NAVITIME Travel

香川の寺院スポット一覧

  • 長尾寺
    rating-image
    3.5
    34件の口コミ
    旅行/観光
    香川県さぬき市長尾西653
    四国八十八ヶ所霊場の第87番札所。開基については諸説あるが、行基菩薩が聖観音菩薩像を彫像し安置したという説が一般的とされる。のちに、弘法大師様が唐への留学が成功するよう、年頭から七日間にわたり護摩祈祷を行った。現在も、この伝説にちなんで毎年正月七日には「大会陽」が行われている。この大会陽では、三宝にのせた150kgの巨大な餅をどこまで運べるか競うイベントが行われている。

    長尾寺は、西暦739年行基が柳に木で、聖観音像を彫り安置したのが始まりとされ。この地域では、親しみも込め。お観音さんと呼ばれていますお寺です。また、源義経の側室、静御前様が得度した寺院との言い伝えがあり、静御前様の位牌が残っているそうです。

  • 根香寺
    旅行/観光
    香川県高松市中山町1506
    JR高松駅から車で約30分の青峰の中腹にある、四国八十八ヵ所霊場第八十二番札所の山寺。弘法大師が青峰五大明王を祀り「花蔵院」を、その後、智証大師が蓮華谷の香木で彫った千手観音像を安置した「千手院」を開き、まとめて「根香寺」と号したという。見どころは、弘法大師作の五大明王や駐車場の一角に佇む牛鬼の像、本堂前の凹字型回廊に並ぶ約三万三千体の観音像など。また、参道は木々に囲まれ、秋には素晴らしい紅葉を見ることができる。
  • 補陀洛山 志度寺
    旅行/観光
    香川県さぬき市志度1102
    JR志度駅から徒歩7分。海の向こうに屋島や五剣山を望む、志度湾に面した寺院で、四国八十八ヵ所霊場第八十六番札所。創建は四国霊場でも古く、推古天皇33年(625)。讃岐藩主、松平頼重により寄進された本尊・十一面観世菩薩立像と、脇侍の不動明王、毘沙門天、運慶作の仁王像は、本堂、仁王門とともに重要文化財。境内の一角には、山水画のような室町時代の作庭「曲水式庭園」、書院の正面に造られた禅式枯山水庭「無染庭」があり拝観無料。
  • 出釋迦寺
    旅行/観光
    香川県善通寺市吉原町1091
    JR善通寺駅から車で10分のところにある、弘法大師にまつわる伝説が残る寺院。四国八十八ヵ所霊場第七十三番札所。見どころは、7歳の弘法大師が断崖絶壁を飛び降りたとき天女に命を救われ、願いが叶うことを示された奥の院「捨身ヶ嶽禅定」。本堂からは徒歩だと50分ほどだが、車で登ることもできる。途中に「香川の保存木ヒノキ」、「与謝野晶子・寛庭園」、「柳の水」があり、奥の院禅定からは、讃岐平野と瀬戸内海を望む絶景ポイント。
  • 白峯寺
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    旅行/観光
    香川県坂出市青海町2635
    坂出北IC、高松檀紙ICより車で約20分。香川県の霊峰である五色台の白峯の山腹にある古刹。四国八十八ヶ所霊場の第八十一番札所。ご本尊は千手観音で、すべての干支の守り本尊が各お堂に祀られ、四国で唯一の御陵である白峯陵に隣接し、日本八天狗の白峯大権現(相模坊)を祀っている。参道からは瀬戸内の雄大な景色や県内最大落差を誇る稚児の滝が望める。見所は、本堂をはじめとする境内のほとんどの建造物が重要文化財であり、春は桜、夏は紫陽花、秋は紅葉の美しい風景が楽しめる。

    紅葉が見頃という情報のもと当札所を訪問しました。白峯寺の呼び名は「しらみねじ」と思っていたが、正しくは「しろみねじ」であった。ここに来る前に訪問した少し薄暗い根来寺にくらべて、当札所は太陽光線のもと紅葉が美しく映えていた。境内の色々な場所に見頃な紅葉があり充分楽しむことができた。また、ピンク色の皇帝ダリアの花が多く咲いており、目を楽しませてくれた。 当札所にはいろいろな建物があり、歴史を学習するに...

  • 曼荼羅寺
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    旅行/観光
    香川県善通寺市吉原町1380-1
    善通寺市にある真言宗善通寺派の寺院。四国八十八ヵ所霊場第七十二番札所。起源は古く、推古4年(596)に讃岐の豪族・佐伯氏の氏寺として建立。その後、唐から帰国した弘法大師が大日如来を祀り、金剛界と胎蔵界の曼荼羅を安置し、「曼荼羅寺」と改名した。境内には「笠松」と呼ばれた樹齢約1200年とされる「不老松」があったが、害虫の被害で伐採。その後、幹の部分に大師の姿を刻み、「笠松大師」と呼ばれ親しまれている。

    寺院の配置の関係で、大型バスの場合などは先に73番出釋迦寺で下車、先に参拝した後に、坂道を下り一方でこの72番曼荼羅寺へと参拝していた。現在も順序は同一なるもわざわざ一旦バスに戻ってバスで曼荼羅寺へ、と云う参拝の仕方をしている。たった500m弱なのに歩かさない。この程度が、しかも下り道が歩行出来ない人は他の遍路寺へも参拝出来ないから歩けない人のための措置ではない。下り道は道幅も狭く、しかも人の背の...

