高知市

KOCHI CITY

中心部に高知城がそびえる南国土佐の城下町。活気と賑わいに満ちたスポットが集まる

高知の玄関口、高知市エリアは坂本龍馬ゆかりの歴史スポットや、ご当地グルメなどを楽しめる高知観光のメインエリア。城下町の賑わいが続く南国土佐の中枢で、本丸が日本で唯一残されている「高知城」をはじめ、戦国時代の城跡が残る高知県きっての景勝地「桂浜」、よさこい節にも唄われる悲恋の舞台になった「はりまや橋」、世界的植物学者を記念する植物園など見どころも多い。高知城のふもとで毎週日曜に開かれる「日曜市」や、毎年8月上旬に開催される「よさこい祭り」も一度は見ておきたい高知名物。今や全国に広がり人気を集める「よさこい祭り」は戦後の不景気な雰囲気を吹き飛ばそうと1954年(昭和29)に開かれたのが始まりで華麗な衣装に身を包んだ約2万人の踊り子たちが、炎天下の高知市街地を踊り歩く。高知を訪れたら、まずJR高知駅南口の総合観光案内所「とさてらす」で情報収集を。常駐スタッフに効率良く巡る方法を相談できる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    桂浜
    坂本龍馬像が立ち太平洋を望む高知市きっての景勝地
    高知市の南側、浦戸湾口に弓状に広がる海岸で、高知を代表する観光名所。一帯は「桂浜公園」となっており、太平洋を望む坂本龍馬像が有名。公園内には「桂浜水族館」や「坂本龍馬記念館」がある。
    白砂青松の海岸。元旦には初日の出を見に来る人も多い
  • spot 02
    高知県立坂本龍馬記念館
    全国からファンが訪れている「龍馬の殿堂」
    高知が誇る幕末史を動かした人物、坂本龍馬。その龍馬に関する貴重な歴史資料をわかりやすく展示しながら、人柄や業績、考え方についても紹介している。今まで詳しく知らなかった人に、龍馬への入り口となる施設だ。桂浜公園内にあり、浦戸城跡の近くに建っていて、桂浜からは歩いて20分ほど。ガラス張りの2階フロアや屋上からは、龍馬も見たであろう雄大な太平洋が一望できる。1991年(平成3)、龍馬の誕生日である11月15日に開館し、明治維新から150年にあたる2018年(平成30)に、本館を全面改装、新館も設けられリニューアルオープン。新館では龍馬が書いた手紙の実物など貴重な資料を展示しながらその生涯を紹介。本館は、映像や臨場感のある空間作りで龍馬や幕末史について楽しく学べる体験型展示となっている。龍馬の手紙から抜き取った文字で名刺を作れたり、近江屋を復元した部屋で記念撮影をできたりするなど、遊びもいっぱい。龍馬尽くしのミュージアムショップもぜひチェックしたい。
    太平洋に向かってグーンと飛び出たユニークな外観
  • spot 03
    桂浜水族館
    SNSでも話題沸騰の超絶ユニークな高知の水族館
    1931年(昭和6)に開設され、日本で2番目に長い歴史をもつ水族館で、通称「ハマスイ」。初代館長が、地元の友人に働きかけ、機船底引き網でとれる土佐湾の魚を見せる水槽と釣堀を作ったのが始まりだ。現在は、公式マスコットキャラクターの「おとどちゃん」がつぶやくTwitterが人気で、2021年(令和3)には全国人気水族館ランキングで1位となった。創意工夫あふれる独自の解説板や展示、ユニークな企画はもちろん、飼育員も人気で、サインや写真を求めるファンもいるほど。土佐湾に生息する幻の魚「アカメ」の群泳は必見。四国で唯一トド、アシカ、オットセイのヒレアシ3種を一度に見ることができる。展示している生きものは約220種4000点。来館者と生き物との距離だけでなく、個性豊かなスタッフとの距離も近いアットホームな水族館だ。ウミガメやペンギン、カピバラなどへのエサやり体験が楽しめる。2階では骨格標本を展示しており、クジラやイルカの骨に触れることができる。「見て」「触れて」「学べる」、楽しさいっぱいの水族館だ。
    名勝「桂浜」の浜辺に建つ。「おとどちゃん」がつぶやくTwitterはフォロワー22万人超えの人気
  • spot 04
    高知城
    江戸時代の天守・追手門・本丸御殿が完全に残る唯一の名城
