NAVITIME Travel

鹿児島の神社スポット一覧

  • 霧島神宮
    rating-image
    4.0
    807件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
    建国神話の登場人物である瓊々杵尊を祀る神社。現在の社殿は正徳5年(1715)に建てられたもので、元々は6世紀ごろ高千穂峰と火常峰の間にある背門丘に造られたのが創建とされる。本殿、拝殿などは重要文化財に指定されている。坂本竜馬が新婚旅行で訪れた場所としても有名。桜と紅葉の名所でもある。JR日豊本線「霧島神宮駅」よりバスで10分。

    天気も良かったので、緑の木々と紅葉、社殿がきれいに映えていました。 観光ツアーのバス等が到着するとお参りに列ができることも。 本殿の方から巫女さんたちが出てくるところもタイミングよく見え、雰囲気を味わえました。

  • 照國神社
    rating-image
    3.5
    128件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市照国町19-35
    バス停・電停の「天文館」から徒歩で約5分。鹿児島県立博物館の近くにある神社で、薩摩藩の11代藩主である島津齊彬を御祭神としている。1863年に勅命によって照国大明神の神号が与えられ、その翌年に社殿が完成し、照國神社と称されるようになった。現在も鹿児島県の氏神様として多くの人々の信仰を集めている。7月11日には日の丸の旗を日本の総船印とする案が通り、幕府から発令されたことを記念した「国旗祭」が、7月15日と16日には鹿児島における夏の風物詩「六月燈」の前夜祭と頌徳祭が行なわれる。

    斉彬公を祀った神社ということで荘厳な中にも新鮮な雰囲気のある境内でした。鳥居の近くには資料館が無料公開され斉彬公ゆかりの品々を拝見できました

  • 枚聞神社
    rating-image
    4.0
    48件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県指宿市開聞十町1366
    JR指宿枕崎線「開聞駅」より徒歩約10分の旧国幣小社。主祭神は日本の最高神・大日?貴命(天照大御神)。古くから交通安全、漁業守護の神として信仰を集める。桜並木を抜けた先の境内には千数百年を経た楠の御神木が茂り、薩摩一ノ宮の聖域を保っている。朱塗りの社殿は華やかな佇まい。国の重要文化財に指定された、玉手筥と呼ばれる「松梅蒔絵櫛笥」のほか、琉球から伝わった額や島津家に関する古文書など貴重な品々がある。

    今回の御朱印の旅、鹿児島では最後の「枚聞神社」。 生憎の雨となりましたが、他の神社(新田神社)・神宮(霧島神宮・鹿児島神宮)と違い、駐車場からの距離が近いので気になりませんでした。 晴れていれば境内を周って見たかったのですが、参拝と御朱印を頂いて引き上げました。 雨の日でも何組もの方が参拝に来ていました。

  • 龍宮神社
    旅行/観光
    鹿児島県指宿市山川岡児ヶ水1581-34
    指宿枕崎線「西大山駅」より車で約15分のところにある神社。竜宮伝説発祥の地である長崎鼻のやしろで、豊玉姫(乙姫様)を祀っている。出会いの神様、また家内安全・商売繁盛・航海安全などの守り神として、多くの参拝者が訪れる。竜宮城をモチーフに作られた朱塗りの外観は空と海の青によく映え、南国の風情あふれる雰囲気。好きな貝殻を選んで願い事を書き、それをかめ壺に奉納する竜宮神社ならではの「貝殻祈願」が有名。
  • 鹿児島神宮
    rating-image
    4.0
    83件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市隼人町内2496-1
    鹿児島県霧島市隼人町内にある神社。正八幡宮、国分正八幡、大隅正八とも称し全国正八幡の本宮でもある。神話に出てくる山幸彦(天津日高彦穂穂出見尊)とその后である豊玉比売命が主祭神。創祀年代は神武天皇年間(紀元前660年-紀元前585年)と伝えられるほど歴史は古く、安産成就の神として信仰が厚い。旧暦1月18日を過ぎた最初の日曜日に開催される初午祭は、鹿児島県の三大行事の一つに数えられており、御神馬である鈴かけ馬を先頭に人々が踊りながら参詣する珍しい祭り。

