NAVITIME Travel

香川の美術館スポット一覧

  • イサム・ノグチ庭園美術館
    rating-image
    4.5
    90件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県高松市牟礼町牟礼3519
    20世紀を代表する彫刻家イサム・ノグチの世界像を心ゆくまで味わえる美術館。モニュメント・庭や公園等の環境設計・家具や照明のインテリアから、舞台美術までの幅広い活動を行った、きわめてユニークな芸術家の、ジャンルを超えた宇宙的でコスモポリタンな空間だ。

    イサムノグチ庭園美術館。その存在には昔から訪れたい場所でしたが、はがきでの予約が必要で、開館日も限られ、時間も10時と13時の2回のみなので、これまでチャンスがありませんでした。今回は、高松での仕事が午後だったので、前泊地徳島から朝の特急うずしおで屋島駅下車。タクシーで向かいました。時間に集まった顔ぶれを見てびっくり、約50名の内、日本人は私を含めて8名。それ以外は海外からの方々。それだけの価値が...

  • 香川県立東山魁夷せとうち美術館
    rating-image
    4.0
    80件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県坂出市沙弥島字南通224-13
    東山魁夷の祖父の出身地・櫃石島と瀬戸大橋を望む地に建つ美術館である。東山家寄贈の版画作品を中心に所蔵しており、様々なテーマで企画展を行っている。瀬戸内海と瀬戸大橋を一望できるカフェからの眺めは絶景だ。

    デザインも良く立派な建物で人も少なくじっくり鑑賞出来ます。プロジェクターで作品検索も可能でした。 併設された喫茶コーナーは瀬戸大橋が一望出来る見晴らしで落ち着いてコーヒーが楽しめます。

  • 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
    rating-image
    4.5
    73件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県丸亀市浜町80-1
    丸亀市にある美術館。略称はMIMOCA(ミモカ)。この地で少年時代を過ごし、世界的に活躍した画家・猪熊弦一郎氏の画業顕彰と、市民の芸術文化振興を目的として開設。全国でも類を見ない「駅前美術館」として開かれた美術館を目指している。寄贈作品約2万点を常設展にて紹介しているほか、年数回の特別展示も開催。併設のカフェでは企画展ごとに入れ替わるオリジナルの限定スウィーツも好評。

    大した絵心もない一般人にとって芸術的センスは如何なものか?一通り見てまわってから売店であれこれ購入。売店に居た時間の方が長かったようにも思えました!

  • 高松市美術館
    rating-image
    4.0
    50件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県高松市紺屋町10-4
    ことでん「片原町駅」から徒歩で約10分、高松市の中央商店街に隣接する美術館。戦後日本の各時代をリードした作家の優れた作品を紹介する「戦後日本の現代美術」、版画作品で美術潮流を辿る「20世紀以降の世界の美術」、漆芸や金工を中心とした「香川の美術」を3つの柱として、約1,600点の作品を収蔵している。主に美術や芸術に関する約5万冊の資料を収蔵した図書コーナーも利用可能。ショップでは収蔵作品のグッズなどを販売している。

    雨の中訪れた市美は落ち着いた空間。まずはスロープをのぼり企画展へ。 「留め石」から始まる作品は静かに語りかけてくる。昨年MOTサテライトで出会った作品「Strata」にも再会。 漕法一連の作品と観るとまた趣が異なるから不思議。目覚めの時間を堪能した後はサヌカイトの音色に安らぎ。 常設展「いろいろな色」は気分が明るくなり台風なんて忘れてしまった。 別の期の常設展も観てみたいなと。

  • 四谷シモン人形館 淡翁荘
    rating-image
    4.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県坂出市本町1-6-35
    坂出駅から徒歩で約8分の距離にある人形館。「だし醤油」で有名な鎌田醤油グループが支援・運営を行っている。鎌田醤油本社工場に隣接する洋館には人形作家・四谷シモン氏が手がける不可思議な球体関節人形23体を展示。登録有形文化財に指定された淡翁荘の金庫やトイレ、押し入れの中など至る所に人形作品が潜んでいる。郷土の史料を保存・研究・公開する「鎌田共済会郷土博物館」や古来より伝わる醤油画の技法を用いた作品を展示する「小沢剛 讃岐醤油画資料館」も併設しているため、合わせて訪れる人も多い。

    坂出にある鎌田醤油が運営する鎌田ミュージアムの一角にある人形館。建物自体が昭和初期に建てられた鎌田醤油の迎賓館だった淡翁荘。建物や内装、調度品も一見の価値ありです。館内には23体の人形が「住んで」いる。その多くがケースにも入らずに、間近に鑑賞でき、写真撮影も可能です。人形の表情はいきいきとしており、そのまま動き出して話し出すのではないかと、思わせるほどの出来栄え。襖の中や金庫の中、トイレの中にも...

