており、年1-2回、別館展示室にて特別企画展を開催している。館内を鑑賞したあとは、鹿児島の市街地や桜島を一望できる喫茶室で、お茶や軽食を楽しむことができる。

    桜島を見下ろせる絶好のロケーションにあります。 桜島を眺めつつ、綺麗に手入れをされた庭を眺めつつ彫刻品を眺めつつ… と館内に入る前にも非常に楽しめます。 館内には黒薩摩焼や白薩摩焼など鹿児島らしい美術品もたくさん揃っています。

  • 鹿児島県立博物館
    rating-image
    4.0
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町1-1
    シティビュー「西郷銅像前」から徒歩約5分。歴史ある自然史系博物館で、桜島大正噴火の記録を残すために設置されたのがはじまり。本館は飼育動物および企画展会場になっている1階、南北600kmに渡る鹿児島の自然に触れられる2階、自然を活かした鹿児島の産業を3D劇場などで学べる3階から成る。別館の宝山ホール4階には、プラネタリウムや様々な恐竜の実物全身骨格標本、そしてアンモナイトなどの化石も展示されている。

    公園脇の博物館です 無料なのがありがたいですなかなか見ごたえがありますよ、おすすめします 建物自体も文化財です

  • かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館
    rating-image
    3.5
    35件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城山町5-1
    JR鹿児島中央駅より市電鹿児島駅行き乗車、「朝日通」駅より徒歩7分のところにある文学館。かごしま近代文学館では、鹿児島に特に縁の深い28名の作家に関する常設展示がされており、鹿児島にちなんだ作品に触れることができる。隣接するかごしまメルヘン館では、トリックアートやアスレチック、季節にちなんだ仕掛けで、まるで童話の主人公になったような体験ができ、子どものみならず大人も楽しめる。なお両館を訪れる場合は、共通入場券も用意されている。

    今回は日本が生んだ天才 かこさとし の展示を見てきました かこさとし の絵本から学べる事柄の多様性 絵の可愛さ どうやったら伝わるか?という工夫 少年から年配の方まで実に楽しめる展示 そして鹿児島にまつわる資料もあって しっかり楽しめます

  • 道の駅 喜入
    rating-image
    3.5
    31件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市喜入町6094-1
    国道226号沿いの海岸線に面した道の駅。錦江湾をのぞむ湯どころ、温泉および温水プールとしても利用されている。施設には温泉をはじめ、売店やレストランを備えた「八幡温泉保養館」のほか、全長53mのウォータースライダーが人気の室内プールに、ゴルフが楽しめる多目的グラウンドがある。大浴場や寝風呂の泉質は神経痛・関節痛に効くアルカリ性単純温泉。親しみやすい温泉リゾートで心身ともにリフレッシュできる。喜入限定の味噌やシフォンケーキが並ぶ売店も評判。

    鹿児島から長崎鼻に向かう途中に道の駅喜入に立ち寄りました。エネオスの石油備蓄タンクが目を引きました。直売所には麦味噌やイモ、ミカンなどが売られていました。入りませんでしたが温泉施設もありました。

  • 磯工芸館
    rating-image
    3.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市吉野町9688-24
    薩摩切子の工場に隣接するギャラリー兼ショップで、鹿児島県鹿児島市にある。厚いガラス生地を深く削ってつくる「ぼかし」が特徴の薩摩切子は、繊細な模様と色ガラスの美しさが見事な伝統工芸品。明治時代初期に一度途絶えた技術が昭和60年(1985)からの復興事業で復元され、再び薩摩切子が製造されるようになった。館内では食器やインテリア雑貨、お土産物などが購入できるほか、制作風景の見学もできる。国登録有形文化財に指定されているレトロな洋風の建物も必見。

    切子やクリスタル製品が好きな人にはたまらない場所です。30年前に来た時もそうでしたが、価格がそれなりにするので手が出ません。でも今回は庶民の私でも買える品がありました。写真のラペルピンで、これなら普段使いも出来るので気に入っています。工場見学も無料で簡単に入れるのでぜひご覧になって下さい。若い職人さん達が一生懸命に働いています。

  • 西郷南洲顕彰館
    rating-image
    4.5
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市上竜尾町2-1
    中央駅から車で約17分のところにある西郷隆盛の記念館。昭和52年(1977)に南洲翁没後百年記念事業として、全国の支援者の寄付により建立。2階建ての館内は木材を使ったぬくもりのある空間になっている。1階は隆盛の生涯ジオラマや一生を辿る映像ライブラリー、2階は西南戦争関係資料、隆盛直筆の墨蹟などを見ることができる。またミュージアムショップでは隆盛の書籍やグッズを販売。複製掛軸、額装などのオリジナルグッズや、かわいい姿の西郷さんなどはお土産にもおすすめ。

    北海道北竜町のひまわり、この日は天気も良く、2年振りに見に行きました。この時期はもうすべて刈り取られているかと思っていましたが、早咲きと遅咲きがあり、手前の畑はほとんどが散っていましたが、奥にある畑は今まさに満開を迎え、太陽さんをめがけて、素晴らしい姿をめいっぱい咲き誇っていました。 近くの池にはたくさんの鴨も涼しそうに泳いでおり、幼稚園のお子様たちは楽しそうに見入っていました。その近くには3連の...

  • 西本願寺 鹿児島別院
    rating-image
    3.5
    12件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市東千石町21-38
    鹿児島市の中心地、天文館にほど近い浄土真宗本願寺派西本願寺の寺院。創建は明治11年(1878)。鹿児島は室町時代末期から明治初期まで浄土真宗が禁止されていたためその間信者たちは隠れて信仰してきた歴史をもつ。さつまの熱い門信徒の思いで建設された鹿児島別院は南九州の念仏の中心道場として、多くの人が参拝に訪れる。

    明治に入り、「信教自由の令」の布達が出るまで鹿児島では浄土真宗が禁止され、弾圧されてきました。そのため、隠れ念仏として信仰が続けられてきました。1878年、創建という新しい浄土真宗本願寺派の寺院です。

  • 示現流兵法所史料館
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市東千石町2-2
    薩摩に伝わる剣法「薩摩示現流」の歴史を伝える資料館。モダンなデザインの建物で、隣に道場が併設されている。施設は薩摩に示現流を伝えた東郷家の屋敷跡に建っている。示現流の思想や、修行の方法、刀の扱い方などが展示されており、歴史ある文書の展示も行われている。

    ザビエル公園近くに位置する史料館です。薩摩に伝わる示現流兵法剣術は400年余の歴史を有する日本古武道のひとつです。ここでは道場の見学、ビデオ鑑賞で示現流について学びます。また、予約で「立木打」という基本かつ重要な稽古方法を体験できるそうです。

  • 鹿児島市立科学館
    rating-image
    3.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市鴨池2-31-18
    九州自動車道鹿児島ICから車で約15分の科学館。日本で唯一の大型フィルム映写機によるドームシネマ・プラネタリウムをはじめ、自然界の法則、科学技術および宇宙についてわかりやすく紹介してくれる。人力飛行機で桜島上空を飛行できる大型展示装置「桜島スカイサイクル」、弱震から強震までを体験できる「地震体験」、風のエネルギーを身体で感じられる「強風体験」など体感型展示物が多数。親子におすすめの楽しい学びの場となっている。

    科学館て各地にありますが、ここはそんなに楽しくはなかったかなという印象。ほかにすごい良いところありますからね。

鹿児島の主要エリア

around-area-map

頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

鹿児島の写真集

目的から探す