    霧島神宮から鹿児島神宮へ。 時間が16時半に霧島神宮駐車場を出て鹿児島神宮に向かいました。 鹿児島神宮のHPには参拝時間17時までとの記載があり、御朱印を貰うのに間に合うか微妙な時間。 グーグルマップからの車での所要時間34分表示。 カーナビも同様な時間を表示。 鹿児島神宮駐車場に着いたのが16時59分。 巫女さんたちは片付けの最中。 たまたま本殿から出てきた方に尋ねると、御朱印を頂く場所を教えて...

  • 射楯兵主神社
    旅行/観光
    鹿児島県南九州市頴娃町別府6827
  • 益救神社
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦277
    平安時代中頃に編纂された、『延喜式神名帳』にも記されている古社。『日本書紀』には推古天皇の時代に30人の掖玖(屋久)人が都を訪れ、朝廷も掖玖に高官を派遣したとの記述がある。また同じころ、琉球へ向かった中国の隋の使いの水先案内人を掖玖人が務めたとも伝えられている。当時の日本と海外との交易は黒潮の流れと季節風を利用。鎮護国家や航海の安全などを祈るこの神社は、南西諸島の海上交通の際の寄港地として屋久島が重要視されていたことを示すものだ。

    屋久島旅行が安全にできたことの報告と感謝のために訪れました。宮之浦集落の奥まった所にあり、訪れた時はひっそりとしていました。今度は安全祈願のために一番最初に訪れたいと思います。

  • 栖林神社
    旅行/観光
    鹿児島県西之表市西之表
    第19代島主の種子島久基を祭った神社。神社の名は晩年の号「栖林」から。毎年1月11日には、一年の平安を祈念し、直径175cmの大きな的を弓で射る「大的始式」の行事を挙行。
  • 宝満神社
    旅行/観光
    鹿児島県熊毛郡南種子町茎永
    宝満の池のほとりにある神社。創建年代は不明で、遠い昔、多ね国が置かれた時代に、太宰府宝満宮を勧請したともいわれる。祭神は玉依姫。18人の従者を連れてこの地に降臨したと伝えられる神様で、降臨の際に、米の原種の赤米を持参したとか。毎年4月に催されるお田植え祭りでは、社人夫婦の手で、赤米の苗が神社の境内の神田に植えられる。
  • 豊玉媛神社
    旅行/観光
    鹿児島県指宿市岩本
    今和泉島津家の領地である今和泉郷の郷社。豊玉姫命が祭られ、江戸時代には中宮大明神、通称デメジンサーと呼ばれていた。篤姫がココでもらったお札を江戸に上る際、持ち込んだという話も残っている。
  • 南洲神社
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市上竜尾町2-1
    南洲公園には、西郷が眠る南洲墓地や、南洲神社、西郷関連の資料を展示する西郷南洲顕彰館がある。
  • 御崎神社
    旅行/観光
    鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠佐多岬
    九州本土最南端である佐多岬の、ジャングル遊歩道のなかほどにある神社。和銅元年(708年)に創建されたという由緒ある神社。
  • 按司根津栄神社
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡与論町朝戸2418
  • 屋久島大社
    旅行/観光
    鹿児島県熊毛郡屋久島町楠川590-1
  • 河上神社
    旅行/観光
    鹿児島県肝属郡錦江町城元
  • 花尾神社
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市花尾町
  • 開饒神社
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡大和村思勝
  • 旗山神社
    旅行/観光
    鹿児島県肝属郡錦江町城元
  • 宮浦宮
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市福山町福山2437イ
  • 琴平神社
    旅行/観光
    鹿児島県大島郡与論町立長3308

鹿児島の主要エリア

around-area-map

頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

鹿児島の写真集

目的から探す