NAVITIME Travel

有田・伊万里のショッピングスポット一覧

  • 伊万里鍋島焼会館
    お買い物
    佐賀県伊万里市大川内町大川内山乙1806
    伊万里鍋島焼協同組合に加盟する24軒の窯元の陶磁器を展示、販売している。伊万里市大川内山は江戸時代、佐賀藩(鍋島家)の御用窯が置かれており、今では「秘窯の里」とよばれる焼き物の町。ここでは作品が窯元別に展示されているので、それぞれの特色がよく分かる。喫茶スペースも併設され、鍋島焼のカップでコーヒーなどを飲むことができる。
  • ARITA PORCELAIN LAB(アリタ ポーセリン ラボ) 旗艦店
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町上幸平1-11-3
    西松浦郡有田町上幸平1丁目にある焼き物店。創業1804年の窯元「弥左ェ門窯」が手がけるブランド「ARITA PORCELAIN LAB」の旗艦店で、伝統技法を活かしつつ、現代のライフスタイルに合わせてデザインされた有田焼の食器を販売。地元の食材を使った料理をブランドの食器で提供するカフェも併設。
  • ギャラリー有田
    rating-image
    4.5
    47件の口コミ
    グルメ/お酒
    佐賀県西松浦郡有田町本町乙3057
    西松浦郡有田町本町乙の国道35号線沿いにあるカフェ。有田名物「ごどうふ」の御膳や、有田焼の器を使ったご当地グルメ「有田焼五膳」、伊万里牛のステーキやハンバーグ、カレー、ティータイムにはアイスをトッピングしたパンケーキやトーストなどのメニューも提供。ホットドリンクは店内にディスプレイされた2,000客ものコーヒーカップから好きなものを選んで楽しめる。

    有田駅から5分強程度の場所にある、ギャラリー兼喫茶店。早めの夕食(17時すぎ)として、気になってた、ごどうふ御膳をチョイス。品数も多くヘルシーで美味しいです。コーヒーとデザート的にごどうふを食べている方も多かったです。

  • 深川製磁本店
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町幸平1-1-8
    日本ではじめて磁器が作られた町、有田。17世紀以降、「有田焼」は佐賀鍋島藩の重要な産業として海外にも数多く輸出され、「古伊万里」と呼ばれ世界中で愛されてきた。その有田でひときわ世界への思いを強くし、器作りを美しい文化へ昇華させ、明治27年(1894)に深川製磁を創立した深川忠次が世界中からのお客様を迎える為に建てられた「深川製磁本店」。スクラッチタイルの外壁を持つ建物には、モザイクの床やステンドグラス等、今尚随所に明治・大正期の貴重な雰囲気を残している。本店二階にある参考館では、深川製磁の明治モダンあふれる名品の数々を見学することが出来る(要予約)。現在、本店建物と参考館の所蔵品は近代化産業遺産群に認定されている。
  • 鍋島御庭焼
    お買い物
    佐賀県伊万里市大川内町乙1822 -1
    伊万里市大川内町乙にある窯元。江戸時代から明治にかけて鍋島藩の御用窯が置かれた大川内山地区にある窯元の1つで、鍋島藩御用窯の唯一の直系の窯元として知られている。作品の裏側などに施される杏葉の紋は鍋島藩から唯一使用を許されたもの。
  • 香蘭社 有田本店
    rating-image
    4.0
    27件の口コミ
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町幸平1-3-8
    明治8年(1875)に創立された陶磁器メーカーで、世界各国で受賞歴をもつ有田焼の名窯。白く硬い生地に華麗な文様を施した同社の製品は、「香蘭社スタイル」とも呼ばれ高い評価を得ている。ショールームでは、同社を代表する美術工芸品から宮内庁の御用品などを展示しているほか、万年筆や食器など日用の商品を多数販売。ワンランク上のお土産や贈り物を探す場としても利用できる。

    展示品もとても美しくて見惚れてしまいました。ゆっくり時間をかけてみることが出来ました。あまり焼き物に詳しくない私にも店員さんは優しく声をかけてくれました。 母に小鉢を2つと自分に1つ購入しました。