  • 世界のコイン館
    rating-image
    3.0
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県観音寺市有明町3-36
    世界最大の銭形砂絵「寛永通宝」にちなんで作られたミュージアム。国内外125か国、およそ2000点のコインを展示している。各国の貨幣や古い貨幣も展示されており、分かりやすいイラスト入りの説明を見ながらお金の歴史や大切さについて学ぶことが可能だ。1億円分の紙幣の切りくずや世界一大きい石のお金など一風変わった展示も多い。同じ入館料で2階の「大平正芳記念館」も見学可能だ。

    大平正芳記念館と共通で300円で入れる記念館で、世界の2000点のコインがズラッと並んでおり、興味ある人にとっては楽しいでしょう。

  • 灸まん美術館
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県善通寺市大麻町338
    JR琴平駅から徒歩約15分の距離にある美術館。象頭山を一望する景勝地で郷土出身の画家・和田邦坊や陶芸家・大森照成の作品を常時展示している。多岐にわたって活躍した和田邦坊の作品は香川郷土菓子のパッケージにも広く使われた馴染み深いものばかり。館内にはカフェも併設しているため、ゆったり鑑賞した後の休憩に最適だ。静かな空気の中で名物・灸まんをはじめコーヒーや抹茶などを頂くことができる。

    小規模な美術館で常設コーナーはなく、特別展示を一定期間ごとに開催しているのではと思います。灸まんの商品も置いており、此処でしか購入出来ないラスクも有りました。小さな喫茶店も併設されており、金比羅さんの帰り道にひと休みするのに丁度良いと思います。

  • 丸亀平井美術館
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県丸亀市土器町東8-538
    ビルの名「モトリス」のイニシャルMをかたどった前衛的な外観デザインが印象的。丸亀新聞放送会館の1-3階にあり、日本にあまり紹介されていない1990年代以降のスペイン中堅・若手作家の作品を展示。所要30分。

    丸亀駅のすぐ近くの美術館に後に行きましたが、駅からは結構離れています。近代アート作品が展示されているので巣が、あまり感動はしませんでした。好き好きということでしょうか。

  • 高松市塩江美術館
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県高松市塩江町安原上602
    館内には、塩江町出身の画家熊野俊一の寄贈作品を中心に展示されている。風景画中心とした作品は心を和ませてくれる。

    高松市からそこそこ離れたところに位置している塩江温泉郷近くに位置している美術館で、現地の珍しい絵画が味わえます。

  • 善通寺市美術館
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県善通寺市文京町2-1-3
    善通寺市役所の隣に佇む美術館。善通寺出身の漆芸家・大西忠夫より多くの作品の寄贈を受けて美術館・大西忠夫記念館として開館した。一階の常設展示場では同氏の漆芸作品や漆額、花器などを展示。館内にはこのほか2つの展示室を備えており、貸館として近隣の美術愛好家グループ等が利用している。普段は1部屋のみを「大西忠夫記念館」としているが、毎年10月の特別展では全館を使用して氏の作品を展示。伝統の漆芸に絵画的要素を取り入れた独特の世界観が堪能できる。

    善通寺出身の漆芸家、大西忠夫氏の作品を鑑賞しました。花器や漆額など、美しかったです。常設展は、無料で見学ができました。

  • IKUNAS g(イクナスギャラリー)
    遊ぶ/趣味
    香川県高松市花園町2-1-8 森ビル2F
    香川県高松市花園町にある雑貨のギャラリーショップで、香川県の工芸品や民芸品を中心に取り扱っている。香川発のライフスタイル誌「IKUNAS」に掲載された商品も販売しており、伝統を守りながらも現代的なセンスを取り入れたアイテムが充実。香川漆器、讃岐手まり、讃岐装飾瓦、保多織など職人の手仕事が光る雑貨の数々は、観光客のお土産としても好評である。
  • 妖怪美術館
    遊ぶ/趣味
    香川県小豆郡土庄町甲405
    戦乱や海賊から逃れるため、複雑に入り組んだ路地が残る「迷路のまち」香川県小豆郡土庄町。「MeiPAM」とは、町に残る古い建物やモノを生かし、地域ならではの「にぎわい」を創出するアートプロジェクトである。明治時代の蔵や元醤油屋の倉庫、古民家などを再生したアートギャラリーをはじめ、町全体をゆっくり楽しめる多彩な店舗がある。小豆島・瀬戸内の食材を使った食堂や本と雑貨のお店、おしゃれなカフェは、散策の合間の食事や休憩に人気。
  • 高松市男木交流館
    遊ぶ/趣味
    香川県高松市男木町1986
    スペインを代表するアーティストであるジャウメ・プレンサ氏がデザインを手がけた交流施設。貝殻をイメージした白い屋根には8つの言語の文字がデザインされており、船の待合所である建物自体が現代アートとなっている。男木交流館は、島民と島を訪れた人々との交流の場として活用されているほか、館内では、島の観光案内やうどんなどの軽食の販売を行っており、男木島の新たな名所となっている。
  • 地中美術館
    rating-image
    4.5
    822件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県香川郡直島町3449-1

