NAVITIME Travel

佐賀のその他お買い物スポット一覧

  • 伊万里鍋島焼会館
    お買い物
    佐賀県伊万里市大川内町大川内山乙1806
    伊万里鍋島焼協同組合に加盟する24軒の窯元の陶磁器を展示、販売している。伊万里市大川内山は江戸時代、佐賀藩(鍋島家)の御用窯が置かれており、今では「秘窯の里」とよばれる焼き物の町。ここでは作品が窯元別に展示されているので、それぞれの特色がよく分かる。喫茶スペースも併設され、鍋島焼のカップでコーヒーなどを飲むことができる。
  • ARITA PORCELAIN LAB(アリタ ポーセリン ラボ) 旗艦店
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町上幸平1-11-3
    西松浦郡有田町上幸平1丁目にある焼き物店。創業1804年の窯元「弥左ェ門窯」が手がけるブランド「ARITA PORCELAIN LAB」の旗艦店で、伝統技法を活かしつつ、現代のライフスタイルに合わせてデザインされた有田焼の食器を販売。地元の食材を使った料理をブランドの食器で提供するカフェも併設。
  • ギャラリー有田
    rating-image
    4.5
    47件の口コミ
    グルメ/お酒
    佐賀県西松浦郡有田町本町乙3057
    西松浦郡有田町本町乙の国道35号線沿いにあるカフェ。有田名物「ごどうふ」の御膳や、有田焼の器を使ったご当地グルメ「有田焼五膳」、伊万里牛のステーキやハンバーグ、カレー、ティータイムにはアイスをトッピングしたパンケーキやトーストなどのメニューも提供。ホットドリンクは店内にディスプレイされた2,000客ものコーヒーカップから好きなものを選んで楽しめる。

    有田駅から5分強程度の場所にある、ギャラリー兼喫茶店。早めの夕食(17時すぎ)として、気になってた、ごどうふ御膳をチョイス。品数も多くヘルシーで美味しいです。コーヒーとデザート的にごどうふを食べている方も多かったです。

  • マリンセンターおさかな村
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    お買い物
    佐賀県唐津市浜玉町浜崎1922
    唐津市浜玉町浜崎にある海産物販売店・食事処。唐津の獲れたての鮮魚をはじめ、いかしゅうまいなどの加工品や、特産品などの土産物を販売。プロの目利きが選んだ魚と天然塩、温泉水を使って本社加工場で製造する干物が人気商品となっている。また、300名収容の大食堂を併設し、旬の魚介を使った海鮮料理を提供している。

    阪急交通社 長崎支店の[諫早ルート]秋の九年庵 3つの庭園と美しき1万本の紅葉...

  • やさい直売所マッちゃん
    rating-image
    3.5
    18件の口コミ
    お買い物
    佐賀県佐賀市三瀬村杠246-1
    佐賀市三瀬村杠の国道263号線沿いにある直売所。毎日収穫される採れたての野菜や、三瀬村産や富士町産の米などの農産物、県産大豆を使った自家製の「ザル寄せ豆腐」や、漬物、揚げ物、まんじゅうなどの加工品を販売している。併設のイートインスペースでは、購入した商品のほか、地元の新鮮野菜を使った料理を量り売りのランチバイキングで味わえる。

    ランチを食べに行きました。だけど人気だったのかうりきれとなってました。行くなら早めをお勧めします。でも地元の野菜やらがたくさん出ていてそれはとても楽しいです!和菓子が目に留まり買いました

