佐賀の遊園地/テーマパークスポット一覧

  • 有田ポーセリンパーク
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙340-28
    ドイツのドレスデンにあるツヴィンガー宮殿を再現した建物の中に、古伊万里、柿右衛門、鍋島藩窯様式をはじめ、様々な年代の有田焼作品が展示されている。見どころは、高さ183cmの大花瓶。明治時代にウィーン万博に出品された際、世界中の人が驚いたと言われている。園内には、バロック庭園も再現されており、ほかにもろくろによる陶芸が体験できる有田焼工房などがある。

    テーマパークでヨーロッパ風の建築物が立ち並びます。入場無料、駐車場無料で園内を散策できるのですが全然人がいません。穴場ですが経営が心配です。 お土産売り場は広く、とても気になるのんのこの歌がずっとかかっています。

  • 肥前夢街道
    rating-image
    3.5
    65件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    佐賀県嬉野市嬉野町大字下野甲716-1
    嬉野市嬉野町大字下野甲にあるテーマパーク。江戸時代初期の長崎街道を再現した園内では、手裏剣や吹き矢、からくり屋敷などの忍者をテーマとしたアトラクションや、忍者ショー、忍者道具の展示、忍者服のコスプレ体験などが楽しめる。楽焼体験もできる焼物工房や占い施設、食事処(土日祝、長期休暇時のみ営業)や土産物の売店などの施設も併設。

    予定していた所がコロナで休園や中止になっていたので、ネットで調べて遊びに行った。たいしたことないんだろうなぁと、思っていたら、想像以上に大人も子供も楽しめた。 一つだけ不愉快だったのは、場内の真ん中あたり、食事や飲み物の休憩場所に、喫煙所があり風向きによって嫌な思いをした。

  • チャイナ・オン・ザ・パーク
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    佐賀県西松浦郡有田町原明乙111
    訪れる人々にやきもの作りの歴史とその素晴らしさを紹介する為につくられた深川製磁が運営する陶磁器のテーマパーク。敷地内には、明治33年(1900)パリ万国博覧会金賞受賞の大花瓶を始め、創立者 深川忠次の門外不出のコレクションをオープンに展示している忠次舘。窯元でしか見る事ができない規格外品を手軽に購入できる瓷器倉。大花瓶を望む特設のティールームや絵付け体験コーナーなど、深緑に囲まれた敷地内でさまざまな角度からやきものを楽しむ事ができる。初夏に咲くイングリッシュラベンダーも必見。

    深川製磁の商品のアウトレット店として、何度か購入のために来たことがありました。勿論、それは大切なことですが、1900年開催のパリ万博の関連商品が展示されていたので、その傍らの深川製磁の歴史の展示を見ました。帰りがけに店員の方に、向かいに建っている「忠次館」の紹介がありましたので、立ち寄ってみました。階段を少し上がった所に建っていた建物の中には、最新商品の展示以外に、パリ万博に出品された、一対の展示...

  • 森とリスの遊園地 メルヘン村
    遊ぶ/趣味
    佐賀県武雄市西川登町大字神六20040
    花とリスをテーマにした緑豊かな遊園地。園内にはリスやウサギ、ヤギと触れ合える動物ランドや、雨の日でも遊べる巨大なテントドーム、ジェットコースターやメリーゴーランドは勿論、小さな子どもでも利用できるアトラクションを完備した遊園地など様々な施設がある。高さ35mある観覧車からは園内や周辺の美しい自然を一望することができる。
  • 神野公園 こども遊園地
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    佐賀県佐賀市神園4-1-3
    佐賀市神園4丁目の「神野公園」内にある入場料無料の遊園地。園内を一周するSLをはじめ、ミニジェットコースターやチェーンタワーなどの乗り物や、ボールプール、トランポリン、無料で遊べるすべり台などの遊具、ゲームコーナーなどを備える。同公園内には小動物園も併設。

    子供の頃、よく親に連れて行ってもらいました。今は帰省がてら娘を連れて行ってます。入園も無料だし、親子フリーパスで2000円で利用できるのは非常にありがたいです。初めての遊園地にはおすすめです。

  • 花と冒険の島
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市肥前町満越
    ピーターパンをイメージしたトリムや吊り橋、迷路など遊具が豊富なアスレチック公園。周囲の大小の島々が美しい。入園自由。

佐賀の主要エリア

around-area-map

佐賀県は、北にはリアス式海岸の玄界灘、南は有明海と、南北を海に挟まれた地域です。県内には佐賀空港がありますが、直行便の数は少なく東京からは羽田空港から1日4便ほどです。大阪、名古屋からは、一度福岡空港に行った後、そこから高速バスで長崎を経由する必要があります。 佐賀県北側の唐津エリアでは、日本の特別名勝である「虹の松原」や、荒波の浸食によってできた奇岩「七ツ釜」など、特徴的な海の景観を楽しめます。また、佐賀県の西部の嬉野市では日本三大美肌の湯と言われている「嬉野温泉」、武雄市では春夏秋冬でさまざまな景色を楽しめる庭園「御船山楽園」など、内陸にも見どころはたくさんあります。有田・伊万里エリアには有田焼を扱うお店が数多くあります。お土産に買って帰ったり、工房を見学したりするのも楽しい過ごし方です。 海の恩恵は食の面でも受けており、きれいに透き通った身のイカの活け造りや、ガザミと呼ばれるワタリガニの塩茹でなど、海の幸も豊富です。他には高級肉としても有名なブランド牛・佐賀牛などもあり、おいしい名産品が多く存在します。

佐賀の写真集

目的から探す