NAVITIME Travel

福岡の歴史/文化/見学スポット一覧

  • スカラエスパシオ
    遊ぶ/趣味
    福岡県福岡市中央区渡辺通4-8-28 F・TビルB2
    渡辺通り沿いのFTビル地下2階にあるイベントホール。トークショーやコンサート、演劇、展示イベントなど、内容に応じて可動式の床や天井を用いて多彩なステージを構成することができる。着席時収容498人。
  • レソラホール
    遊ぶ/趣味
    福岡県福岡市中央区天神2-5-55 レソラ天神5F
    利便性の高い天神の中心地に位置し、各種展示会や講演会、発表会などに利用可能な多目的イベントホール。 【写真提供】撮影:フォワードストローク
  • 魚っちんぐプラザ
    遊ぶ/趣味
    福岡県福岡市中央区長浜3-11-3 鮮魚市場市場会館内
    鮮魚市場の中心にある市場会館は、2階に鮮魚市場のしくみや日本で獲れる魚の特徴から漁法、魚の栄養や調理方法まで魚に関する情報を楽しく学べる「魚っちんぐプラザ」があり、13階の展望プラザでは博多港や天神の街を望む大パノラマを楽しめる。1階には新鮮な魚介類を中心とした食堂があり、「鮮座(senza)」では四季折々の鮮魚の一夜干しを中心に、鮮魚市場で取り扱われるこだわりの明太子や特産品(冷凍品、乾物、練り製品)など数多くの海の幸を取り揃えている。
  • 宗像大社沖津宮遙拝所
    旅行/観光
    福岡県宗像市大島
    大島北側にある沖ノ島(宗像大社沖津宮)の遙拝所。島全体がご神体である沖ノ島は厳格な禁忌によって古くから一般人の渡島は禁止。そのためこの地から遥か沖に浮かぶ島を拝してきた。遙拝所への石段脇に立つ「寛延3年(1750)」と刻まれた石碑から、江戸中期には遙拝所が造られたと分かる。現在の遙拝所は昭和8年(1933)の建築。天気の良い日にはここから約50km離れた水平線に浮かぶ沖ノ島を拝することができる。世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産の1つ。
  • 宗像大社辺津宮 神宝館
    遊ぶ/趣味
    福岡県宗像市田島2331 宗像大社辺津宮境内
    宗像大社辺津宮境内にあり、沖津宮である沖ノ島の古代祭祀遺跡から出土した国宝などを展示。一般人の立入禁止などの禁忌により、沖ノ島には古代からの祭祀跡が数多く残っている。遺跡からは銅鏡や勾玉・金製の指輪などの装身具をはじめ、武器や土器など約10万点にのぼる貴重な遺物が見つかり、そのうち約8万点が国宝に指定された。常設展示では、5世紀頃の純金製指輪や三世紀の神鏡などその一部が見られる。宗像大宮司家や宗像社領継承の実態がわかる中世・近世の宗像大社文書も興味深い。
  • 沖ノ島(宗像大社沖津宮)
    旅行/観光
    福岡県宗像市大島2988
    九州本土から約60km沖に浮かぶ周囲4kmの「神宿る島」と呼ばれる島。宗像三女神の1柱である田心姫神[たごりひめのかみ]を祭る沖津宮であり、小屋島、御門柱、天狗岩の3つの岩礁をもつ島全体がご神体だ。航海の道標となり、皇室・国家の安泰を願って国家祭祀が行われた。社殿が立つ島南西側の中腹には22もの祭祀遺跡が残り、祭祀の変遷を示して国指定史跡に、遺跡から出土した神宝約8万点は国宝に指定。今も厳格な禁忌が受け継がれ一般の入島は不可。世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産。
  • 津屋崎古墳群
    旅行/観光
    福岡県福津市勝浦・奴山・生家・大石・須多田・宮司・手光
    福津市北部の玄界灘に面した丘陵地に点在する古墳群。南北約8km、東西約2kmの広い範囲にわたって、勝浦高原古墳群、新原・奴山古墳群、宮地嶽古墳、手光波切不動古墳など、前方後円墳16基、円墳43基、方墳1基の総数60基が点在。一部を除き国の史跡に指定されている。築造は5世紀から7世紀。宗像三女神を祭り、沖ノ島祭祀に関わった「筑紫の胸形君」という有力豪族の墳墓群である可能性が高いとされ、41基が集中している新原・奴山古墳群は、世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産に登録されている。
  • 大宰府政庁跡
    rating-image
    4.0
    119件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県太宰府市観世音寺4-6-1
    太宰府は、九州の「管内支配」、外国に対する「防衛機能」、帰化や外国使節に対応する「対外機能」という3つの役割をもつ、古代最大級の地方官衙[かんが](役所)。ここはその中枢で、広大な敷地に並ぶ礎石が当時の繁栄ぶりを物語る。現在は史跡公園として整備され市民の憩いの場。発掘で出土した遺構を保存公開する大宰府展示館も隣接している。平成27年(2015)に認定された日本遺産古代日本の「西の都」-東アジアとの交流拠点-の構成文化財の1つでもある。国指定特別史跡。

    多くの参拝客が訪れている太宰府天満宮から車で15分程度、古代であればこちらの方が中心地であった大宰府政庁跡には礎石が広がるばかりで復元建物もなく、土曜日のお昼にもかかわらず観光客と思われる方も僅かでした。 しかし予備知識があれば、政庁跡の背後には大野城、正面には基肄城と、水城を含めた古代の防衛ラインを見渡し、また想像できます。もちろん鴻臚館から政庁までのさぞかし整備されていたであろう往還も、です...

