NAVITIME Travel

奄美大島の旅行/観光スポット一覧

  • 土盛海岸
    旅行/観光
    鹿児島県奄美市笠利町土盛
    白い砂浜とエメラルドグリーンの海、やがてコバルトブルーへと色を変えていくグラデーションが格別な土盛海岸。澄んだ青さはその美しさから「ブルーエンジェル」とも称されている。空港からあやまる岬へと向かう途中にあるので、土盛海岸入口の看板を目印に向かおう。岩場に囲まれた場所は遠浅で海水浴を楽しめるが、離岸流により沖に流されることもあるので、十分注意が必要である。
  • あやまる岬
    旅行/観光
    鹿児島県奄美市笠利町須野
  • アマミ観光ハブセンター
    rating-image
    3.0
    33件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県奄美市名瀬長浜町3-15
    奄美空港から車で1時間、昭和49年(1974)に設立された歴史ある観光センター。地下1階、地上2階建ての建物で、ハブの展示やビデオ上映などを行なっている。ハブの危険性を伝えるためにつくられた施設で、ハブの歴史や生態を見て学ぶことができる。ハブ対マングースのビデオ上映のほか、実際のハブの展示や、ハブにのまれた動物たちの標本も展示されている。ハブ皮で作った財布やキーホルダー、ハブの健康食品をはじめとしたお土産品も扱う。

    旅の最後に時間が余ったので行きました。 どなたかが、面白いと書いていたのが気になっていたので思い切って行った次第です。 外観内部共に昭和50年代の雰囲気で、懐かしいです。3階くらいありましょうか。地下にはホルマリン漬けの蛇、蛇飼育スペースなどあります。蛇の繁殖方法が変わっている為下ネタ風に解説しています。生殖器がオスには4つあるようです。それは知らなかったのでまじまじと見てしまいました。1番上の階...

  • 奄美大島紬村
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1945
    バス停「大島紬村入口」より徒歩2分、奄美大島紬の製造工程を見学・体験できる施設。製造工場が併設されており、膨大な手間暇を掛けて作られる大島紬の工程ひとつひとつを、ガイドが丁寧に説明してくれる。見学の他にも、Tシャツや小物類を泥で染めて遊ぶ泥染め体験や、織り体験、着付体験などができる。大島紬を使った、村でしか手に入らない限定商品や大島紬の小物類を取り扱っている売店もあり、和装のみならず洋装に合う小物類も充実している。
  • 原ハブ屋 笠利本店
    お買い物
    鹿児島県奄美市笠利町平字土浜1295-1
    鹿児島県奄美市にあるお土産屋。毒蛇ハブの皮や骨を使った小物を製作しており、手ごろな価格のものから高価なものまでバラエティー豊かなオリジナル製品を展示・販売している。またヘビ使いハブを操るショーも行っており、幅広い年齢層の人々が楽しめる。
  • 油井岳・高知山展望台
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡瀬戸内町油井
    標高約415mにある展望台。古仁屋の市街地が足元に広がっており、「大島海峡」「加計呂麻島」などの景色を望むことができる。また、美しい夕焼けを見られることで知られ、夕方に訪れる観光客も多い。駐車場も完備されており、展望台までは緑豊かな自然に囲まれた遊歩道が整備されている。

    奄美最終日の朝に行きました。瀬戸内町中心部から車で15分くらいで、展望台の駐車場につきました。瀬戸内町周辺では最も高い所にあるので、瀬戸内町と加計呂麻島が見渡せて気分爽快でした。帰路で横転している 車に阻まれて、遠回りして降りましたが。。

  • ホノホシ海岸
    rating-image
    4.5
    72件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋蘇刈
    奄美大島の南端にある海岸。天然の丸石が一面を埋め尽くしており、波にさらわれた石がゴロゴロと音を鳴らす光景を観賞することができる。パワースポットとして有名であり、石を持ち帰ると災いが起こるとされ、石の持ち出しは禁止となっている。また近隣にはトイレ施設付きの駐車場も完備されており、多くの観光客が訪れている。

    道の駅住用から車で40分くらいの海岸です。瀬戸内町中心ぶからは車で15分くらいだと思います。結構大きな駐車場がありましたが、土曜日の16:30頃に行きましたが誰もいなかったです。海に削られた 断崖の岩が印象的な景観でした。

