高千穂・延岡の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 天岩戸神社
    rating-image
    4.5
    387件の口コミ
    旅行/観光
    宮崎県西臼杵郡高千穂町大字天岩戸1073-1
    古事記、日本書紀に記される天岩戸神話を伝え、天照大神が隠れたと言われる天岩戸を御神体として祀る神社。岩戸川を挟んで天照大神を祀る西本宮と東本宮があり、西本宮の社務所で申し出れば、祓い清めた後、天岩戸を直接拝むことができる。また西本宮から岩戸川に沿って10分ほど歩くと、天照大神が隠れた際に八百万の神が協議したと伝えられる洞窟、天安河原がある。

    やはりこちらの神社は、行くべきです。 無料で、神社を案内してくださるツアーもあります。 あと、おみくじはぜひ!

  • 高千穂神社
    rating-image
    4.5
    77件の口コミ
    旅行/観光
    宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1037
    約1900年前に創建したとされる、高千穂郷八十八社の総社。主祭神は、高千穂皇神と十社大明神で、特に農産業、厄祓、縁結びの御利益があるとされる。本殿と所蔵品の鉄造狛犬は重要文化財。毎年11月中旬から翌年2月上旬にかけて行われる神事「夜神楽」が有名だが、日本の神話の中に登場する神々の面をつけた舞手による「高千穂神楽」は、季節によらず、境内にある神楽殿で毎晩20時より行われており、有料で見学できる。

    夜神楽そのものというよりは、夜神楽というものがどういう楽しみ方をするものなのかに興味があり、従前より一度見たいと思っていた。なかなか機会に恵まれなかったのだが、宿で聞くと当日も開催予定で予約なしでも見られるとのこと。さっそく出かけた。 私が知りたかったことは、夜神楽の前の最初の説明であっさり解説されてしまった。でもいいや。自分の勝手な解釈ではなく、そのようなものだということを大手を振って話すことが...

