NAVITIME Travel

鹿児島の高原スポット一覧

  • ヤクスギランド
    旅行/観光
    鹿児島県熊毛郡屋久島町
    安房川の支流・荒川の上流、標高約1,000mの位置から270ヘクタールほど広がる自然休養林である。ヤクスギ林帯を代表するスギやツガ、モミなどの大木を見学するためのコースが4つ設定されており、体力に合わせて大自然を楽しむことができる。50分、80分のコースでは推定樹齢1800年の仏陀杉を見ることができ、屋久島で1、2の高さを争う天柱杉は150分コースで見られる。
  • 上場高原(コスモス園)
    旅行/観光
    鹿児島県出水市上大川内2648番地4
    場所は熊本県と鹿児島県の県境を走る県道118号線沿い。標高500mの高原には広さ約3ヘクタールの公園が広がり、園内には菜の花やアジサイ、コスモスといった花々が植えられている。特に春に咲く菜の花は約10万本、秋のコスモスは約25万本と本数も多い。展望台からは眼下一面にコスモスが広がり、シーズンになると多くの観光客が訪れる観光スポットである。またコスモスのシーズンには地元野菜を販売するマーケットを開催。他にも出水産の牛乳を使ったアイスクリーム作りや石窯を使ったピザづくりといった食育イベントも開催している。
  • 高千穂河原
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市霧島田口2583-12
    高千穂峰の西麓にあり、文暦元年(1234)まで霧島神宮があったところ(古宮址)がある。高千穂峰の登山口でもあり、登山道を兼ねた遊歩道周辺にはミヤマキリシマが群生する。高千穂河原ビジターセンター(入館無料)では、霧島地域の立体模型や高千穂峰頂上からの疑似体験も楽しめるほか、15分間のシアターも上映している。
  • マングローブ原生林
    旅行/観光
    鹿児島県奄美市住用町役勝
    マングローブとは、熱帯・亜熱帯域の海水と淡水が混じりあう場所に生育する熱帯性紅樹。太平洋に面した住用川[すみようがわ]と役勝川[やくがちがわ]が合流するデルタ地帯に原生林が発達している。面積は70万平方m以上に及び、構成している植物はオヒルギ、メヒルギ、サキシマスオウノキなど。オヒルギはここが日本の北限にあたる。原生林を見晴らす展望台と、植物を間近に観察できる遊歩道がある。隣接して黒潮の森マングローブパーク施設がありカヌーも人気だ(電話:0997-56-3355)。
  • 日本一のガジュマル
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡和泊町国頭2904
    国頭小学校の校庭に立つガジュマルは、明治31年(1898)に第一期生が卒業記念に植樹したもの。以来100年余りの時を経て、今では幹回り8m、枝回り22mに成長し、傘を広げたような優しい姿で子どもたちの成長を見守っている。
  • 高峠高原
    旅行/観光
    鹿児島県垂水市

鹿児島の主要エリア

around-area-map

頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

鹿児島の写真集

目的から探す