八代・宇城・上益城

YATSUSHIRO / UKI / KAMIMASHIKI

世界遺産の港や城下町が魅力。お酒好きにはうれしいビール工場も

九州のほぼ中央に位置する八代(やつしろ)市、宇城(うき)市、上益城(かみましき)郡。このエリアには「八代の城下町」や「松合土蔵白壁群」などの情緒あふれるスポットや「サントリー九州熊本工場」などの多彩な見どころがある。はずせないのが世界文化遺産の「三角西港」だ。1887年(明治20)に開港した港で、石積埠頭など当時の施設がほぼそのままの姿で残っている。港では、小泉八雲も訪れ、現在はカフェ・資料館となっている「浦島屋」にぜひ足を運んでみよう。また、八代市の「八代城跡」とそのすぐ近くにある旧八代城主・松井家の茶屋跡「松浜軒」も訪れたい。松浜軒の資料館には、宮本武蔵ゆかりの品も展示されている。お酒好きには「サントリー九州熊本工場」もおすすめだ。ビールの製造工程を見学したあとには試飲もできる。工場内のファクトリーショップではここでしか買えないグッズが販売されている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    八代城跡
    八代市の中心にあり、美しい石垣と堀が残る歴史公園
    熊本城とともに一国二城体制で熊本藩を支えた八代城。その城跡には、今も天守台・本丸跡の石垣や堀などが残っており、本丸跡には南北朝時代の皇子を祀った神社もある。桜の名所やお堀舟巡りでも知られる公園だ。
    幅広い掘に囲まれた城跡。天気の良い休日には「お堀舟巡り」の観光客で賑わう
  • spot 02
    水島と龍神社
    不知火と呼ばれる自然現象を見られる由緒ある小島
    球磨川(くまがわ)の河口にある水島は長い歴史をもち、不知火(しらぬい)と呼ばれる自然現象とともに国の名勝に指定されている。また、そのすぐ隣には龍神を祀る小さな社がある。
    東西約93m、南北約37mの水島
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    三角西港では有料でガイドも申し込める。歴史的な背景などに関する案内をガイドから受けながら散策すれば、より深く三角西港を理解できる。

  2. その2

    八代城跡は桜の名所で、春には約200本のソメイヨシノが咲き誇る。桜の季節に訪れたら、天守跡からの眺めを楽しんでみよう。

  3. その3

    「松合土蔵白壁群」は宇城市の古くからの港町・松合地区にある、白壁の土蔵の街並み。タイムスリップしたかのような情緒あふれるスポットだ。三角西港から不知火海沿いに約30分の位置にある。

  4. その4

    サントリー九州熊本工場で工場見学をするには予約が必要。インターネットまたは電話で予約をしよう。当日でも事前に電話での問い合わせが必須。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

熊本のその他のエリア

+ -
back
open

八代・宇城・上益城エリア