  • 荒立神社
    旅行/観光
    宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井667
    猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと)が結婚して住まわれた地であり、切り出したばかりの荒木で急ぎ宮居を作ったため、この名がついたという言い伝えが残る神社である。このことから縁結びにご利益があるとされる一方、芸の神様とも言われ、多くの芸能人が訪れている。
  • 大御神社
    旅行/観光
    宮崎県日向市大字日知屋1
    伊勢ケ浜の柱状岩に建つ神社。「天照皇大御神 (アマテラススメオオミカミ)」を祭神として祀っており、古くから「日向のお伊勢さま」と呼び親しまれている。地元の人々で舞う「天翔獅子舞」が有名であり、毎年10月の例大祭宵祭りなどで披露され、多くの参拝客が訪れている。
  • くし觸神社
    旅行/観光
    宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井713
    天孫降臨の地として伝えられている神社で、くしふる峰を御神体として祀っている。本来はくしふる山を神体山としていたが、現在は「天津日子番邇々杵命」を主祭神として祀っている。また、毎年10月16日には秋の感謝祭が行われ、神事相撲が奉納される。
  • 延岡市 内藤記念館
    旅行/観光
    宮崎県延岡市南町2-1-8
    延岡市南町2丁目の延岡市役所南別館にある資料館。元は延岡城西の丸跡に整備されていたが、同施設の再整備事業により一時的に現在地に移転。先土器時代からの地域の歴史資料を収蔵し、延岡藩内藤家に伝わる貴重な武具や能面、大正から昭和の生活道具などを展示している。
  • 天真名井
    旅行/観光
    宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井472
    瓊々杵命(ににぎのみこと)降臨の際に、この地に水がなかったため天村雲命(あめのむらくものみこと)が再び高天原に上がり水種を移したと伝わる神話史跡。樹齢1300年を超えるとも言われる欅の根元から、天然水が滾々と湧き出している。湧出する井水は不増不減の神水として今でも信仰を集め、真名井の滝の水源にもなっている水だ。春の高千穂神社、秋のくしふる神社の例祭では御旅所として神輿が安置され、神楽が奉納される。
  • 若山牧水生家
    旅行/観光
    宮崎県日向市東郷町坪谷3
    酒を愛し旅を愛し自然を愛した歌人・若山牧水が中学入学までの多感な幼年期を過ごした生家。弘化2年(1845)、祖父健海によって建築され、当時医院として使われていた面影をそのまま現代に伝えている。当時としては非常に立派な家構えの建物には、牧水が生まれた縁側や囲炉裏など、至るところに家族とともに過ごした佇まいが残っている。昭和41年(1966)に宮崎県の史跡として指定された。
  • 鬼八塚
    旅行/観光
    宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井
    高千穂神社近くのデザイナーズホテル・ソレスト高千穂ホテル前にある塚。高千穂に伝わる伝説「鬼八伝説」で三毛入野命(みけいりのみこと)に退治された鬼八の首塚と言われている。神代の頃、神武天皇の兄・三毛入野命が鵜目姫命(うのめひめのみこと)を助け出すため鬼八(きはち)という鬼を退治した。しかし鬼八は一夜にして息を吹き返したため、首・胴・手足とバラバラにして埋葬したのがこの塚だ。鬼八塚はこの首塚の他、高千穂町内に胴塚と手足塚の計3か所がある。
  • 高千穂町コミュニティセンター 歴史民俗資料館
    旅行/観光
    宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1515
    昭和61年(1986)開館の複合社会教育施設。高千穂に残された神話・伝説の史跡や古代遺跡古文書、民俗文化財など約1万点の文化遺産を保管展示している。神話の町といわれる高千穂には、国指定重要無形民俗文化財に指定された夜神楽をはじめ数多くの文化遺産が残されている。館内ではこうした文化財をはじめ縄文時代の遺跡出土物や戦時中の遺産などを展示しており、流れてきた時間を感じることが可能だ。
  • 椎葉厳島神社
    旅行/観光
    宮崎県東臼杵郡椎葉村下福良1822
    村を見渡す小高い丘に鎮座する神社。古くは厳島大明神と呼ばれ、交通安全、厄除け、女の神様として崇敬されていた。宗像三女神の一柱・市杵島姫命と天照大神の弟・素盞鳴命を祀っている。現在の社殿は平成8年(1996)、氏子崇敬者によって新築改修されたもの。古くは壇ノ浦の戦いで破れた平家一門討伐の命を受けた那須大八郎宗久が、平家残党の姿を哀れんで平家尊々の安芸の宮島、厳島神社の守護神を勧請し建立したものと言われている。
  • 椎葉民俗芸能博物館
    遊ぶ/趣味
    宮崎県東臼杵郡椎葉村下福良1822-4
    椎葉村役場から車で3分ほどの距離にある博物館。地上4階、地下1階からなる古民家風の施設内で椎葉村に受け継がれてきた儀礼や慣習、民俗文化に関する資料を展示している。本博物館は椎葉村の民俗文化に触れるだけでなく、全国で初めて広く九州やアジアの民俗芸能を取り上げた専門博物館。全解説文に英文訳を、大項目には英語・中国語・ハングルを記しているのが特徴だ。神楽やひえつき節の里として知られる椎葉村の民俗芸能や人々の日常生活に触れることができる。
  • 西の正倉院・百済の館
    遊ぶ/趣味
    宮崎県東臼杵郡美郷町南郷神門62-1
    奈良正倉院の同一品を含む貴重な文化財が存在したことから建設された博物館。宮内庁の協力により、奈良正倉院の設計図通り寸分の違いもなく再建されている。建物内には奈良東大寺大仏殿の台座から出土した銅鏡と同一品である「唐花六花鏡」を展示。古より伝わる百済王族の歴史に触れることが可能だ。隣接する「百済の館」は古都・扶餘の王宮跡に建つ客舎をモデルに原寸大で復元したもの。百済時代の国宝や重要文化財のレプリカなどが展示されている。
  • 黒田の家臣
    旅行/観光
    宮崎県日向市日向岬
    細島港にある史跡。江戸時代後期の文久2年(1862)、京都伏見で起きた「寺田屋騒動」によって捕らえられた黒田藩士・海賀宮門をはじめとする志士3名が護送途中に惨殺され、遺体が漂着したのがこの地とされている。遺体を発見した住民が墓碑を建てて供養した地とも言われており、今も小島には3名の墓碑が佇んでいる。干潮時には半島と陸続きになるため、古島まで歩いて渡ることが可能だ。
  • 日本海軍発祥之地碑
    旅行/観光
    宮崎県日向市美々津町
    「美々津重要伝統的建造物群保存地区」の北側に位置する、神武天皇お船出の地として有名な地域。その伝説から神武天皇御進発の聖地という意味を込め「日本海軍発祥の地」と言われている。立磐神社の入り口に立つ碑は、時の内閣総理大海軍大将・米内光政の揮毫により記されたもの。高さ10mを超える巨大な石の塔の前には近代艦船の錨が展示されている。
  • 若山牧水記念文学館
    旅行/観光
    宮崎県日向市東郷町坪谷1271
  • 日向市歴史民俗資料館
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    宮崎県日向市美々津町3244
    幕末期に建てられた廻船問屋・河内屋を復元した資料館。中庭や蔵など当時の商家をそのまま再現しており、市指定の有形文化財に登録されている。考古・歴史・民俗の3部門に別れており、それぞれの部門で日向市の歴史や民俗に関する資料を収蔵・展示。大福帳やそろばん、文机など商家らしい道具類も多数所蔵している。東九州自動車道・日向ICからは車で20分ほど。