    1601年(慶長6)に土佐藩初代藩主山内一豊が着工し、約10年かけて築いた城。全国に残る木造の12古天守のひとつで、「日本100名城」に選定されている。15棟の重要文化財など見どころも多く、天守からは高知市街を一望できる。
    天守と追手門を1枚の写真に収めることができる
  • spot 05
    高知県立高知城歴史博物館
    土佐藩主・山内家伝来の希少な歴史資料を収蔵・展示
    2017年(平成29)3月に高知城のふもとにオープンして以来、話題の施設。地元では「城博(ジョーハク)」という愛称で親しまれ、山内家4代目の「兎耳形兜(うさぎみみなりかぶと)」をかぶったマスコット「やまぴょん」でおなじみ。土佐藩主・山内家伝来の貴重な資料約6万7000点を中心に、土佐藩・高知県にまつわる歴史資料や美術品などを収蔵・展示している博物館だ。1000年前に古今和歌集を写した仮名の書の完成形を示す作品として名高い国宝の「高野切(こうやぎれ)」、歴代藩主が遺した、動植物や帽子などをかたどった奇抜なデザインの「変わり兜」は必見。精巧に作られたレプリカの兜や陣羽織を実際に身に着けられる体験コーナーも楽しい。メディア機器を使った体験型展示や、テーマや季節に沿った多彩な企画展や催し物も人気で、楽しみながら学べる仕掛けや工夫がいっぱい。船をイメージした建物は、壁や装飾に「土佐漆喰」「土佐和紙」「土佐打刃物」など土佐伝統の素材が使われており、最上階にある展望ロビーから眺める高知城は最高だ。
    貴重な歴史的資料を大切に守る宝船をイメージした外観
  • spot 06
    はりまや橋
    中心部にある交通の要所でよさこい節にも唄われる赤いシンボル
    路面電車が交差する高知市の中心地にある橋で、現在は一帯が公園として整備され、当時の姿を再現した太鼓橋やからくり時計がある。よさこい節にも歌われた悲恋の舞台でもあり、高知観光に欠かせない。
    昔の姿を再現した朱塗りの太鼓橋
  • spot 07
    高知県立美術館
    大規模なシャガールコレクションを有する県下随一の芸術発信施設
    約1200点にのぼるマルク・シャガールの世界的コレクション、高知ゆかりの世界的写真家・石元泰博氏の写真コレクションなどで知られる美術館。土佐漆喰の外壁が印象的で、能舞台も併設するホールでは、演劇やコンサートなど国内外のパフォーマンスにも力を入れている。
    水に浮かんでいるように見える建物自体がアート
  • spot 08
    高知市旧山内家下屋敷長屋展示館
    現存しているなかで最も大規模で本格的な武家長屋敷
    高知城追手門から南へ下って徒歩約10分。幕末に建てられた山内家の足軽屋敷が今もその姿を残している。通称は「散田邸」。幕末の1864年(元治元)に土佐藩15代藩主山内容堂(やまうちようどう)の下屋敷として、屋敷の警護に就く足軽が宿泊するために建てられた。明治維新後は拡張されて山内家の本邸として使われていたが、戦後は売却され、跡地にホテル三翠園が建つ。現存する長屋と門、物見亭のうち長屋は国の重要文化財に指定され、全国的にも数少ない貴重な建物だ。また、物見亭は1867年(慶応3)2月に容堂と西郷隆盛が会見した場所として知られる。すべて無料で公開されており、屋敷内部や幕末後期の土佐藩氏や庶民の生活がわかる用具や和舟などが見られる。長屋は三翠園の庭の一角にあるが、庭も当時の面影を残しているのでじっくりと味わってほしい。道路を隔てて隣接する「鷹匠公園」とパーキングは南御屋敷があったところで、山内一豊はじめ歴代藩主を祀る「山内神社」もあり、容堂の銅像が建っている。
    この道の先には龍馬も泳いだ鏡川が流れる
  • spot 09
    龍馬の生まれたまち記念館
    高知が誇る幕末のヒーロー・坂本龍馬のルーツに迫る
    さまざまな苦難を乗り越え、近代国家へ尽力した坂本龍馬を顕彰するために、2004年(平成16)に生誕地に開館した記念館。龍馬の生涯や家族、生まれ育った当時の高知市の様子など、ジオラマや映像などを使って紹介する。
    右側の白い建物が記念館
  • spot 10
    ひろめ市場
    名物料理が集まる高知県最強のグルメスポット
