NAVITIME Travel

筑豊の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 英彦山神宮
    rating-image
    4.5
    22件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県田川郡添田町英彦山1
    福岡県田川郡にある神社。日本三大修験の霊場として栄えた神社と言われており、北岳・中岳・南岳を神格化し、祭神としている県内唯一の神宮。古くから農業生産や鉱山、工場の安全の守護神、勝運の神様として崇敬されている。9月28日の例大祭をはじめ、産業安全を祈願する祭事も季節ごとに行われている。

    江戸時代には山伏が集まり3000人程の町を形成していた英彦山神宮です。昔は階段を登るのに一苦労でしたが今はスロープカーがあり便利です。往復840円で20分間隔で運転しています。駅や売店は昔の小学校を活用しています。秋の紅葉シーズンは素敵な景色です。

  • 旧伊藤伝右衛門邸
    rating-image
    4.5
    97件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県飯塚市幸袋300
    伊藤伝右衛門は筑豊の炭鉱王であり、ここ「旧伊藤伝右衛門邸」は伝右衛門とその妻である歌人・柳原白蓮が暮らした家である。アールヌーヴォー調のマントルピースや、ひし形のステンドグラスがある応接間など、贅を尽くした美しい屋敷だ。連続テレビドラマ小説「花子とアン」の舞台としても話題となった。

    数年前のテレビ番組を見ていつか行ってみたいと思っていました。ひなまつりの時期に行きました。豪華というより趣のあるたたずまいです。

  • 田川市石炭・歴史博物館
    rating-image
    4.5
    27件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福岡県田川市大字伊田2734-1
    明治期の竪坑櫓の中でも最大級の規模を誇った三井田川鉱業所伊田竪坑の跡地に建つ、石炭をメインテーマにした資料館。館内には約1万5千点もの石炭に関する資料のほか、日本最古級の馬形埴輪や、古墳時代の出土品をはじめとする、貴重な考古・歴史資料も数多く展示されている。

    田川伊田駅から徒歩10分弱の田川市石炭記念公園内にある博物館。1983年の開館。入館料は400円。石炭産業に関する様々な資料が展示されており、屋外には採炭のための大型機械や復元された炭坑住宅も展示されている。充実した展示内容であり、模型やジオラマなどもあるので非常に見ごたえがある。 2階には日本で初めてユネスコ世界記憶遺産に登録された「山本作兵衛コレクション」の展示室があり、炭坑の仕事と生活を描い...

  • 直方歳時館
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県直方市新町1-1-18
    福智[ふくち]山系を遠望する直方の新町の高台に、趣ある木造瓦葺き平屋建て住宅がたたずむ。この建物は、炭坑の開発に力を尽くした堀三太郎が、明治31年(1898)に建てた住宅を復元したもの。広々とした5棟の住宅と1棟の土蔵からなり、床の間や欄間などから、炭坑が栄えたころの華やかな暮らしぶりがうかがえる。サザンカや、サツキ、モミジなどが植栽された日本庭園も素晴らしい。近代化産業遺産に指定されている。館内では抹茶やコーヒー300円が飲める。所要30分。

    直方駅から徒歩10分。 炭鉱王と呼ばれた堀三太郎氏の住宅。1898年の築。 直方市に寄贈後は公民館となっていたが、現在は貸室として利用されているようである。建物の見学入館は無料であるが、見所と言えるものはあまりない。

  • 直方市石炭記念館
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県直方市大字直方692-4
    日本の近代化、産業を支えてきた、筑豊炭田の歴史を紹介する記念館。建物は、本館(明治43年、筑豊石炭鉱業組合直方会議所として建てられた洋風建築)、別館、石炭化学館があり、屋内では重さ2トンの日本最大級の石炭の塊、明治40年(1907)頃にドイツから輸入され、日本で最も古い酸素呼吸器などを展示。屋外では、明治45年(1912)-大正11年(1922)に作られた救護訓練坑道や石炭輸送に活躍したSLなどを展示。所要1時間。

    筑豊炭田の要衝、直方は日本の近代化の礎と言っていいでしょう。そんな重要な役割を果たした直方の石炭業を政治・文化・産業面から多角的に考えられる博物館です。 珍しい訓練坑道や、貴重な作兵衛の原画など展示も特色がありますが、最も特筆すべきは館長さん直々のガイドです。 ユーモアを交えつつも要点を分かりやすく、かつ熱くお話しいただき、館長さんの心意気にこちらも胸を打たれました。時間をたっぷりとってガイドを受...