  • 深川製磁本店
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町幸平1-1-8
    日本ではじめて磁器が作られた町、有田。17世紀以降、「有田焼」は佐賀鍋島藩の重要な産業として海外にも数多く輸出され、「古伊万里」と呼ばれ世界中で愛されてきた。その有田でひときわ世界への思いを強くし、器作りを美しい文化へ昇華させ、明治27年(1894)に深川製磁を創立した深川忠次が世界中からのお客様を迎える為に建てられた「深川製磁本店」。スクラッチタイルの外壁を持つ建物には、モザイクの床やステンドグラス等、今尚随所に明治・大正期の貴重な雰囲気を残している。本店二階にある参考館では、深川製磁の明治モダンあふれる名品の数々を見学することが出来る(要予約)。現在、本店建物と参考館の所蔵品は近代化産業遺産群に認定されている。
  • 唐津市ふるさと会館アルピノ
    お買い物
    佐賀県唐津市新興町2881-1
    唐津市新興町、唐津駅近くにある物産展示場。「松露饅頭」などの唐津の銘菓や、有明海の海苔などの水産加工品、からつ茶や、厳木特産のゆずを使ったゆずこしょうなどの農産物加工品などの特産品、民芸品を販売。施設2階は絵付けコーナーも備えた唐津焼の総合展示販売場となっている。
  • 鍋島御庭焼
    お買い物
    佐賀県伊万里市大川内町乙1822 -1
    伊万里市大川内町乙にある窯元。江戸時代から明治にかけて鍋島藩の御用窯が置かれた大川内山地区にある窯元の1つで、鍋島藩御用窯の唯一の直系の窯元として知られている。作品の裏側などに施される杏葉の紋は鍋島藩から唯一使用を許されたもの。
  • 武雄温泉物産館
    お買い物
    佐賀県武雄市武雄町大字昭和805
    武雄市武雄町大字昭和の武雄バイパス沿いにある物産館。菓子や海産物、お茶、陶器など、地元の特産品や土産物を販売するほか、地元の農家の野菜の直売所も備える。また、セルフサービスで家庭料理が味わえる惣菜料理屋「おっ母さんの一膳めし屋」を併設。伝統工芸「弓野人形」の絵付け体験も実施している(要予約)。
  • 洋々閣 ギャラリー
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市東唐津2-4-40
    唐津市東唐津2丁目の旅館「洋々閣」内にある焼物のギャラリー。同市見借にある窯元「隆太窯」の作品の展示を行っている。3つの展示室を有し、中里隆氏と長男の中里太亀氏の作品に加え、二女の中里花子氏の窯「monohanako」の作品も展示。
  • 香蘭社 有田本店
    rating-image
    4.0
    27件の口コミ
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町幸平1-3-8
    明治8年(1875)に創立された陶磁器メーカーで、世界各国で受賞歴をもつ有田焼の名窯。白く硬い生地に華麗な文様を施した同社の製品は、「香蘭社スタイル」とも呼ばれ高い評価を得ている。ショールームでは、同社を代表する美術工芸品から宮内庁の御用品などを展示しているほか、万年筆や食器など日用の商品を多数販売。ワンランク上のお土産や贈り物を探す場としても利用できる。

    展示品もとても美しくて見惚れてしまいました。ゆっくり時間をかけてみることが出来ました。あまり焼き物に詳しくない私にも店員さんは優しく声をかけてくれました。 母に小鉢を2つと自分に1つ購入しました。

  • 瀬兵窯 SHOP陶筥
    お買い物
    佐賀県伊万里市大川内町乙1982
    佐賀県伊万里市にある伊万里焼の窯元直営ショップで、「伊万里からの新しい風」をテーマにした多彩な商品を販売している。店内には、伊万里焼・鍋島焼の新作から日常使いの食器、高級品まで幅広く揃っており、家庭で使いやすい白を基調とした器が多い。併設のカフェでは、コーヒーやスイーツを瀬兵窯の器で楽しむことができ、散策の合間の休憩にも気軽に利用できる。※カフェは現在営業休止中(平成29年(2017)4月時点)
  • ノリタケファクトリーアウトレット伊万里
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    お買い物
    佐賀県伊万里市東山代町長浜120-3
    明治9年(1876)ニューヨーク6番街で開業した小さな雑貨店がはじまりと謂われるノリタケ。やや青味がかった白磁や、柔らかなぬくもりを感じる乳白色が印象的なボーンチャイナなど、ノリタケの食器のアウトレット製品が購入出来る。最寄りは松浦西九州線 東山代駅。

    ナビを頼りに訪ねましたが古びた工場に到着。おかしいなと思ったらアウトレットの案内が出ており工場の奥へ進むとひっそりとありました。中は広く沢山のアウトレット品がテーブルに並べてあります。あれこれ物色しながら見て回りました。ノリタケのブランドイメージとアウトレットとはいえお店の雰囲気・工場のイメージはギャップがありましたがよい買い物ができました。