    高知城のお膝元にあって、飲食店約50、物産展約10もの店舗がひしめき合う屋内マーケット。「カツオのたたき」をはじめとする土佐料理のほか、名物餃子やエスニック料理など、和洋中の多彩な味を堪能できる。
    観光客や地元の常連客で賑わう
  • spot 11
    明神丸
    元祖「藁焼き鰹塩たたき」はこの店から大ヒット
    高知グルメといえば「カツオ」。高知のカツオ消費量はほかの都道府県を大きく引き離して全国1位。旬は年に2度あり、春の初カツオは赤身が多く、秋の戻りガツオは脂がのっていて、いずれも土佐の地酒によく合う。表面を焼いて、薬味をたっぷり載せて食べるタタキが一般的な食べ方だ。そして「カツオのたたき」といえば明神丸。カツオの1本釣りで日本一の漁獲高を誇る船の名前で、その新鮮なカツオを使ったカツオのたたきが有名。ひろめ市場では、ガラス越しに目の前で豪快に炎を立ち上げ、カツオを焙るのが見られると観光客にも大人気。すべて注文後に藁で焼き始めるため、皮目はパリッと香ばしく、なかは新鮮な生のまま、できたてのたたきを味わえる。全国的にカツオのたたきはポン酢で食べるのが主流だが、藁焼きにして天日塩で食べる本場土佐流の食べ方にこだわり、「塩たたき」が大ヒット。黒潮町産の天日塩を使い、みずから米を作ることで良質な藁を確保するほどのこだわりようで、一度食べるとほかでは食べられなくなるほどのおいしさだ。ほかにも「鰹ハランボの藁焼き」や「どろめ」など、高知ならではの珍味もそろう。
    高知産の天日塩とニンニクで食べる「塩たたき」
  • spot 12
    仕出しのあんどう
    皿鉢料理に欠かせない高知の郷土寿司やお総菜
    地元では有名な皿鉢料理店。皿鉢料理から会席弁当まで予算に応じて対応してくれる。ひろめ市場と高知駅に店舗があり、高知駅ホーム売店では各お弁当が人気で、「とさっ子駅弁とさべん」が2014年(平成26)四国の駅弁選手権金賞を受賞。ひろめ市場店にはカウンター席もあり、さばの頭にも酢飯が詰まった「焼さばの姿寿司」が名物だ。「さばの姿寿司」は皿鉢には欠かせない郷土寿司で、切り取った頭と尾の部分を豪快に盛り付ける。京都名物の「さば寿司」が甘めに味付けされているのとは異なり、高知では酢と塩を利かせているのが特徴だ。あんどうでは焼いたものが人気で、新鮮なサバとはまた違った香ばしい味わいを楽しめる。ほかにも「いなか寿司」「土佐巻き」など柚子入りのお寿司や、「鯨料理」「りゅうきゅうの酢物」「いたどり煮」など、高知ならではの寿司や総菜も並ぶ。
    名物「焼きさば寿司」はハーフサイズも人気
  • spot 13
    日曜市
    300年以上の歴史を誇る日本最大規模の街路市
    地元に暮らす人々の生活市として300年以上の歴史をもつ高知の名物マーケット。食べ歩きを楽しんだり、生産者との会話を楽しんだり、一度歩いただけでは味わい尽くせない魅力が満載。行ったり来たり往復しながら満喫したい。
    街路市は火、木、金曜にも別の場所で小規模に開催されている
  • spot 14
    高知県立牧野植物園
    世界的植物学者を生んだ高知が誇る四季の彩りを満喫できる植物園
    日本人として初めて植物に学名をつけた世界的な植物学者・牧野富太郎博士を記念して造られた植物園。約8万平方メートルの敷地内には3000種類以上もの植物が四季を彩る。温室やピクニックのできる広場もあるので、たっぷりと時間をかけて巡りたい。
    牧野富太郎博士の銅像が立つ南園
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    市街地は徒歩でまわることもできるが、路面電車とさでん交通が便利。市内均一区間が500円で、1日乗り放題の「一日乗車券」もある。

  2. その2

    桂浜・五台山(牧野植物園)へ行くなら、「MY遊バス」が便利。高知市内の観光スポットを巡る周遊バスで、JR高知駅前の「こうち旅広場」から乗車できる。乗車券を提示すれば、路面電車の200円区間内の運賃が無料に。観光施設の入場割引などの特典もある。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

高知のその他のエリア

+ -
back
open

高知市エリア