  • 飯塚市歴史資料館
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県飯塚市柏の森959-1
    「飯塚地方の歴史と文化」をテーマに、考古・歴史・民俗・石炭の資料などを展示。なかでも、市内で発掘された立岩遺跡からの出土品である甕棺[かめかん](重要文化財)や、10面の前漢鏡[ぜんかんきょう](重要文化財)は必見だ。所要40分。

    新飯塚駅から徒歩5分。入館料220円。 飯塚市にある弥生時代の遺跡群「立岩遺跡」の出土品などが展示の中心となっている。常設展示室には、石炭採掘の道具やジオラマ、民具・農具、日本画・陶器などの美術品なども展示されているので、地元の子供が地域の歴史を学ぶ場になっているのであろう。

  • 王塚装飾古墳館
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福岡県嘉穂郡桂川町寿命376
    装飾壁画で知られる王塚古墳(特別史跡)の石室は、2体用の石枕がある石屋形が据えられ、石屋形の上方には、奥壁から1枚の分厚い巨石が石棚風に突き出しており、前室と後室を結ぶ通路の上には小窓が設けられている。複雑な構築で内部全体には赤・黄・緑・黒・白の5色を使った豪華絢爛な装飾が施されている。古墳館内には実寸大で彩色が復元された石室や出土品のレプリカなどの展示がある。

    数週間前に熊本県山鹿市の装飾古墳の展示施設をみてきたばかりだったので興味深くみることができました。受付で入場料を払いアンケートに記入すると枝折とクリアファイルをもらえました。館内は最初は写真撮影可能、後半は不可となっていました。北部九州に多い装飾古墳ですが、細かいところでいろいろと違うことがわかる解説がされていて高松塚古墳についても触れていて興味深いものでした。見学のあと隣の古墳の見学をしました。

  • 竹原古墳
    旅行/観光
    福岡県宮若市竹原731-2
    市内福丸の西1.2kmにある、わが国の代表的な装飾古墳。半径約18m、高さ5mの円墳であったと推定される。石室は横穴式で全長6.7m、6世紀後半ごろの優れた壁面古墳として知られ、龍や馬をひく人物、船、翳[さしば]、朱雀などが描かれ、黒や朱の古代顔料油脂で彩色されている。
  • 奉幣殿
    rating-image
    4.5
    16件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県田川郡添田町大字英彦山 英彦山神宮奉幣殿
    英彦山に現存する最大の社殿。以前は天台宗山伏の本山である霊仙寺の大講堂だったが、明治時代に神仏分離令によって英彦山神社となったのに伴い、この名に改められた。現在の建物は、元和2年(1616)に小倉藩主・細川忠興により再建され、平成28年(2016)は400年奉祝祭が行なわれた。杉木立の緑の中、朱塗りの柱や柿葺[こけらぶき]の屋根がよく映える。ここから、英彦山三峰の中心、標高約1200mの上宮まで歩くと約1時間30分-2時間くらいかかる。

    神仏混合の修験道の地英彦山にある大きな講堂です。神社の社にありますが、観光パンフレットを読むと霊山寺の大講堂と記載されています。でも英彦山神宮奉幣殿と書かれてもいます。 とても大きな鈴が掛かっていて、ここまで登ってきた人はみなさんここで賽銭をいれ、柏手を打ちます。 入口の銅鳥居からかなりの階段が続く修行のような距離ですが、現在はスロープカーがあり簡単に到達できます。

  • 英彦山修験道館
    遊ぶ/趣味
    福岡県田川郡添田町大字英彦山665-1
    修験道の歴史の遺された資料を保存する為、昭和62年(1987)英彦山神宮奉幣殿の北側に建てられた。修験道に関する資料や、遺跡から発掘された文化財などを展示。鎌倉期に作られた銅製のご神像、現存するものでは日本最古という、室町期の修験者が使った板笈なども。英彦山山頂の経塚[きょうづか]から出土した、金銅如来立像[こんどうにょらいりつぞう](重要文化財)、経典を入れた銅製経筒[どうせいきょうづつ](重要文化財)は必見だ。所要1時間。
  • 庄内生活体験学校(生活文化交流センター)
    旅行/観光
    福岡県飯塚市有安958-1
    ポニー、ウサギ、ニワトリなどの小動物がいるほか、畑作り体験などができる施設で、別棟に子供たちが宿泊して自然とふれあうための生活体験学校がある。
  • 嘉麻市嘉穂ふるさと交流館
    旅行/観光
    福岡県嘉麻市大隈町449-2
    旧大隈保健所の場所にあり、館内には、郷土展示室、乳幼児検診、会議、研修スペースなどがある。
  • 向野堅一記念館
    rating-image
    2.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県直方市殿町12-19

