熊本市内

KUMAMOTO CITY

熊本駅と中心部が離れていることを知って上手なスケジュール作りを

熊本市内観光の玄関口は「熊本駅」。2011年(平成23)の九州新幹線開通以降、在来線の高架化とともに再開発された駅構内や隣接商業ビルには、土産物店や飲食店などが充実しており、2019年(平成31)には建築家安藤忠雄氏デザインのモダンな駅舎も完成した。しかし、一帯にはいくつかのホテルのほかは、見どころのようなものはほぼない。熊本市の中心部は直線距離で2kmほど北西の「熊本城」周辺。熊本市随一の繁華街「上通(かみとおり)」「下通り(しもとおり)」と、これを繋ぐ「新市街」、主要な見どころのほとんどもこちら側にある。そのため、観光には駅からの移動が必須だが徒歩ではやや距離がある。一般的な手段は路面電車「熊本市電」で、駅前から「熊本城・市役所前」まで17分ほど。その路線の延長上には名勝「水前寺公園」があり、さらに18分ほどで行ける。また、駅と城の間に位置する「新町・古町」地区は、城下町の雰囲気が残ることで知られている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    熊本市電
    熊本市民に愛され続け、間もなく100周年を迎える路面電車
    熊本市は路面電車の行き交う街。レトロからモダンまでさまざまなタイプの車両が走り、市民の足となっている。沿線には熊本城などの見どころが多く、観光客にとっての利用価値も高い。お得な一日乗車券を使って楽しむことも可能だ。
    市内の主要スポットを結んでおり利便性は抜群だ
  • spot 02
    熊本城稲荷神社
    商売繁盛、家内安全、恋愛成就も叶えてくれるという熊本の守り神
    熊本城内東側に鎮座し「白髭(しらひげ)さん」の名で親しまれている。熊本城と城下町の守り神として創建され、400年以上もの歴史をもつ。2月の初午大祭をはじめ、市民の生活に密着した祭事が行われ、一年を通じて多くの参拝客で賑わう。
    熊本城稲荷神社の鳥居と本殿
  • spot 03
    加藤神社
    復興中の熊本城を間近に見られる加藤清正公を祀る神社
    熊本城の本丸にあり、熊本発展の礎を築き市民に「せいしょこ(清正公)さん」と呼ばれ親しまれる加藤清正を主祭神とする神社。大地震からの復興で今なお限定的な公開である熊本城の天守を境内から間近に望める。
    白い大鳥居が目をひく
  • spot 04
    熊本市現代美術館
    誰もがクリエイターになれるアートな空間が広がる施設
    買い物や通勤通学の祭に気軽に立ち寄り、年齢や性別すべてに関係なく誰でもが気軽にアートにふれながら過ごせる新しい試みの美術館。多彩な企画展が行われているメインギャラリー以外はすべて無料の施設だ。
    アーケード街に面した建物入り口。3階が熊本市現代美術館
  • spot 05
    上通パビリオン紅蘭亭
    80年以上の歴史をもつ熊本のソウルフード「太平燕」が自慢の名店
    熊本市民のソウルフード「太平燕(たいぴーえん)」は、春雨のスープにエビ、イカ、豚肉、野菜など具をたっぷり入れ、揚げ玉子を載せたもの。戦前に中国福建省の郷土料理がアレンジされて根付き、今や学校給食にも採用されている。市内の中華料理店であれば必ずといっていいほどメニューにあるが、1934年(昭和9)創業の中国料理レストラン紅蘭亭が名店として知られている。紅蘭亭の本店は、熊本随一の目抜き通りである下通(しもとおり)にある。一方、上通パビリオン紅蘭亭は、建物の3階部分までがアーケードとなっている熊本きってのオシャレ繁華街の上町(かみとおり)にあり、400mほどの通りのなかでとりわけ目立つ「太平燕」と書かれた大きなのぼりが出ているのですぐわかる。こちらはよりモダンな雰囲気で、若者を中心に人気だ。いずれもランチタイムは順番待ち必至の行列となるので、早めか遅めの時間帯の利用がおすすめ。紅蘭亭の太平燕は凝縮したうまみたっぷりながら、さっぱりとしたあと味で、お腹が空いていればおかわりがしたくなるほど。
    太平燕と酢排骨(酢豚)がセットになった中華定食は大満足のボリュームで、価格も1270円とリーズナブル
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    鉄道が乗り入れていない阿蘇くまもと空港から熊本市内までは、空港リムジンバスの利用がおすすめ。空港からは水前寺公園や熊本城周辺の停留所を回ってから熊本駅に向かうため、観光予定や宿泊ホテルに合わせて途中で降車するとよい。

  2. その2

    熊本駅から熊本城へは、熊本城周遊バス「しろめぐりん」に乗れば約30分。ガイドアナウンスを聞きながら市内の見どころを結ぶ観光路線バスだが、直接城へ向かうのであれば市電利用のほうが断然早い。

  3. その3

    熊本駅から繁華街である下通・上通界隈とは少し離れているため、バスや路面電車を使うのが便利。下通、上通のアーケードは市電「通町筋」下車してすぐ。

  4. その4

    宿の場所は熊本駅周辺か下通、上通周辺を目的に合わせて選択するのがおすすめ。翌朝早くに市外へ移動するような場合は駅周辺、市内を観光した後に夜も楽しみたいなら下通、上通付近がおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

熊本のその他のエリア

+ -
back
open

熊本市内エリア