  • 秋月美術館
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福岡県朝倉市秋月野鳥695-1
    福岡藩御用窯高取焼の名品を展示する美術館。茶器のコレクションを中心に、最古の窯から年代別に紹介する。茶室もあり、自由に見学できる。所要40分。

    秋月美術館は秋月一の観光名所である杉の馬場を入ってすぐ右手にあります。 訪れた時期は3月3下旬の金曜日でしたが、閉館していました。 入館して展示物を見たかったので残念です。もうすぐ桜が開花するのでその頃に来れば良かった。

  • 福聚寺
    旅行/観光
    福岡県北九州市小倉北区寿山町6-7
    足立森林公園の一角にある黄檗宗[おうばくしゅう]の寺。藩主・小笠原忠真[おがさわらただざね]が寛文5年(1665)に建立した。その後、幕末の長州騎兵隊の兵火や火災などで消失した。本堂は享保2年(1717)に再建。開山堂などは明治以降に建てられた。本堂裏に庭園があり、足立山を借景に自然石を配した雪舟庭は必見。裏山方面の境内は一部見学不可のところがあるので注意しよう。
  • 三菱地所アルティアム
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
    国内外を問わず、注目の最新アーティストを紹介する現代アートギャラリー。ジャンルも絵画、写真、立体、映像と幅広い。隣接するショップでは、イベント関連グッズやポストカードなどを販売している。

    新聞に載っていたと友達が教えてくれたので、行ってみました。入場料は400円で、会期中は何度でも入れます。1フロアの小さな会場です。かわいい木製のこけしとか、入れ子式のマトリョーシカなどが並んでいました。

  • 能古博物館
    遊ぶ/趣味
    福岡県福岡市西区能古522-2
    博多湾に浮かぶ島の博物館。丘陵の中腹にたたずむ能古博物館からの眺望は必見。郷土の学者、亀井南冥[かめいなんめい](金印鑑定者)とその一族五世代にわたる資料が収集展示されている。江戸時代、日本全国を舞台に活躍し、島興隆の源となった「筑前五ケ浦廻船」、館庭にある「能古焼古窯跡」で焼かれた出土品、島の歴史などの展示もあり、別館では博多湾の引き上げ、ヨットによる太平洋往復と世界一周単独航海に成功した地元出身、牛島竜介青年の記録も記されている。
  • 大野城跡
    旅行/観光
    福岡県大野城市・太宰府市・糟屋郡宇美町
    大宰府の北の守りとして築かれた大野城跡。天智4年(665)、朝鮮から渡来した技術者の指導で約8kmにわたる土塁や石垣で山や谷を囲み、その中に建物を造ったとされる。現在、倉庫跡と思われる約70棟分の礎石が点在している。
  • 春日市奴国の丘歴史資料館
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県春日市岡本3-57
    国指定史跡須玖岡本[すぐおかもと]遺跡がある、奴国の丘歴史公園に建つ資料館。市内各遺跡からの出土資料と民俗資料を展示、解説している。また、奴国の丘歴史公園には弥生時代の甕棺墓などを発掘調査時の状態で展示している二つの覆屋(ドーム)がある。平成30年(2018)6月18日-7月20日改装のため休業予定。 【写真提供】春日市教育委員会

    板付遺跡からは車で30分、福岡市埋蔵文化財センターからは20分、奴国の丘歴史博物館は住宅街の中にある奴国の丘歴史公園の、もしくは須玖岡本遺跡の一角にあります。20台程度駐車可能な無料駐車場がありますが、住宅街をとおる道が分かりにくく、カーナビがあったとしても要注意です。 それほど規模の大きな博物館ではなかったものの展示品の説明はしっかりしており、入館料無料の博物館としては良かったと思います。ただし...

