NAVITIME Travel

松山の旅行/観光スポット一覧

  • 松山城
    旅行/観光
    愛媛県松山市丸之内
    今も天守が残る12の城のうちの一つ。平成18年(2006)、日本100名城に選定された。加藤嘉明が1602年から築城をはじめ、日本の築城史上最長の年月(約四半世紀)をかけて完成した、日本最後の完全な城郭建築である。標高132mの勝山山頂に本丸があり、裾野に二の丸、三の丸がある広大な城で、日本三大連立式平山城の一つに数えられている。大天守の最上階からは石鎚山から伊予灘までを一望でき、その景色は圧巻だ。
  • 道後温泉本館
    rating-image
    4.0
    1396件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市道後湯之町5-6
    1894年に建てられた3層楼の外観が目を引く道後温泉のシンボル。浴槽は庵治石造で朝6時30分頃から朝湯の客がつめかける。

    一番グレードの高い三階の個室を利用しました。個室内にドライヤーやコンセントもあり風呂上がりにプライベート空間で過ごせとても良かったです。

  • 水口酒造(株)
    旅行/観光
    愛媛県松山市道後喜多町3-23
  • 石手寺
    rating-image
    4.0
    244件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市石手2-9-21
    松山市石手にある、真言宗豊山派の寺院。「熊野山 虚空蔵院」と号す。四国八十八箇所霊場の第五十一番札所。遍路の元祖とされる衛門三郎の再来伝説ゆかりの寺としても有名。神亀5年(728)、伊予国の太守・越智玉純が開基。創建当時の寺名は安養寺、宗派は法相宗であったが、弘仁4年(813)に空海が訪れ、真言宗に改めたとされている。国宝である仁王門のほか、本堂や三重塔などの重要文化財も見どころ。

    四国八十八か所のお寺の1つです。なんとも言えない雰囲気で、少し暗い気がします。不思議な洞窟があり中に入ることができます。拝観時間の終了間近に行くと入ることができないので注意です。

  • 松山市立子規記念博物館
    遊ぶ/趣味
    愛媛県松山市道後公園1-30
    「道後温泉」駅より徒歩約5分のところにある博物館。松山出身の俳人・正岡子規の直筆原稿や著書、親交のあった夏目漱石ら文人と交わした書簡などを展示している。道後・松山の歴史を交え、子規の生きた時代や彼の交友関係などについても詳しく紹介。また定期的にさまざまなイベントを開催し、地域住民の交流の場となっている。
  • 伊佐爾波神社
    rating-image
    4.0
    215件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市桜谷町173
    松山市にある神社。創建年は不詳だが、平安時代中期の「延喜式神名帳」にその名が記載されていることから、1000年以上の歴史を持つ古社であることが窺える。現在の社殿は寛文7年(1667)に当時の藩主・松平定長によって建て替えられたもの。江戸城内にて行われた流鏑馬の必中祈願成就の礼として、社殿の造替に着手したという。新社殿は京都の石清水八幡宮を模したもの。

    階段がスゴいので、運動に! 神社じたいは、歴史や云われのある由緒正しいものではなく、 登って見ると、色んな意味で奥行きが無いですが(^^;; 他に行く所が無いという感じで、皆さん来てました。

  • 一草庵
    旅行/観光
    愛媛県松山市御幸1-435-1
    「山頭火」と呼ばれる自由律俳人、種田山頭火の終焉の地。季語や五・七・五といった俳句の規格に収まらない自由なリズム感の俳句を、ここ「一草庵」で約300日間作り続けた。元々は隣接する御幸寺の納屋として使っていた建物を、住居として改造したもの。平成19年(2007)に「坂の上の雲・フィールドミュージアム構想」により、周囲の整備が進められた。現在は休日のみ内部が公開され、一草庵案内人の説明を聞いたり趣ある庭の風景を望みながらゆったりと過ごすことができる。
  • 庚申庵史跡庭園
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市味酒町2-6-7
    松山の俳人栗田樗堂(くりたちょどう)が俳諧に専念するために建てた「庚申庵」の公有化に伴い開園した史跡庭園。元々は付近に「古庚申」と呼ばれる小さな祠があったこと、また庵を建てた寛政12年(1800)の干支が「庚申」であったことから「庚申庵」と呼ばれるようになったといわれている。藤の名所としても有名で、見頃を迎える4月下旬から5月上旬にかけては多くの見物客でにぎわう。市街地ながらも静かで落ち着いた空間が広がっており、文化講座や講演会、句会やお茶会等も行われている。

    江戸中期-後期に活躍した松山出身の俳人・栗田樗堂(ちょどう)の庵と庭園です。 酒造業、町方大年寄り、俳人として多忙だった樗堂が、52歳の時に隠居して俳諧の道に精進するために建て、当所に元から在った祠の名”古庚申”と、建立年の干支である庚申に因んでの命名。 庭園へのアプローチには、栗田樗堂に関するパネルの説明板が多数掛かっており、芭蕉復興運動に熱心で、小林一茶とは特に交流があったとか。 訪問日は、入...