    向野堅一記念館の6月は、各土曜日5日間のみ開業とのこと。訪問時は平日につき近代建築として外観見学のみの予定で訪問しました。 ところが、周囲には無料有料とも利用可能な駐車場が見当たらないうえ、建物前の路上には記念館関係者かと思われる駐車場車両があるので写真映えもせず、ガッカリでした。

  • 田川市美術館
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福岡県田川市新町11-56
    内部は回廊式など展示室が7部屋。他に資料閲覧室、特別展示室、図書館、レストラン等を有している。

    田川市の中心部にある田川市美術館。その建物は、大きな屋根が特徴で、屋根が鋼板で覆われていて、存在感ある建物です。周辺の緑、公園とよくマッチしていて、田川市を象徴する建物となっています。結構本格的な美術館として、中は広いです。

  • 直方市美術館
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福岡県直方市殿町10-35
    大正時代に病院として建てられた洋館を改造。大津英敏ら地元縁の作家の油彩や水彩、陶器を展示。

    とても小さな美術館ですが、アトラクションの少ない直方には貴重な存在です。 当初は1992年に故谷尾欽也氏が開設した美術館。昭和初期に建てられた洋館造りの医院を外観はそのままに内部を改装し、1998年には新館を増設。2000年ご遺族からの寄贈を受け、2001年直方市美術館(直方谷尾美術館)としてオープン。谷尾家と言えば明治屋産業の創業一族として有名ですが、ありがたいですね。

  • 添田町美術館
    遊ぶ/趣味
    福岡県田川郡添田町大字添田1788-2
  • 中村美術館
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福岡県田川市大字弓削田3782-1

    知り合いに連れて行ってもらいました。田川には全く関係なく、いろんな有名な画家の絵がありました。横山大観、平山郁夫などです。階段を上がったところに、田川のお祭りの絵がありました。関係あるのはこれくらいでしょうか。

  • 鞍手町歴史民俗博物館
    rating-image
    2.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福岡県鞍手郡鞍手町大字小牧2097

    自治体がそれぞれの地域の財産として作った博物館の一つ。石炭鉱業の資料を展示する別館と考古史料や民俗資料などを展示する博物館の2棟があります。ただどちらも入館無料だが、「ただそこに置いてあります」という程度です。国学者伊藤常足という郷土の偉人の顕彰が不十分だったのは大変残念でした。

  • 福智町図書館・歴史資料館ふくちのち
    暮らし/生活/病院
    福岡県田川郡福智町赤池970-2
  • 田川文化センター
    遊ぶ/趣味
    福岡県田川市平松町3-36

福岡の主要エリア

around-area-map

九州最大の都市であり、世界の窓口としても有名な福岡県。博多港や福岡空港を利用して海外からの観光客も多いのが特徴です。福岡空港は国内26か所に飛行機が飛んでおり、関東や東北からは約1時間半、関西からは約1時間で到着でき、アクセスしやすい観光地です。 福岡県は大きく4つのエリアに分けられ、人気の観光地は共に「福岡・大宰府」と「久留米・筑後」エリアに集中しています。 福岡地域には、学問の神様として有名な「太宰府天満宮」、国立博物館最大規模である「九州国立博物館」などがあります。筑後地域では、「有明海花火フェスタ」や「大蛇山まつり」、「水の祭典・久留米まつり」など、多彩なイベントが開催されます。 福岡は食べ物がとにかく美味しいことでも有名で、天神には屋台が多く、福岡独特の雰囲気も観光の楽しみの一つ。屋台のほかにも、「親富孝通り」では辛子明太子や豚骨ラーメン、もつ鍋、博多ちゃんぽんなど、さまざまな名物が味わえます。

福岡の写真集

目的から探す