  • アリタセラ/Arita Sera (旧有田陶磁の里プラザ)
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙2351-170
    日用食器はもちろん、贈答品や営業用食器、高級美術陶磁器に至るまで、ありとあらゆる陶磁器を取り扱う有田焼専門のショッピングモール。2,000坪もの広さを誇る施設内には200m余りの中央道路を挟んで、22の店舗が軒を連ねている。休憩所やレストランもあり、休憩を挟みながらゆっくりと買い物を楽しむことができる。全館バリアフリーで、車椅子やベビーカーでも利用しやすい。
  • 大秀窯天青
    お買い物
    佐賀県伊万里市大川内町丙210
    主に香炉を作っている窯元。秘窯の里 大川内山の駐車場前に展示場があり、店内にはオリジナルの椿を彫った香炉やコーヒーカップ・花器などの日用品を展示している。鍋島の伝統を生かした品格と感性を備えた作品が並ぶ。
  • 琥山製陶所(琥山窯)
    お買い物
    佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙223
    嬉野温泉にて窯業(焼き物)を営んでいる窯元。大正15年(1926)に文部省展(現日展)にて推白手華壷が銀賞受賞した、創業者の小野信吾(琥山)の号にちなんだ名の「琥山窯」の焼き物を製作している。展示場もあり、美しい焼き物を堪能しながら好みを選ぶことも可能だ。
  • 肥前吉田焼窯元会館
    お買い物
    佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4525-1
    絵付けや手びねりの体験もできる、肥前吉田焼の施設。天正5年(1577)に吉田左衛門家宗が陶石を発見したのが始まりとされる肥前吉田焼は、飯碗・湯のみ・そば猪口・急須・土瓶などが代表的だ。会館は吉田皿屋に点在する窯元エリアの拠点となる場所で各窯元の代表的な商品を展示販売している。
  • 名尾手すき和紙
    お買い物
    佐賀県佐賀市大和町大字名尾4756
    元禄3年(1690)に名尾村の庄屋であった納富由助が、紙すきの技術を名尾に導入したことがはじまりとされている名尾和紙。通常和紙の原料として使われる楮(コウゾ)ではなく、名尾地区に自生する梶の木を使用している。楮に比べて繊維が長く繊維同士が絡み合うため、薄手でも丈夫な紙ができるのが特徴だ。工房での紙すきの様子の見学やワークショップの開催もしている。予約は不要だが事前に連絡を入れたい。
  • 陶祖 李参平窯ギャラリーショップ
    お買い物
    佐賀県西松浦郡有田町幸平2-1-3
    約400年前、有田焼の原石を発見しその礎を築いた初代 李参平。国境を越え白い器の完成を目指した志と、陶工たちと共に試行錯誤を重ね見出した技を再建している窯元。有田固有の泉山磁石を原料とする「参平土」を用いながら、現代の暮らしに寄り添う器や、初期伊万里の中でも珍しい、陰刻と接着技法による表現の「初代伊万里写(追福)」などを製作している。
  • 赤水窯
    お買い物
    佐賀県唐津市鏡赤水4758
    唐津のシンボル鏡山入口の麓にあるレンガ色の店。古典的な茶器だけにこだわらず、今の世代にあった器を提供してくれる。「昔は座敷、今はテーブル。時代で食卓の目線が違う。和洋中、どれとでも相性のいいものを作りたい」と熊本氏は語る。1人で作るので商品数はけっして多くはないが見ごたえのあるものばかりだ。マグカップ3000円-。

佐賀の主要エリア

around-area-map

佐賀県は、北にはリアス式海岸の玄界灘、南は有明海と、南北を海に挟まれた地域です。県内には佐賀空港がありますが、直行便の数は少なく東京からは羽田空港から1日4便ほどです。大阪、名古屋からは、一度福岡空港に行った後、そこから高速バスで長崎を経由する必要があります。 佐賀県北側の唐津エリアでは、日本の特別名勝である「虹の松原」や、荒波の浸食によってできた奇岩「七ツ釜」など、特徴的な海の景観を楽しめます。また、佐賀県の西部の嬉野市では日本三大美肌の湯と言われている「嬉野温泉」、武雄市では春夏秋冬でさまざまな景色を楽しめる庭園「御船山楽園」など、内陸にも見どころはたくさんあります。有田・伊万里エリアには有田焼を扱うお店が数多くあります。お土産に買って帰ったり、工房を見学したりするのも楽しい過ごし方です。 海の恩恵は食の面でも受けており、きれいに透き通った身のイカの活け造りや、ガザミと呼ばれるワタリガニの塩茹でなど、海の幸も豊富です。他には高級肉としても有名なブランド牛・佐賀牛などもあり、おいしい名産品が多く存在します。

佐賀の写真集

目的から探す