  • 松山城二之丸史跡庭園
    旅行/観光
    愛媛県松山市丸之内5
    松山市中心部、「日本100名城」のひとつである「松山城」の山麓に位置する史跡庭園。伊予松山藩2代目藩主、蒲生忠知が築いた屋敷跡を庭園としたもので、表御殿跡は草花、奥御殿跡は水と芝生で当時の間取りを表現している。約1.6ヘクタール、4840坪もの広大な敷地で発掘された大井戸遺構は、日本一の大きさを誇る。平成25年(2013)には「恋人の聖地」として認定され、結婚式前撮りの撮影が年間500件ほど行われている。園内の「勝山亭」「聚楽亭」「観恒亭」は茶会・句会などの文化的な催しでの利用も可能だ。
  • ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)
    遊ぶ/趣味
    愛媛県松山市堀江町1165-1
    ミウラグループの創業者、故三浦保氏が企画し、平成10年(1998)に竣工した美術館。氏自作の陶板画「ミウラート」をはじめ、国内外芸術家の作品を野外に展示している。素焼きの陶板の上に釉薬を配置し、1200度前後で焼き上げた迫力ある陶板画を見ることができる美術館だ。建物は現代建築家、長谷川逸子氏の設計で、不等辺四角形をベースにデザインされたもの。奥に行くほど天井が高くなっており、不思議な空間を演出している。
  • 三津の渡し
    旅行/観光
    愛媛県松山市三津1-10-18地先 三津側船着場
    松山港内にある三津港の西性寺前と、湊山地区の間80mを結ぶ市営渡船。正式名称は「市道高浜2号線」。海上を走る市道だ。起源は室町時代、応仁の乱の頃に遡り、物資輸送や食料調達のために利用していたのが始まりと言われている。江戸時代には俳人、小林一茶が句会に参加するため乗船したといわれ、最近では映画「がんばっていきまっしょい」にも登場した。年中無休、無料の渡し船は現在も年間4万人が利用しており、地元住民の生活には欠かせない交通手段だ。
  • 第九番 文殊院
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市恵原町308
    四国八十八ケ所とあわせた「百八煩悩消滅の旅」として多くの参拝者が足を運ぶ「四国別格二十霊場」の第九番札所。四国遍路の開祖とも呼ばれる「衛門三郎」ゆかりの寺だ。境内には大きな「因縁切修行大師」が祀られており、本堂前には四国遍路のきっかけにもなった衛門三郎の絵画が飾られている。四国遍路を反時計回りにまわる「逆打ち」は、衛門三郎が21回目の巡拝で逆回りに参拝を行ったところ、ようやく弘法大師に会えたという逸話に由来するといわれている。

    四国別格二十霊場の第9番札所、四国霊場を巡る、お遍路さんの起源とされます河野衛門三郎ゆかりのお寺です。こじんまりとしたお寺ですが、門前に構えます大きな枝ぶりの松は、とても立派で、かなりの歴史のある松との事です。見ごたえありますので、見落とさないように!!

  • 明教館・松山東高校史料館
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市持田町2-2-12
    文政11年(1828)、松山藩主・松平定通公が藩士の文武稽古場として建てた藩校の講堂。日本を代表する俳人・正岡子規や、日露戦争で活躍した秋山好古・真之兄弟らを輩出した。60畳の広間には同氏らの肖像画や書簡などが飾られている。現在は旧松山中学校(現松山東高等学校)の敷地内に移築されているため、入場は可能だが授業や学校管理の許容範囲内での見学となる(希望日の二週間前までに学校の承諾を得る必要あり)。

    江戸中期、松山藩第11代藩主松平定通が藩士の子弟のために一番町に開設した藩校です。 やがて松山の近代教育の拠点松山中学校へと発展して、正岡子規や秋山兄弟などが生徒として通い、夏目漱石が英語教師として教鞭を取り、「坊っちゃん」の舞台となったことでも知られています。 現在は、明教館-松山中学校をルーツとする松山東高等学校の敷地内に、講堂部分が移築再建されています。 内部見学は1週間前までの予約が必要と...