  • 瀬兵窯 SHOP陶筥
    お買い物
    佐賀県伊万里市大川内町乙1982
    佐賀県伊万里市にある伊万里焼の窯元直営ショップで、「伊万里からの新しい風」をテーマにした多彩な商品を販売している。店内には、伊万里焼・鍋島焼の新作から日常使いの食器、高級品まで幅広く揃っており、家庭で使いやすい白を基調とした器が多い。併設のカフェでは、コーヒーやスイーツを瀬兵窯の器で楽しむことができ、散策の合間の休憩にも気軽に利用できる。※カフェは現在営業休止中(平成29年(2017)4月時点)
  • ノリタケファクトリーアウトレット伊万里
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    お買い物
    佐賀県伊万里市東山代町長浜120-3
    明治9年(1876)ニューヨーク6番街で開業した小さな雑貨店がはじまりと謂われるノリタケ。やや青味がかった白磁や、柔らかなぬくもりを感じる乳白色が印象的なボーンチャイナなど、ノリタケの食器のアウトレット製品が購入出来る。最寄りは松浦西九州線 東山代駅。

    ナビを頼りに訪ねましたが古びた工場に到着。おかしいなと思ったらアウトレットの案内が出ており工場の奥へ進むとひっそりとありました。中は広く沢山のアウトレット品がテーブルに並べてあります。あれこれ物色しながら見て回りました。ノリタケのブランドイメージとアウトレットとはいえお店の雰囲気・工場のイメージはギャップがありましたがよい買い物ができました。

  • アリタセラ/Arita Sera (旧有田陶磁の里プラザ)
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙2351-170
    日用食器はもちろん、贈答品や営業用食器、高級美術陶磁器に至るまで、ありとあらゆる陶磁器を取り扱う有田焼専門のショッピングモール。2,000坪もの広さを誇る施設内には200m余りの中央道路を挟んで、22の店舗が軒を連ねている。休憩所やレストランもあり、休憩を挟みながらゆっくりと買い物を楽しむことができる。全館バリアフリーで、車椅子やベビーカーでも利用しやすい。
  • 星の谷窯ギヤラリー
    遊ぶ/趣味
    佐賀県伊万里市大川内町丙正力坊360-1
    大山に窯を構える椋露地[むくろじ]氏のギャラリーで、大川内山から少し離れた自然豊かな高台に位置する。70年以上前の民家を改築し、ライトダウンされた店内は、ジャズが流れるお洒落な空間だ。一緒に暮らす2匹の猫をモチーフに、ひとつひとつ手書きされた作品は、そばに置いておきたい魅力がある。マグカップ3000円-。
  • 伊万里陶苑ショールーム
    遊ぶ/趣味
    佐賀県伊万里市大川内町大川内山
    大川内山入口にある陶磁器メーカーのショールーム。1階にはデザイナー創作の作品がズラリ。2階は片岡鶴太郎工藝館で、書や絵に加え、氏が惚れ込んだ伊万里陶苑の窯で作成した焼き物も展示している。20年前にデザインされながらも新鮮な印象の痴陶人作「ぶどう絵」シリーズや、グッドデザイン賞受賞の岡本榮司作の三島19cmボール7875円も展示・販売。これらの作品は縁以外の側面もカンナで削り、手間をかけ手触りを良くした「用の美」を追究した逸品だ。
  • 古川陶磁器
    お買い物
    佐賀県伊万里市伊万里町甲427
    伊万里市中心部にある明治時代創業の老舗陶磁器店。3代目の主人自ら窯元と相談しながらオリジナルブランド(伊万里コレクション)の製作もしている。扱う作品の中で関東方面を中心に人気なのは、女性陶芸家・七種麗子[さいくされいこ]のオリジナル作品。絵付けから窯入れまですべて一人で作る一珍技法は若い女性に人気。店頭に並べるとすぐ売れてしまうので注意。英語・広東語(香港)のできる従業員がいる。
  • 長春青磁陶窯
    お買い物
    佐賀県伊万里市大川内町大川内山乙1973
    官窯が置かれていた藩政時代から受け継がれてきた、鍋島青磁を焼く窯元。大川内山のみに産出する青磁鉱石[せいじこうせき]を掘り出し精製した釉薬をかけて焼き上げた青磁は、長春窯だけでしか手に入らない貴重な品。シンプルな形は、光のあたり具合で落ち着いた飽きのこない優雅な色調。本青磁独特の味わいが楽しめる。
  • 岩永浩工房
    遊ぶ/趣味
    佐賀県西松浦郡有田町南原甲286-2
    江戸中期の陶片(陶磁器の破片)や有田に伝わる古典柄などをヒントに、現代風のアレンジを加えた器つくりを行う窯元。自宅兼ギャラリーには、「食器しか作らない」という岩永氏のこだわりの作品が並ぶ。「器を見た時に盛りたい料理がイマジネーションできるような楽しい器つくり」が信念だ。
