徳島の資料/郷土/展示/文学館スポット一覧

  • 阿波おどり会館
    rating-image
    4.0
    399件の口コミ
    旅行/観光
    徳島県徳島市新町橋2-20
    JR「徳島駅」から徒歩10分ほどのところにある、阿波おどりに関連する資料の展示や実演を行う文化施設。1999年オープン。2階の「阿波おどりホール」では阿波おどり会館専属連の「阿波の風」が出演し、ステージを彩る。昼公演と夜公演があり、どちらも阿波おどりが体験できるコーナーが設けられている。そのほか3階に阿波おどりの歴史を紹介した阿波おどりミュージアム、1階には名産品の販売コーナー、5階には眉山ロープウェイ山麓駅がある。

    徳島と言えば、阿波踊りしかない 笑 ってことでお盆にも行きましたが、他に行くところないので、ついでに会館にも行きました。 ま、良くある博物館的な歴史等を見るのに適してますが、如何せん古い。 でも、舞台があって、踊りをみせてくれるのですが、これは一見の価値ありですね〜〜 でも、一回みたらもういいかな笑 あと、徳島の人間は、田舎の方が多いのでかなり愛想が悪い印象です。 それさえ気にしな...

  • 鳴門市ドイツ館
    rating-image
    4.0
    77件の口コミ
    旅行/観光
    徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
    板東俘虜収容所で過ごしたドイツ兵たちの活動の様子や、地域の人々との交流の様子を展示した史料館。板東俘虜収容所は特に音楽活動が盛んで、アジアで初めてベートーウェンの「交響曲第9番」をコンサートとして全楽章演奏した地でもある。展示コーナーやミュージアムショップのほか、大小貸し会議室もある。

    ベートーヴェンの第九のアジア初演の鳴門 板東収容所の捕虜だったドイツ兵によるものです どうしてもここへ来たかったので良かった 当時の生活のことがよくわかりました 私が思っていた以上に多くの演奏会が開かれていたことに驚きです 当時の資料も買いましたけど 当時の印刷技術とかすごいなと思いました 音楽好きとしては当時プログラムを印刷したクリアファイルのお土産も良かったです

  • 美馬市伝統工芸体験館 美来工房
    rating-image
    3.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    徳島県美馬市脇町大字脇町92
    昭和63年(1988)に明治時代の税務署をモチーフに擬洋風の建物となった建物の文化資料館。もともとは明治時代税務署であった場所でその後法務局として使われ現在は、うだつの街並みの今昔を伝える資料の展示をしている。またボランティアガイドの受付や観光情報の発信もしている。

    うだつの町並みの中にある洋風建築の建物。明治時代は脇町税務署だったとのこと。現在は伝統工芸の製作場所であり、見学や体験もできるようになっているようである。玄関から製作場所と思われる部屋を覗いてみたが、男性が一人机に向かって何かをしているだけだったのでそのまま立ち去った。

  • 阿波池田うだつの家阿波池田たばこ資料館
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    徳島県三好市池田町マチ2465-1
    JR土讃線「阿波池田駅」よりうだつ通り方面へ徒歩約5分、または徳島自動車道「井川池田IC」より車で約5分。幕末から明治にかけてたばこ産業で繁栄した当時の池田の様子と、たばこの歴史を知ることができる資料館。百年以上前のたばこ業者の住まいを利用した建物内に、年代順に並んだ当時の帳簿やたばこの葉、製造機械などの資料が展示されている。建物は三好市の有形文化財に指定され、四季折々の花が咲く庭園や、離れ座敷なども見学可能。

    個人でたばこを作っていた、まなべさんという、たばこ業者の住まいだったそうです。中庭があり豪華な部屋でした。機械や資料が展示してあります。昔のたばこのパッケージもありました。

  • 東祖谷歴史民俗資料館
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    徳島県三好市東祖谷京上14-3
    祖谷の地に伝わる平家伝説について、写真やパネルで紹介する資料館。平家ゆかりの赤旗のレプリカなどを展示。また、祖谷地方の暮らしにまつわるさまざまな品を展示し、この地で育まれた独自の生活文化も紹介している。JR「大歩危駅」より四国交通バス久保行きに乗車し、「京上バス停」下車すぐ。

    展示の量は少ないですが、手っ取り早く歴史を学べるのでおすすめです。10分の紹介映像を見るとより簡単に知識を得られます。

  • 平家屋敷民俗資料館
    旅行/観光
    徳島県三好市西祖谷山字東西岡46
    高知自動車道「大豊IC」から車で約30分。平家由来の宝物やゆかりの品々、古文書、民具などの資料数百点を展示する資料館。建物は安徳天皇の御典医として宮中に仕えた堀川内記がこの地に落ちのび、その子孫が代々暮らした屋敷を利用。幕末期に建てられ、当時の囲炉裏や藁葺屋根もそのままに残された母屋は、土蔵と共に市の文化財に指定されている。屋敷の庭には、樹齢約800年の大もみじや木犀などの時代を見守り続けてきた名木が佇む。
  • パゴダ平和記念塔
    rating-image
    3.5
    21件の口コミ
    旅行/観光
    徳島県徳島市眉山町茂助ヶ原

    白い三角錐の塔です。いまから約10年前に造られました。この日は遅かったのか、入館はできませんでした。眉山山頂にあり、ロープウエイ駅からもすぐで交通の便はいいです。

  • 徳島市天狗久資料館
    rating-image
    4.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    徳島県徳島市国府町和田字居内172

    徳島市の国府町にある天狗久資料館は初訪問です。 天狗久とは明治・大正・昭和と三時代にわたり、阿波人形浄瑠璃に使用する木偶(でこ)を製作した人形師のようです!