    日向市歴史民俗資料館は入場料オトナ220円が必要な日向市の資料館で、内部には歴史、民族、考古学に関する展示や美々津での人々の暮らしぶりを感じさせる民具があります。 資料館自体は江戸時代の廻船問屋の河内屋の建物を利用していて、その内部の見学も面白い所です。美々津の町さんぽの前に事前学習として訪れるには良いところだと思います。

  • 美々津軒
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    宮崎県日向市美々津町3328
    明治時代初期の商家・旧矢野家を修理復元した建造物。伝統の文化と街並みが残る「美々津重要伝統的建造物群保存地区」の一画で、当時の趣を残した商家を一般公開している。虫籠窓や京格子、通り庭風の土間に代表される、京都や大阪の町家造りを取り入れた建築様式が特徴。現在は「新ひむかまちづくり塾」として各種講演会や講座を開催しているほか、研修施設や歴史体験の場として利用することもできる。

    美々津軒は明治17年(1884年)に建築された廻船問屋の矢野家を修復し、美々津の歴史を学ぶ実践の場として提供されている場所。 美々津軒の案内人は矢野家の子孫であり、この廻船問屋の中でかくれんぼをしながら子供時代を過ごしたという女将さんです。 建物内には明治時代から伝わる生活用品などが展示されていて、女将さんからお話を聞くのがお勧めで、廻船問屋ならではの家の構造や、女将さんが子供の頃に体験した生活...

  • 高千穂八大龍王水神社
    旅行/観光
    宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸6521
  • 秋元神社
    旅行/観光
    宮崎県西臼杵郡高千穂町向山6781

宮崎の主要エリア

around-area-map

温暖な気候が魅力の宮崎県は、県内にある「宮崎空港」が三大都市圏と直行便でつながっている、アクセスしやすい観光地です。東京から出発した場合、約1時間50分で到着します。 国の名勝でもある絶景スポットは、阿蘇山の溶岩によって作られた「高千穂峡」です。これは五ヶ瀬川にかかる峡谷で、天然記念物に指定されています。峡谷の断崖からは「真名井の滝」が流れ落ち、とても涼しげな景観を作っています。 ほかにも太平洋の崖の中にある「鵜戸神宮」や、仏説庭園である「妙国寺庭園」など、歴史文化を学べるスポットが数多くあります。 宮崎は、宮崎牛や宮崎地鶏など、ブランド肉が有名な県でもあります。特に宮崎地鶏を使ったチキン南蛮は宮崎発祥の料理なので、ぜひ味わいたいところです。温暖な気候なので南国のフルーツであるマンゴーも良く育ち、名産品の一つです。また、宮崎焼酎や宮崎ワインと言ったお酒も有名なので、お酒が好きな方も楽しめる観光地です。

宮崎の写真集

目的から探す