諫早・大村

ISAHAYA / OMURA

海に囲まれた自然豊かな都市で、アクセス抜群の長崎県の玄関口

長崎県の中央部に位置する諫早市。有明海、橘湾、大村湾の3つの海に面し、一年を通して温暖な気候で冬の積雪も少なく、四季折々の豊かな自然に恵まれている。古くから地理的な特性を生かし交通の要衝として発展し、人口も多い。隣接する大村市には長崎空港があり長崎県の玄関口となっている。諫早市内中心部から国道207号を佐賀方向に向かうと、さまざまな果物をかたどった「フルーツバス停」が現れる。1990年(平成2)に開催された長崎旅博覧会で訪れる人々を和ませるために設置され、現在ではSNS映えするスポットとして人気だ。また、高城(諫早城)の城跡が諫早公園になっており、公園一帯が国指定天然記念物に指定、「日本の歴史公園100選」にも選ばれている。この公園には、樹齢600年を超すクスノキの大木や国指定の重要文化財である眼鏡橋があり、歴史を感じさせる場所にもなっている。大村市の玖島城跡(くしまじょうあと)にある大村公園は、「日本の歴史公園100選」や「日本さくら名所100選」に選ばれ、花の名所として知られている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    フルーツバス停
    フルーツの形をしたカラフルなバス停が大人気!
    諫早市小長井地域に設置されたフルーツバス停が話題だ。イチゴやメロンなど、大きなフルーツの形をしたバス待合所が16基あり、休日ともなると、かわいらしいバス停を写真に収めようと多くの人が訪れる。
    有明海に面した井崎バス停はメロン型。対向車線にはイチゴの待合所がある
  • spot 02
    諫早公園
    「日本の歴史公園100選」に選ばれた、国の天然記念物の公園
    城があった丘陵を整備した公園で、豊かな自然が魅力。「疏水100選」に選定されている小野用水が流れ、美しい眼鏡橋が池に架かる。丘全体を覆う天然林には貴重な樹木が多く、国の天然記念物に指定されている。
    公園は整備がよく行き届いていて、ゆっくり過ごすことができる
  • spot 03
    諫早眼鏡橋
    日本で初めて国の重要文化財に指定された石橋
    諫早公園の池に架かる石橋で、もとは公園の北を流れる本明川にあったもの。毎年のように氾濫する本明川に架けるため、永久に流されない堅固な石橋として1839年(天保10)に造られた。長さ49.25m、幅5.5mで、現存する江戸時代の二連アーチ式石橋では日本一の規模であり、「永久不壊の橋」として一度も流失することはなかった。しかし、1957年(昭和32)の集中豪雨後の河川拡幅改修工事にともない、諫早公園に移設されることになる。その後、1958年(昭和33)に石橋として初めて国の重要文化財に指定された。市民の憩いの場としても知られており、4月初旬-5月初旬に開催される「諫早つつじ祭り」の時期は、約3万株のツツジに囲まれてライトアップされた姿を楽しむことができる。また、隣接する高城公園には5分の1サイズの「ミニ眼鏡橋」もある。眼鏡橋移設の際に実験のために作られた模型だ。こちらもぜひ行ってみたい。
    180年以上もの歴史がある諫早眼鏡橋。二連アーチ式の石橋だ
  • spot 04
    白木峰高原
    菜の花とコスモスの名所は、360度自然を感じる癒やしスポット
    長崎県諫早市(いさはやし)にある高原。思わず走り出したくなるような歩道を降りていくと、海を背景にした広大な斜面が広がる。春には約10万本の菜の花と桜、秋には約20万本のコスモスが咲き誇る絶景スポットだ。
    標高約350mの丘陵からは、諫早平野の向こうに諫早湾と雲仙などの山々まで見晴らせる
  • spot 05
    大村公園
    歴史と美しい花々が共鳴する、長崎屈指の自然公園
    1599年(慶長4)大村藩初代藩主・大村喜前(よしあき)が築城してから12代純熈(すみひろ)まで、270年余り居城だった玖島城(くしまじょう)のあった場所。桜とハナショウブの名所で、遠くからも見物客が訪れる。
    常夜燈を模した入り口の碑にも情緒がある
  • spot 06
    野岳湖
    美しい自然と楽しいアクティビティで休日を満喫
    江戸時代に捕鯨で財をなした深澤儀太夫が、私財を投じて築いた人造湖。自然豊かな湖の周辺ではキャンプやBBQ、サイクリングなどさまざまなアクティビティを楽しめる。家族や仲間と自然に癒やされる一日を過ごそう。
    「ため池百選の地」に選ばれている周囲4kmの野岳湖。湖全体が多良岳県立自然公園のなかにある
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    諫早市内はJR線、島原鉄道が通っていてアクセスが良い。さらに2022年(令和4)九州新幹線西九州ルートが開業予定で、停車駅である諫早市駅周辺は再開発が進んでいる。

  2. その2

    長崎県の眼鏡橋は長崎市の中島川に架かるものが有名だが、諫早公園の眼鏡橋は1958年(昭和33)に石橋としては日本で最初の重要文化財に指定された。

  3. その3

    3月下旬から6月下旬の大村公園の「おおむら花まつり」期間中は、日没から23時までライトアップが行われ、多くの花見客で賑わいを見せる。

recommend spot

関連記事

記事一覧

長崎のその他のエリア

+ -
back
open

諫早・大村エリア