長崎の水族館スポット一覧

  • 長崎ペンギン水族館
    遊ぶ/趣味
    長崎県長崎市宿町3-16
    地球上に生息する18種のペンギンのうち、半分の9種、約180羽のペンギンが飼育されている水族館。キングペンギン、マカロニペンギン、ジェンツーペンギンなど、個性あふれるペンギンを一度に見られる。エサやりや触れ合い体験も可能。その他にも、長崎の里山を再現した「ビオトーブ」では四季折々の植物や生き物が見られる。
  • 九十九島水族館海きらら
    遊ぶ/趣味
    長崎県佐世保市鹿子前町1008
    長崎県佐世保市鹿子前町にある水族館で、多様な生態系をもつ九十九島の海を再現した展示に力を入れている。陽の光がきらきらと差し込む「九十九島湾大水槽」は、約120種・13,000匹もの魚たちが泳ぐ水族館の目玉。幻想的な光の中でゆらゆら漂うクラゲに癒される「クラゲシンフォニードーム」、イルカのもつ能力を紹介するプログラムなど、見どころが多い。
  • 九十九島水族館海きらら
    遊ぶ/趣味
    長崎県佐世保市鹿子前町1008
  • 九十九島パールシーリゾート九十九島水族館海きらら
    遊ぶ/趣味
    長崎県佐世保市鹿子前町1008
  • むつごろう水族館
    遊ぶ/趣味
    長崎県諫早市小野島町2232
    「諫早ゆうゆうランド干拓の里」内にある水族館。干拓地の水田を潤す本明川と、その水が注ぎ込む有明海に生息する生物を展示。スロープに沿って、源流の滝から渓流、中・下流、有明海へと流域ごとに分類された水槽が並ぶ。スロープの先には国内最大級となる直径5m干潟水槽が設置されており、ムツゴロウやトビハゼなどの干潟の生き物たちを観察できる。

長崎の主要エリア

around-area-map

長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。

長崎の写真集

目的から探す