  • 一宮寺
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    香川県高松市一宮町607
    高松市一宮町の中央に位置する一宮寺は四国八十八箇所霊場の第八十三番札所にあたる古刹。本堂に安置された本尊聖観音菩薩像は四国八十八ヶ所建立の際、この地を訪れた弘法大師が彫刻したとされる。見どころは参拝順路に沿って造らえたクスノキがシンボルの庭園。京都の名庭師藤井稔によって造園され、見るたびに様々な思いが感じられる癒やしの造りが特徴的である。

    見逃しそうな、小さな祠ですが、本堂の横に小さな石の祠があります。これは、薬師如来の祠で、この石の台座の下は、地獄につながり、地獄の釜の音が聞こえると言われています、心がけの悪い人が、この祠に、頭を入れますと、石の扉が閉まり、頭が抜けなくなるそうです。一度、試されてはいかがでしょうか。

  • 聖通寺
    旅行/観光
    香川県綾歌郡宇多津町2805
    坂出北ICから約10分の距離にある薬師の寺。「さぬき三十三観音霊場」の第三十一番札所として千手観世音菩薩・薬師如来を本尊に祀っている。正確な創建は明らかになっていないが、弘法大師が巡錫した際に千手観音を自刻して安置したのが始まりと伝えられている。その後貞観10年(868)に中興開山として現在の寺号に定められ、宇多天皇の勅願所、藩主生駒親正・松平頼重の祈願所となり、現在の寺号へと至った。
  • 正覚院(山寺)
    旅行/観光
    香川県丸亀市本島町泊842
    本島のほぼ中央に位置する真言宗の寺院。地元住民からは「山寺さん」の愛称で親しまれている。開創は天平年間(729-748)と伝わる古刹で、本尊の聖観世音菩薩像は33年に一度開扉される秘蔵だ。檜の聖観音像は鎌倉時代初期に作られたものと言われており、国の重要文化財に指定されている。毎年7月第3日曜日に開催される夏祭りでは湯加持や火渡り修行などが行われ、多くの参拝者や観光客で賑わう。
  • 七仏薬師
    旅行/観光
    香川県善通寺市吉原町三井ノ江
    JR土讃線・善通寺駅から徒歩約15分の距離に佇む薬師如来。善通寺伽藍から東に延びる「善通寺赤門筋商店街」の1画に石造りの像が立っている。元々は吉原大池のほとりに本尊があったが善通寺創建1200年を機に吉原町七仏薬師寺から現在の地に勧請された。お参りすると母乳の出がよくなると言われていることから「乳薬師」の愛称で親しまれる七仏薬師だ。毎月8日に行われる法要では「赤門八日市」も開催され、多くの地域住民で賑わう。
  • 香色山ミニ八十八ケ所
    旅行/観光
    香川県善通寺市善通寺町1079
    弘法大師空海の御誕生地・善通寺の裏手に広がるハイキングコース。香色山山麓の五智院を起点に四国88カ所にちなんだ一寺一仏石像88体が配されている。一周約1.6kmの起伏に富んだコースは健康づくり格好の場。四国巡礼と同じご利益が得られると言われれているコースは道沿いにいこいの広場やミニパーク、菖蒲園などを完備。巡拝のご利益にあやかるだけでなく四季折々の花が楽しめるふれあい公園として多くの人々が足を運んでいる。
  • 最明寺
    旅行/観光
    香川県高松市塩江町安原下1-274
    地元では、萩寺として有名。大宝元年(701)、行基が薬師如来像を彫り、本尊として安置したといわれる古刹。
  • 我拝師山出釈迦寺
    旅行/観光
    香川県善通寺市吉原町1091
    第72番札所の曼荼羅寺から南に500m程歩いて5分位の我拝師山の麓にある。7才の弘法大師がこの山の山頂から身を投げ、「仏門に入って人を救えるなら釈迦如来よ、現れてくれ」と念じた時、釈迦如来と天女が現れ空中で弘法大師を抱きとめたとされこの寺号がついた。
  • 綾子踊
    旅行/観光
    香川県仲多度郡まんのう町佐文523-1
  • 亀山八幡宮大祭
    旅行/観光
    香川県小豆郡小豆島町池田
  • 宇賀神社どぶろく祭
    旅行/観光
    香川県三豊市豊中町笠田笠岡
  • 大野原八幡神社秋祭り
    旅行/観光
    香川県観音寺市大野原町大野原1913
  • ごんべい祭り
    旅行/観光
    香川県三豊市豊中町笠田笠岡
  • さぬき豊浜ちょうさ祭
    旅行/観光
    香川県観音寺市豊浜町姫浜
  • 山王宮夏まつり
    旅行/観光
    香川県東かがわ市馬宿414-2

香川の主要エリア

around-area-map

通称「うどん県」としても知られている、讃岐うどんが有名な香川県。 飛行機なら、高松空港には羽田空港から1時間半ほどです。新幹線では、岡山駅でJR快速マリンライナーに乗り換え5駅で高松駅に到着です。所要時間は、4時間半ほど。 香川県は3つのエリアに分けられます。琴平町や丸亀市には、うどん作り体験ができる中野うどん校や、「こんぴらさん」で親しまれる金刀比羅宮があります。銭形砂絵や世界のコイン館などお金に関するスポットが有名な観音寺市も人気です。 高松市には、桃太郎伝説で有名な鬼ヶ島大洞窟や、源平合戦の古戦場として知られる溶岩台地の屋島が人気です。小豆島では、オリーブの木やハーブが栽培されており、実写版『魔女の宅急便』のロケ地にもなった「小豆島オリーブ公園」、国の登録有形文化財にも指定されている「マルキン醤油記念館」などがあります。 ほかにも、イルカとの触れ合える日本ドルフィンセンターや、日本の渚百選にも選ばれた琴林公園の美しい浜辺など、随所で観光を楽しむことができるでしょう。 うどん、骨付鳥、オリーブは、香川県に行ったら必ず味わいたいグルメです。

香川の写真集

目的から探す