  • けいこう窯
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町南山丁469-10
    自然に囲まれた上南山地区にある女流陶芸家・岡部美智子さんの窯。モチーフは、ドクダミの花やタンポポなど素朴で身近なものが多い。「犬と散歩途中にスケッチしながらイメージを膨らませるんです。草花が私を描いてって語りかけてくるような気がするんですよ」と語る岡部さんの作品は呉須の染付のみ。「同じ主婦のための食器を」という思いから軽さや持ちやすさにもこだわった食器が多い。
  • 田中陶器店
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町上幸平1-7-3
    「生産数が少ない分いいものも多い」と語る店主の田中氏が、自ら窯場で見つけた作品が並ぶ店。伝統的な有田焼にこだわらず、陶芸家が一人でやっているような小さな窯元の作品が中心。湯のみ800円-、飯碗800円-。「手ごろでいいものをなるべく揃えています。若い作家でもいい値段のものはありますが、それに匹敵するものがあるとですよ」と笑う。有名な名前だけで作家を選ばず、作品で選んだ品は、購入するだけの価値があるはずだ。
  • うつわ処けいざん
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町幸平1-1-3
    染付が特徴の窯元である、渓山窯の直営ショップ。皿やコーヒーカップなど食器中心の品揃えで女性に人気。例えば皿などは、同じ大きさで柄違いがたくさんあり、食卓で使い勝手がよいものが揃う。蕎麦猪口の種類も豊富で現在120種類を常設。また、絵付の体験もできる。徒歩2分の場所には工房があり、見学も可(要事前連絡)。
  • 工房陶滋
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町中樽2-15-25
    有田では珍しい陶器を焼く、濱田高滋氏の窯に併設されたギャラリー。土味を生かした温かみのある作品が人気で、アイボリー調の粉引に伝統の絵柄をアレンジした赤絵や染付が映える。マグカップやフリーカップなど食器が中心。すべて手作り手描きだ。愛らしい花シリーズは特に女性に好評。マグカップ5000-8000円、湯のみ4000-7000円。
  • 高島豆腐店
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町岩谷川内2-9-7
    有田名物のごどうふを製造直売する。ごどうふとは、豆腐を固める時ににがりではなく葛を使い、独特のモチモチとした食感が楽しめる。タレ付ごどうふ1丁230円。有田町内の料理店では、ごどうふを使った料理が楽しめる。
  • (有)とうふのたかはし
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町本町丙1525
    すべての商品が佐賀県産大豆100%で、保存料、加合物は一切なしの無添加。もめん豆腐180円、厚揚げ170円、豆乳130円、有田名物のごどうふ140円を販売する店。ごどうふは、北海道産100%のでんぷんを使い、もちっとした食感が特徴。ごま醤油だれのほか、黒蜜ときな粉などをかけてデザートとして味わうのもおすすめ。

佐賀の主要エリア

around-area-map

佐賀県は、北にはリアス式海岸の玄界灘、南は有明海と、南北を海に挟まれた地域です。県内には佐賀空港がありますが、直行便の数は少なく東京からは羽田空港から1日4便ほどです。大阪、名古屋からは、一度福岡空港に行った後、そこから高速バスで長崎を経由する必要があります。 佐賀県北側の唐津エリアでは、日本の特別名勝である「虹の松原」や、荒波の浸食によってできた奇岩「七ツ釜」など、特徴的な海の景観を楽しめます。また、佐賀県の西部の嬉野市では日本三大美肌の湯と言われている「嬉野温泉」、武雄市では春夏秋冬でさまざまな景色を楽しめる庭園「御船山楽園」など、内陸にも見どころはたくさんあります。有田・伊万里エリアには有田焼を扱うお店が数多くあります。お土産に買って帰ったり、工房を見学したりするのも楽しい過ごし方です。 海の恩恵は食の面でも受けており、きれいに透き通った身のイカの活け造りや、ガザミと呼ばれるワタリガニの塩茹でなど、海の幸も豊富です。他には高級肉としても有名なブランド牛・佐賀牛などもあり、おいしい名産品が多く存在します。

佐賀の写真集

目的から探す