NAVITIME Travel

佐賀の滝スポット一覧

  • 見帰りの滝
    旅行/観光
    佐賀県唐津市相知町伊岐佐
    相知町の北部、作礼山に源を発する伊岐佐川にある滝。落差は約100mと言われ、日本の滝百選に選ばれている。渓流釣りのほか、滝と下流の周辺に多くのアジサイが植えられていることでも有名。近くの食堂「清流荘」のおばあちゃんが植えた数株が、市民の手によって約50種4万株までに増え、今では毎年6月に「見帰りの滝アジサイ祭り」が開催されるまでになった。周辺には遊歩道や吊り橋が整備され、夜はライトアップも行われる。
  • 清水の滝
    旅行/観光
    佐賀県小城市小城町松尾
    長崎自動車道「佐賀大和IC」より約25分、全国名水百選のひとつ清水川の上流にある滝。高さ75m、幅13mの清流が垂直に流れ落ちる様子は別名「珠簾(たますだれ)の滝」とも呼ばれている。古くから観世音菩薩信仰が盛んで、滝壺の降り口にある「清水観音宝地院」は滝うけ行の霊場ともなっている。小城の奥座敷として周辺には名物の鯉料理を振る舞う店が軒を連ね、夏季には避暑に訪れる人で賑わう。紅葉に彩られた姿も夏とは違った趣がある。
  • 洞鳴の滝 ふれあい館
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市三瀬村三瀬2648-3
    佐賀市に伝わる心中話「洞鳴の滝情死悲話」の舞台になった佐賀市三瀬村にある小さな滝。かつてはまだ大きく落差もあり、滝を落ちていく水の音が龍の鳴き声のように聞こえたため、この名が付けられたと云われている。嘉瀬川の上流部の鳴瀬川のほとりに「洞鳴の滝ふれあい館」もある。
  • 洞鳴の滝
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市三瀬村三瀬(広瀬地区)
    鳴瀬川の中流にある滝。勢いよく流れる水の轟音が、洞窟に響き渡るように聞こえることから命名された名瀑だ。延宝9年(1681)、身分の違う恋に思い悩んだ音成[おとなり]家の御曹司善忠と村娘のお仙が、一緒に滝壺に身を投じたという悲話も残されている。
  • 御手水の滝
    旅行/観光
    佐賀県鳥栖市立石町
  • 滝の観音
    旅行/観光
    佐賀県嬉野市
  • 観音の滝
    旅行/観光
    佐賀県唐津市七山滝川
    七山村から国道323号へ入ったところにある滝で、日本の滝百選にも選ばれた。特に初夏の新緑と秋の紅葉の頃の美しさには定評がある。
  • 白糸の滝
    旅行/観光
    佐賀県唐津市肥前町上ケ倉
  • 御手洗の滝
    旅行/観光
    佐賀県鳥栖市立石町

佐賀の主要エリア

around-area-map

佐賀県は、北にはリアス式海岸の玄界灘、南は有明海と、南北を海に挟まれた地域です。県内には佐賀空港がありますが、直行便の数は少なく東京からは羽田空港から1日4便ほどです。大阪、名古屋からは、一度福岡空港に行った後、そこから高速バスで長崎を経由する必要があります。 佐賀県北側の唐津エリアでは、日本の特別名勝である「虹の松原」や、荒波の浸食によってできた奇岩「七ツ釜」など、特徴的な海の景観を楽しめます。また、佐賀県の西部の嬉野市では日本三大美肌の湯と言われている「嬉野温泉」、武雄市では春夏秋冬でさまざまな景色を楽しめる庭園「御船山楽園」など、内陸にも見どころはたくさんあります。有田・伊万里エリアには有田焼を扱うお店が数多くあります。お土産に買って帰ったり、工房を見学したりするのも楽しい過ごし方です。 海の恩恵は食の面でも受けており、きれいに透き通った身のイカの活け造りや、ガザミと呼ばれるワタリガニの塩茹でなど、海の幸も豊富です。他には高級肉としても有名なブランド牛・佐賀牛などもあり、おいしい名産品が多く存在します。

佐賀の写真集

目的から探す