  • 道の駅 風早の郷 風和里
    旅行/観光
    愛媛県松山市大浦119
    霊山・高縄山を背に、瀬戸内海の島々を臨んだロケーションが魅力の道の駅。「やさしさと潮風に包まれた気候や風土、自然が感じられる風和む町」を題材に「風和里」の名が付けられた。その名が指す通りの風光明媚な道の駅では、朝採れの新鮮野菜をはじめ、魚介類や加工品、手作り総菜などを販売している。アイスクリームやじゃこてんなどの軽食が食べられるコーナーも併設されており、ドライブの休憩にも最適だ。夏は目の前の海岸に多くの海水浴客で賑わう。
  • 松山市北条ふるさと館
    旅行/観光
    愛媛県松山市河野別府995
    JR予讃線柳原駅から徒歩20分。緑豊かな文化の森公園にあるミュージアムである。1階部分では、北条地区の遺跡から出土した土器などの遺物を常設で展示。中世にこの地を支配した河野氏の足跡を学ぶことができる。2階では、北条出身の画家による絵画や水墨画などを展示している。また館内には研修室や大型の会議室を用意。季節ごとのイベントやコンテストが開催されるなど、地域住民が生涯学習を通して活躍できる場を提供している。
  • 野球歴史資料館 の・ぼーるミュージアム
    旅行/観光
    愛媛県松山市市坪西町625-1 松山中央公園野球場 坊ちゃんスタジアム内
    JR市坪駅を降りてすぐにある、坊っちゃんスタジアムの正面入口に併設されている野球歴史資料館。展示はプロ野球選手を紹介する「プロ野球コーナー」と、「アマチュア野球コーナー」がある。プロ野球コーナーでは過去2回開催されたオールスターゲームの様子を大型パネルで紹介。また愛媛県出身のプロ野球選手やイチロー選手、松井秀喜選手を始めとするスター選手ゆかりの品々が置かれる。アマチュア野球コナーでは愛媛に初めて野球を伝えた正岡子規の像や甲子園での愛媛代表高の活躍をダイジェスト映像で紹介。
  • 甲冑試着体験
    旅行/観光
    愛媛県松山市丸之内1 天守1F
    松山市丸之内の松山城内に設置されている体験コーナー。天守1階に松山城歴代城主にちなんだ家紋入りのオリジナル甲冑が用意されており、甲冑を身に着けての記念撮影が楽しめる。家族で体験できる子ども用サイズも。
  • 愛媛縣護國神社
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市御幸1-476
    松山市御幸1丁目にある神社。明治32年(1899)に「私祭招魂社」として創建。昭和14年(1939)に内務大臣指定護國神社となり現在地に遷座し、社名も改称した。戊辰戦争から太平洋戦争までの英霊をはじめ、県の産業文化の貢献者や公務による殉職者などを祀っている。

    もちろん普通に参拝するのも良いですが、奥に忠魂碑などの石碑が多くあるので、ぜひそちらに行っていただきたい。女子挺身隊の碑など、考えさせられるものが多くあります。

  • ロシア兵墓地
    旅行/観光
    愛媛県松山市御幸1-531-2
    松山市御幸1丁目にある墓地。日露戦争時に捕虜となり、松山で生涯を終えた97名のロシア帝国兵士が埋葬されている。松山には明治37年(1904)に全国ではじめて捕虜収容所が設置され、延べ6,000人の捕虜が収容されたと言われている。3月下旬には慰霊祭も開催。
  • 日露戦役表忠碑(厳島神社)
    旅行/観光
    愛媛県松山市三津神田町1-7

愛媛の主要エリア

around-area-map

愛媛県は南国地域で、冬でも暖かい日が多い県です。みかんが名産品で、松山空港やえひめ愛顔の観光物産館では「みかんジュースの出る蛇口」を体験できます。 松山空港へは国内主要都市から航空便が就航しており、東京からは約1時間半、大阪・名古屋からは約1時間で到着します。 松山・道後にある日本最古の温泉「道後温泉」は定番の観光スポット。道後温泉本館は建物全体が国の重要文化財に指定されています。 ほかにも、新居浜・東予にあるタオルとアートを融合した世界初の今治タオルミュージアム「タオル美術館」など面白いスポットも多数。宇和島やしまなみ海道では、サイクリングやサップ、カヌーのアクティビティ体験が大人気です。 愛媛のB級グルメには、今治焼豚玉子飯や三津浜焼き、揚げ足鳥があり、どれもここでしか味わえないグルメです。

愛媛の写真集

目的から探す