    芸術を理解したとも思いませんし、アートへの興味が日常的なものになることはありませんが、たまにはこんな時間を過ごすのも悪くないと思います。建築自体も芸術、写真でみる建物の外観は地中に埋まった基地のようですが、内部はまるで迷宮。体感型とでも呼べばいいのか、つくりの大きい作品が日常では味わうことのないような五感の刺激を与えてくれました。

  • 豊島美術館
    rating-image
    4.5
    300件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃607

    冬は、ほとんどここしかないので、ずっといたいところなんですが、やはり屋外と繋がっているため、寒いです。 展示内容は、行かないと経験できない感じなので面白かったですか、入るまでにもったいぶって説明されるのが、微妙に合わない。(個人的見解です)

  • 李禹煥美術館
    rating-image
    4.0
    210件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県香川郡直島町字倉浦1390

    港から地中海美術館まではレンタルバイク。そこから先はバイクは置いて、シャトルバスを利用することになります。地中海美術館とベネッセハウスミュージアムと比べると展示物は割とコンパクトで数も少ないか。屋内の展示よりも館外に建築中のオブジェはの方が気になったのが正直なところ。時間がないようであれば、パスしてもいい気はします。

  • ANDO MUSEUM(アンドウ ミュージアム)
    rating-image
    3.5
    171件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県香川郡直島町736-2

    建築家安藤さんのミュージアム。民家に近いのであまり広くない。地中美術館のラフスケッチや模型、建築風景があるので、こちらをみてから行くと建築におおってなる。 地下の反響部屋が面白い。

  • クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」
    rating-image
    4.0
    70件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃2801-1

    ボルタンスキーは、様々な手法で人間存在を感じさせる気鋭の作家です。本作品も、心臓音と光をミックスして、人間の存在を目の当たりにさせます。また、鑑賞者自らも、費用がかかるものの、心臓音を録音して作品に参加できます。不在の中に存在を問う作家の見事な境地を感じました。

  • MeiPAM
    rating-image
    3.5
    20件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県小豆郡土庄町甲405

    最初、入場料の高さに驚いたけど面白かった!受付のある建物だけかと思ったら、5箇所ほどに点在していて、それぞれ古くからの建物を利用した赴きあった。展示物も凝っていて見ごたえあり◎

  • 豊島横尾館
    rating-image
    3.5
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    香川県小豆郡土庄町豊島家浦2359

    旧家、おそらく典型な商家の日本家屋や日本庭園を対象的な赤や黒、金などのビビッドな色彩の世界が覆う。古いものと新しいもの相反するものを同じ空間に収める。それは生と死の世界を表現しているかのよう。隅々まで広がる横尾ワールド。

香川の主要エリア

around-area-map

通称「うどん県」としても知られている、讃岐うどんが有名な香川県。 飛行機なら、高松空港には羽田空港から1時間半ほどです。新幹線では、岡山駅でJR快速マリンライナーに乗り換え5駅で高松駅に到着です。所要時間は、4時間半ほど。 香川県は3つのエリアに分けられます。琴平町や丸亀市には、うどん作り体験ができる中野うどん校や、「こんぴらさん」で親しまれる金刀比羅宮があります。銭形砂絵や世界のコイン館などお金に関するスポットが有名な観音寺市も人気です。 高松市には、桃太郎伝説で有名な鬼ヶ島大洞窟や、源平合戦の古戦場として知られる溶岩台地の屋島が人気です。小豆島では、オリーブの木やハーブが栽培されており、実写版『魔女の宅急便』のロケ地にもなった「小豆島オリーブ公園」、国の登録有形文化財にも指定されている「マルキン醤油記念館」などがあります。 ほかにも、イルカとの触れ合える日本ドルフィンセンターや、日本の渚百選にも選ばれた琴林公園の美しい浜辺など、随所で観光を楽しむことができるでしょう。 うどん、骨付鳥、オリーブは、香川県に行ったら必ず味わいたいグルメです。

香川の写真集

目的から探す