  • 徳島市立考古資料館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    徳島県徳島市国府町西矢野字奥谷10-1

    奈良時代に阿波国府が置かれ、国分寺もある国府町だから市立考古資料館があるのでしょうか。広々とした駐車場と立派な建屋で、無料で入館出来るのは素晴らしい。資料室は縄文時代から奈良・平安時代あたりが中心の展示で、縄文住居や古墳など阿波の中心を担っていたような資料類が沢山展示してあり、阿波の古代を学ぶことができます。

  • 東みよし町立歴史民俗資料館
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    徳島県三好郡東みよし町中庄1189
    本町は古来加茂五千石と言われた徳島県西部の穀倉地帯であった。それだけに遺跡、文化遺産も多く、これを収集、整理、保管、公開している。

    開館時間が16:30までとなっているのを少し遅く寄ったが、親切に見学許可を頂いた。展示室はこじんまりとしてるが、見やすく綺麗に展示してあり分かり易い。東みよし町の取り組みの姿勢が有り難い。ここでも人形浄瑠璃があり、古墳の発掘もあるようです。

  • 阿南市立阿波公方・民俗資料館
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    徳島県阿南市那賀川町古津339-1
    中島駅から徒歩で10分の所にある。館内には、足利氏の遺品、古文書、町内にある民具、生活用具などが展示されている。

    道の駅阿波公方は立ち寄りやすい場所で農産物も多いですが阿南道路を西に曲がり2,3分で着きました。「足利善冬」が移り住み9代にわたって文化の中心となったとの説明がありましたが、座像が数体、農具が多く、徳島での文化的な役割が今一つピンとこないのが残念でした。

  • 貝の資料館 モラスコむぎ
    旅行/観光
    徳島県海部郡牟岐町灘下浜辺198-1
    海部郡牟岐町にある資料館。県産のスギやヒノキを使って建てられた木造建築「モラスコむぎ」を利用。「日本三名宝」と称されるテラマチダカラ、ニッポンダカラ、オトメダカラの3種のタカラガイをはじめ、約2,000種、6,000点に及ぶ世界中の貝や化石標本を展示している。また、施設に隣接して広がる浜辺では、海の生き物も観察できる。
  • 徳島県立文学書道館
    旅行/観光
    徳島県徳島市中前川町2-22-1
    徳島市中前川町2丁目にある文学館・美術館。徳島にゆかりのある作家や書家に関する展示を行う文学館と書道美術館からなる。モラエス、賀川豊彦といった作家の資料や、貫名菘翁、中林梧竹などの書家の作品を常設展示するほか、徳島出身の作家・瀬戸内寂聴の人生を辿る「瀬戸内寂聴記念室」も併設している。
  • 勘緑の部屋
    旅行/観光
    徳島県三好市池田町マチ2465-1 阿波池田うだつの家
  • 吉野川市役所前イベント広場
    旅行/観光
    徳島県吉野川市鴨島町鴨島115-1
  • 阿波海南文化村
    旅行/観光
    徳島県海部郡海陽町四方原字杉谷73
    420席のイベントホールを有する文化村。海部刀を常時展示した博物館のほか、工芸館、いきいき館、博物館、三幸館など5つの建物に分かれており、阿波南部村の文化交流のふれあい施設となっている。
  • 徳島県那賀川出島野鳥公園
    旅行/観光
    徳島県阿南市那賀川町みどり台1-1
    年間150種の野鳥が観察でき、春秋の渡り期には特に珍しい野鳥が見られる。日曜日は野鳥の会のメンバーによる説明会が開かれる。
  • 脇町ふれあい館
    旅行/観光
    徳島県美馬市脇町大字脇町20
    藍染めで知られる脇町の江戸末期の伝統的な呉服商、野崎家を改修した建物。阿波藍の作業過程と味わいある藍染め作品が見学できる。
  • 徳島県立埋蔵文化財総合センター
    旅行/観光
    徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2
    歴史文化公園内に隣接しており、発掘調査により出土した土器や調査記録などを展示保存してる。
  • 徳島県立あすたむらんど子ども科学館
    旅行/観光
    徳島県板野郡板野町那東字キビガ谷45-22

徳島の主要エリア

around-area-map

400年以上の歴史をもつ「阿波踊り」で有名な徳島県は、鳴門海峡の渦潮や祖谷渓など観光資源の多い地域です。阿波牛、阿波ポーク、阿波尾鶏の「阿波畜産3ブランド」をはじめとして、なると金時、鳴門わかめ、竹ちくわ、スダチなどの名産品が有名で人気があります。 交通アクセスは、徳島阿波おどり空港の利用が便利で、羽田空港・福岡空港からはどちらも約1時間です。 県の北部・徳島市にある「眉山(びざん)」は市のシンボルで、とても美しい夜景を見ることができます。南部にある美波町には、厄除寺として全国に知られている「薬王寺」があります。また徳島県は、絶滅危惧種アカウミガメの産卵地でも知られ、美波町には全国でも珍しいウミガメ専門の博物館「日和佐うみがめ博物館カレッタ」があります。祖谷エリアにある「祖谷のかずら橋」は、秘境・絶景スポットとして注目を集めるスポットです。 ご当地グルメは、徳島ラーメン、たらいうどん、鳴ちゅるうどん、半田そうめんなど、麺類が多いのが特徴です。

徳島の写真集

目的から探す