長崎の通りスポット一覧

  • 長崎新地中華街
    旅行/観光
    長崎県長崎市新地町
    横浜中華街、神戸南京町と並び日本三大中華街と称される中華街。東西南北あわせて250mの十字路には約40軒の店が軒を連ねており、通りの石畳は、長崎市の姉妹都市である福建省の協力でできたものである。そして長崎の郷土料理といえば、ちゃんぽんと皿うどん。ここ新地中華街では、それぞれの店の個性溢れるちゃんぽんと皿うどんをいただける。異国情緒たっぷりの中華街を散策しながら、様々な味のちゃんぽんや皿うどんを味わおう。
  • 龍馬通り
    旅行/観光
    長崎県長崎市寺町-風頭町
    長崎市寺町の深崇寺近くから長崎市風頭町の風頭公園に至る通り。坂本龍馬と亀山社中の同志たちが行き来していた道とされ、「龍馬のぶーつ像」や、資料展示も行う「亀山社中跡」などの坂本龍馬ゆかりのスポットがある。
  • 武家屋敷通り
    旅行/観光
    長崎県五島市武家屋敷
    福江空港から車で約5分、福江港から徒歩で約10分。福江城跡の南西にある通りで、武家屋敷がずらりと並んでいた時代そのままの風景が色濃く残されているのが特徴となっている。特に目を引くのはまるで城のような石垣塀で、こぼれ石と呼ばれる丸い小石を積み重ねて周りを蒲鉾型の石で固めたもの。物々しく感じる門構えとともに、他では見られないと高く評価されている。福江文化会館や五島観光歴史資料館など、五島の文化に触れられる施設が揃う。
  • アルコア中通り
    お買い物
    長崎県長崎市本古川町-紺屋町
    長崎市の中島川と寺町通りの間に位置する商店街。長崎で最も長い歴史を誇る商店街で、その起源は江戸中期にまでさかのぼる。一番街から六番街まで続く通りに食料品や衣服、雑貨などの専門店や飲食店が軒を連ね、国の重要文化財指定の「眼鏡橋」から徒歩1分でアクセスできるなど、観光地からも立ち寄りやすい。

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す