  • 北九州市ほたる館
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福岡県北九州市小倉北区熊谷2-5-1
    多くの河川にホタルが生息する北九州市。ここでは、ホタルをはじめとする水辺の生き物について学ぶことができる。館内には水辺を再現した大型の生態水槽のほか、パネルや模型でホタルの生態や生息環境について解説するコーナーもある。所要30分-1時間。

    北九州市はかって公害の町として汚れた町だったがそれを克服して今は水や海のきれいな街へと変ぼうした。 水のきれいな場所に生息する蛍の自然博物館としての機能を有している場所がここだ。大きな建物ではなく公民館ほど。北九州市内の蛍生息地の地図もある。意外と住宅地の傍に生息地があり予想外であった。

  • 門司港発祥バナナの叩き売り
    旅行/観光
    福岡県北九州市門司区港町周辺
    バナナの叩き売りは大正時代に、九州の大都会であり貿易港として栄えていた門司で発祥したと言われている。現在は、観光地である門司港レトロ地区を代表する伝統芸能として親しまれていて、週末や、イベント・地域の祭りなどでバナナの叩き売りの懐かしく威勢のよい口上を聞く事ができる。 【写真提供】(C)門司区役所
  • 旧松本家住宅
    旅行/観光
    福岡県北九州市戸畑区一枝1-4-33
    明治時代の九州産業界の重鎮・松本健次郎が、明治41-45年(1908-1912)に住宅と迎賓館を兼ねて建てたもの。アール・ヌーボー様式を取り入れた洋館と、車寄せの玄関をもつ書院造の日本館が立つ。一般公開は春と秋の年2回で、往復はがきでの申込みが必要。館内の会員制レストランも、年に数回の限定プランの際は一般利用可(完全予約制)。季節の食材を使ったフランス料理コース5000円。
  • 北九州市立長崎街道木屋瀬宿記念館
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県北九州市八幡西区木屋瀬3-16-26
    江戸時代、小倉と長崎を結ぶ長崎街道の筑前六宿の宿場町だった木屋瀬宿[こやのせしゅく]。かつて東構口[ひがしかまえぐち]から西構口[にしかまえぐち]までの約900mの間に、本陣や代官所、旅篭などがあった。本陣跡の近くで道が直角に曲がり、家がのこぎり歯状に並ぶなど当時の様子が今も残る。本陣跡に立つ白壁の北九州市立長崎街道木屋瀬宿記念館は、芝居小屋風のこやのせ座と、民具や旅の携帯品、古文書などを展示したみちの郷土史料館からなる施設だ。所要45分。

    友達と木屋瀬散歩をして、立ち寄りました。入場料は200円で、様々な資料をくれました。駐車場は少し歩いたところにあります。内部は撮影禁止です。季節がらお雛様たちが展示されており、木屋瀬の歴史などの展示物もありました。

  • 直方歳時館
    旅行/観光
    福岡県直方市新町1-1-18
    福智[ふくち]山系を遠望する直方の新町の高台に、趣ある木造瓦葺き平屋建て住宅がたたずむ。この建物は、炭坑の開発に力を尽くした堀三太郎が、明治31年(1898)に建てた住宅を復元したもの。広々とした5棟の住宅と1棟の土蔵からなり、床の間や欄間などから、炭坑が栄えたころの華やかな暮らしぶりがうかがえる。サザンカや、サツキ、モミジなどが植栽された日本庭園も素晴らしい。近代化産業遺産に指定されている。館内では抹茶やコーヒー300円が飲める。所要30分。
  • 直方市石炭記念館
    rating-image
    4.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県直方市大字直方692-4
    日本の近代化、産業を支えてきた、筑豊炭田の歴史を紹介する記念館。建物は、本館(明治43年、筑豊石炭鉱業組合直方会議所として建てられた洋風建築)、別館、石炭化学館があり、屋内では重さ2トンの日本最大級の石炭の塊、明治40年(1907)頃にドイツから輸入され、日本で最も古い酸素呼吸器などを展示。屋外では、明治45年(1912)-大正11年(1922)に作られた救護訓練坑道や石炭輸送に活躍したSLなどを展示。所要1時間。

    石炭そのものだけではなく、それにまつわることが何でも知ることができるところ。説明を聞きながら観覧しましたが、内容は多岐に渡り、建物の由緒由来とかぼた山の思わぬその後とか、伺っていて本道に楽しかったです。手に持たせていただいた石炭が軽かったのにはびっくりしました。 建物の外には石炭を積んだ貨車も展示してありますが、感の場所は昔の石炭を鉄道で運んでいた際の操車場のあたりが見渡せるところ。見学を終えた後...

福岡の主要エリア

around-area-map

九州最大の都市であり、世界の窓口としても有名な福岡県。博多港や福岡空港を利用して海外からの観光客も多いのが特徴です。福岡空港は国内26か所に飛行機が飛んでおり、関東や東北からは約1時間半、関西からは約1時間で到着でき、アクセスしやすい観光地です。 福岡県は大きく4つのエリアに分けられ、人気の観光地は共に「福岡・大宰府」と「久留米・筑後」エリアに集中しています。 福岡地域には、学問の神様として有名な「太宰府天満宮」、国立博物館最大規模である「九州国立博物館」などがあります。筑後地域では、「有明海花火フェスタ」や「大蛇山まつり」、「水の祭典・久留米まつり」など、多彩なイベントが開催されます。 福岡は食べ物がとにかく美味しいことでも有名で、天神には屋台が多く、福岡独特の雰囲気も観光の楽しみの一つ。屋台のほかにも、「親富孝通り」では辛子明太子や豚骨ラーメン、もつ鍋、博多ちゃんぽんなど、さまざまな名物が味わえます。

福岡の写真集

目的から探す