都城

MIYAKONOJO

薩摩の文化を色濃く残す「肉と焼酎」が有名なエリア

宮崎県南西部、宮崎県宮崎市と鹿児島県霧島市に挟まれた都城市。かつてこの地は鹿児島藩に属していたため、住民は鹿児島弁に近い方言を話したり、薩摩の芸能が伝えられていたりと、薩摩の文化を色濃く残している。また、肉用牛や豚の産出額が日本一で、かつ焼酎の生産が盛んな「肉と焼酎のふるさと」でもある。牟田町や栄町といった繁華街には宮崎牛や芋焼酎を味わえる店も多く、お酒好きにはたまらない。黒霧島で有名な霧島酒造株式会社が運営している「焼酎の里 霧島ファクトリーガーデン」では、工場見学ができるほか、焼酎ソフトクリームなどここでしか味わえないグルメを楽しめる。また、ぜひ訪れたい人気の観光スポットが、「日本の滝100選」のひとつ「関之尾滝」。見どころは幅40m、落差18mの迫力満点の大滝と、滝の上流にある石や岩石の破片が水流により回転して形成された、小さな穴の集まりである甌穴群(おうけつぐん)だ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    高千穂牧場
    乳搾りや乗馬体験が楽しい! 動物を間近で見て触れ合える観光牧場
    さまざまな動物たちがいる楽しい観光牧場。工場見学や乳搾り体験、アイスクリーム手作り体験などを通して、乳製品ができるまでの工程や、牛乳の生産者の取り組みなどについて学ぶことができる。
    高千穂牧場の入場料・駐車料金はともに無料なのがうれしい
  • spot 02
    関之尾滝甌穴群
    規模は世界一!? 今も形成され続けている数千の甌穴群を間近で見る
    関之尾滝甌穴群は宮崎県都城(みやこのじょう)市、関之尾滝の上流にある甌穴群。長さ600m、最大幅80mの規模を誇り、国の天然記念物に指定されている。数千ともいわれる甌穴群を見学し、長い時をかけた自然の営みを感じよう。
    甌穴自体は珍しくないが、関之尾滝甌穴群ほどの規模のものは希少
  • spot 03
    ぼっけもん 霧島鶏料理
    ブランド鶏を使った鮮度抜群の鶏料理
    肉の産出額日本一を誇り、「肉の町」とも呼ばれる宮崎県都城市。雄大な霧島山に囲まれた自然豊かな土地で、きれいな空気と水、オリジナルの飼料を与えられてていねいに育てられた霧島鶏は、肉のしまりが良く独特な臭みを抑えた雌のみの銘柄鶏だ。この店では朝締めの霧島鶏を使い、新鮮だからこそ食べることのできるコリコリした食感の鶏の刺身、深みのある味わいで食べごたえのあるジューシーな炭火焼のほか、和をベースとした揚げ物や煮物、鍋物とバラエティーに富んだ地鶏メニューを楽しませてくれる。また、地元の焼酎をはじめ、鶏料理に合う選りすぐりの日本酒を毎月全国から多数取り寄せていて、酒のラインナップが豊富なのも魅力のひとつだ。リーズナブルな価格で新鮮な鶏の刺身や、宮崎名物のチキン南蛮の御膳がいただけると、ランチタイムでも駐車場がすぐに埋まってしまうほどの人気ぶり。地元客はもちろん、県内外からの客でいつも賑わっている。
    新鮮な霧島鶏を使ったバラエティ豊富なメニューをお酒とともに楽しもう
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    都城市は宮崎空港からは高速道路で約30分の距離にある。車を使わない場合は、宮崎空港駅から電車に乗るか、宮崎空港からバスを利用して、都城駅前まで行ける。

  2. その2

    栄町は都城駅のすぐ南側にあるためアクセス良好だが、牟田町は都城駅からは徒歩約25分と少し離れている。牟田町に行く場合は最寄り駅の西都城駅から約10分かけて歩くか、車を利用しよう。

  3. その3

    「焼酎の里 霧島ファクトリーガーデン」は都城駅より車で約10分。工場見学は要予約で開始時刻は11:00、13:30、14:30の3回。

  4. その4

    関之尾滝へは西都城駅より車で約15分、都城ICより車で約20分。都城駅から高崎観光バスの霧島神宮行きのバスに乗り、関之尾滝で下車してもアクセスできる。

recommend spot

関連記事

記事一覧

宮崎のその他のエリア

+ -
back
open

都城エリア