  • 奄美フォレストポリス・マテリヤの滝
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡大和村名音深山塔1476
    福本盆地の約20haの広大な敷地に整備された自然公園。「渓流ゾーン」には、太陽の光が神秘的な雰囲気を放つ「マテリヤの滝」があり、夏期は滝壺で泳ぐこともできる。そのほか「ふれあいゾーン」「水辺のゾーン」と3つのゾーンに分かれており、奄美の森を体感できるスポットとなっている。
  • 西郷南洲流謫跡
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡龍郷町龍郷166
    西郷隆盛が奄美大島での潜居を命じられ、約3年余りを過ごした木造家屋。現在は奄美での妻・愛可那氏の子息が管理する私有地であり、資料館として有料で一般公開されている。家屋内は、西郷隆盛の経歴や直筆の書、愛可那氏の石碑など貴重な品を展示している。そのほか、「勝海舟」が寄せた碑文が彫られた石碑も建てられている。
  • せとうち海の駅
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋大湊26-14
    シーフードレストランなど。 ※料金、サービス内容の詳細等は事前にお問い合わせください。
  • アイランドサービス
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡龍郷町芦徳1369-3
    奄美大島の山や海を舞台に、思いきり遊べるプランを用意した島内総合ガイドサービス。北部龍郷町芦徳の海沿いにあり、アウトドアショップも併設している。人気コースは金作原原生林散策&マングローブカヌーツーリング9800円、マングローブカヌーツーリング2800円。シーカヤックのツアーもおすすめだ。
  • 花ろまん染織工房
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡龍郷町中勝
    国内外の染織りを研究し、独自の作風を築いているのが染織家の安田謙志さん。工房は龍郷町の中勝地区にあり草木染めの体験ができる。染料はシャリンバイ、琉球藍、フクギ、ツワブキなど。ハンカチ1枚1000円-。
  • 愛かな工房
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡龍郷町瀬留字森足原1116
    龍南中学校と龍郷町役場の間にある工房。大島紬の泥染めの伝統工芸士・前田博仁さん、前田則美さんの指導で、泥染め、テーチギ染めを体験できる。所要は2時間ほど。体験のほか販売も行っている。また、平成30年(2018)7月完成予定の宿泊施設も楽しみだ。
  • 夢おりの郷
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡龍郷町大勝3213-1
    大島紬の展示即売のほか製造工程を間近に見学できる。機織りや泥染め、きゅら玉(ガラス玉)細工などの体験1000円-は予約優先。

    大島紬を着用する体験をしました。 外の庭で写真をとってもらいいい思いでになりました。 販売してるのも買いたくなりました。

  • てるぼーず
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    グルメ/お酒
    鹿児島県大島郡大和村国直73
    夏になると海水浴場が開設される、国直海岸に面して立つ工房。国内外でパッチワーク・キルトの個展を開いてきた重照代さんの経営で、ストールなど草木染めの体験ができる。料金は1人2500円-。喫茶コーナーの内容も充実していて、カレーなどが味わえる。

    海岸沿いにあり海を見ながらゆっくりすることができます。海水浴シーズンではなかったのでゆったりとした時間が流れている感じがしました。カフェで利用するならスモモソースがかかったアイスクリームがおすすめです。

  • 島尾敏雄文学碑
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡瀬戸内町押角呑之浦
    小説『死の棘』などで知られる島尾敏雄を讃える碑。終戦の直前、この碑が立つ呑之浦地区には震洋隊の特攻隊の基地があり、その隊長として任に当たっていたのが若き日の島尾敏雄。のちに彼は、発進間際で終戦を迎えたこのときの極限状況の体験を『出発は遂に訪れず』などの作品に著している。文学碑の周囲には遊歩道が整備されている。
  • INAハウス
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県大島郡瀬戸内町大字諸数スリ浜
    生間港近くの瀬戸内に面したスリ浜は、「白い村」とよばれる美しいビーチ。この一角に立つのが、このアートギャラリー&カフェ。地元の作家の絵画などを中心に展示している。オリジナル絵はがき、マリーンスポーツグッズの販売・貸出しのほか、宿泊もできる(要予約、IN15:00-、OUT-10:00)。
  • 奄美市立奄美博物館
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県奄美市名瀬長浜町517
    本土と沖縄の間で独自の歴史と文化を育んできた奄美について、広く学べる。1階の展示は海の文化について。島の生活史上欠かせなかった船や漁具が展示されている。2階は島の暮らしと文化の展示で、昔の生活用具やノロ(神女)の使う祭具が並ぶ。3階は自然についてで、森やサンゴ礁の海をパネルやジオラマで解説。館外には実際に使われていた奄美の古い民家が移築展示されている。所要30分。
  • おがみ山公園
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県奄美市名瀬永田町大字金久字永田字上の岸字配田
    古くから神の山として崇拝されてきたおがみ山の一帯に整備された公園。市街地や港を一望にできる展望広場や、復帰広場が点在する。復帰広場は、昭和28年(1953)に奄美群島が本土に復帰した記念に造られたもの。奄美群島本土復帰記念碑と、復帰運動を進めた泉芳朗[いずみほうろう]の胸像が立っている。遊歩道には亜熱帯植物が植えられていて、散策に最適。遊歩道の入口は大島支庁の横、標高236mの展望広場までは片道約10分ほどだ。
  • 本場奄美大島紬泥染公園
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県奄美市名瀬伊津部勝727
    本場奄美大島紬の工程に欠かせないのが、泥田[どろた]で行う泥染め。名瀬市郊外にあるこの公園は、今では少なくなった泥田を後世に残そうと、プロの染色家が実際に使いながら保存している。泥染めとテーチギ染めが見学できるほか、前日までに予約すれば実際に泥田に浸かっての泥染め体験もできる。料金は人数や時間によって違うが、材料費別で3000円前後が目安。体験時間は2-7時間。

鹿児島の主要エリア

around-area-map

頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

鹿児島の写真集

目的から探す