萩の旅行/観光スポット一覧

  • 松陰神社
    rating-image
    4.0
    340件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市椿東1537
    萩市にある、幕末の教育者として有名な吉田松陰を祀る神社。明治23年(1890)に松陰の実家邸内に建てられた祠を始まりとし、昭和30年(1955)に現在の社殿が完成した。学問の神として信仰を集め、初詣シーズンは受験生で賑う。

    吉田松陰を奉った神社です。大したことはないと思いますが、 松下村塾に隣接しており、その余韻に浸って訪れるのも悪くないと思います。

  • 松下村塾
    rating-image
    4.0
    328件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市椿東1537 松陰神社内
    吉田松陰の叔父、玉木文之進が自宅で開いた私塾。後に松陰の外伯父にあたる久保五郎左衛門が継承し、安政4年(1857)に松陰が主宰することとなった。木造瓦葺き平屋建ての小舎で、講義室だった8畳間の部屋には松陰の石膏像と肖像画、机が置いてある。高杉晋作、伊藤博文、山県有朋など、明治維新の原動力となった志士を多く育てた私塾だ。

    萩・明倫学舎で、世界遺産の一つであることを知り、近くでもあることから行ってみました。思ったより、かなり小さな建物でした。このような場所から、日本の偉人が誕生することに、驚きとともに感銘を受けました。萩市内で必見の場所かと思います。

  • 萩城城下町の碑
    rating-image
    4.0
    292件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市呉服町2
    山口県萩市の「江戸屋横丁」と「御成道」の角地に立つ碑。周辺は、商人や中下級武士の住むエリアだったことから、風情のある小路や町屋、武家屋敷などを鑑賞することができ、一帯は国指定の史跡にも選ばれている。またレンタサイクルもあるので、城下町の散策に多くの観光客が利用している。

    1年ぶりに訪れました。コロナの影響で博物館は閉まっていましたが、駐車場を利用しました。1日310円です。 前来た時も閑散としていましたが、今回もガラガラでした。そのお陰でのんびり城下町を散策できました。低めの塀に囲まれたお屋敷や夏みかんの木々が風情があり良かったです。

  • 道の駅 萩し-まーと
    rating-image
    4.0
    193件の口コミ
    交通
    山口県萩市椿東4160-61
    山口県道67号萩川上線沿いにある、魚市場直結の道の駅。鮮度の良い魚介類をリーズナブルな価格で購入することができる。レストランでは、新鮮な魚料理を味わうことができる。また、構内の水槽では名物の「ケンサキイカ」や「マフグ」を見られることも。「お魚捌き方教室」なども定期的に開催しており、多くの人々が訪れている。

    お魚ワンダーランド!安くて美味しそうな干物がいっぱい!大入りのしらすや、ノドグロの干物も東京では考えられない程安い。お買い物して帰りました。海鮮料理のカジュアルな食堂があります。記憶が曖昧ですが、ウニ丼3000円、ウニ卵丼2000円、定食もあります。 写真だとご飯一杯に載っているのが、実際は半分まで(笑)

  • 黄檗宗 護国山 東光寺
    rating-image
    4.5
    96件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市椿東1647
    萩市にある黄檗宗の寺院であり、旧萩藩藩主・毛利家の菩提寺。元禄4年(1691)に3代藩主・毛利吉就が建立し、毛利氏廟所には、5代・7代・9代・11代の藩主および夫人や側室など一族の墓がある。また、境内には重要文化財の総門・大雄宝殿・鐘楼など、見ごたえある中国風の建築物が多数点在。

    松蔭神社参拝後に伺いました。 以前訪れた際に強烈な印象を受けたので萩に来た際にどうしても訪れたかったお寺でした。 宇治にある大本山萬福寺の黄檗宗の寺院なので造りが中国様式なのか他の寺院と少し異なります。 山門から真っ直ぐ伸びる参道に痺れます。 本堂を更に奥に進むと毛利家の墓所となりますが規則正しく並ぶ石廟は圧巻で伴すると怖い程ですが…なんとも静かに佇む様は凄いなぁ〜と感じます。 静かに参拝し自然...

  • 萩博物館
    rating-image
    4.0
    101件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山口県萩市堀内355
    長州藩の城下町として栄え、現在も多くの歴史的建造物が残る山口県萩市の博物館。町全体を大きな博物館とするプロジェクト「萩まちじゅう博物館」の中核施設として建設された。館内には萩に関する歴史資料や美術品など約19万点を収蔵。高杉晋作や吉田松陰など萩市ゆかりの歴史的人物の紹介コーナーのほか、萩の文化・自然に触れられるギャラリーなどがある。年に4回、特別展や企画展を開催。

    時間の都合上、入館はしませんでしたが、正門横の館外展示「くらしのやかた長屋門」へ。当時は「親子でふれる昭和のくらし」展で、懐かしい昭和の看板や生活道具がいっぱい展示されていました。 エントランスでは観光パンフレットも揃っていて、入館しないにもかかわらず、スタッフさんがわざわざ外まで出てくれて親切丁寧に城下町の散策ルートを教えて頂き恐縮の極み。 ちなみに、駐車場は310円ですが、その領収書を提示...

  • 萩・明倫学舎
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市大字江向602
    山口県萩市にある「萩藩校明倫館」の跡地を利用した木造施設で、日本最大級の木造校舎として有名である。施設内には、本館や2号館が完備されており、パネル展示や校舎内・屋根裏の見学などをすることができ、幕末ファンが多く訪れている。

    萩観光のためにこちらに最初に立ち寄りました。昔の小学校を活用した、最近できた施設のようで、萩観光の参考になる情報が盛りだくさんです。駐車料金は別にかかりますが、本館は無料、2号館は入館料は300円とリーズナブルです。駐車場も2箇所目以降は半券を見せることで、無料になるようです。レストランやお土産も充実しております。

  • 高杉晋作誕生地
    rating-image
    3.5
    69件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市南古萩町23
    日本で初めて身分不問の軍事組織「奇兵隊」を創設するなど、奇抜なアイデアと行動力で討幕戦を勝利に導いた高杉晋作。幕末の風雲児・晋作の誕生地は山口県萩市南古萩町にあり、現在は旧居の南半分が公開されている。晋作の産湯に使ったといわれる井戸や自作の句碑があるほか、旧宅には晋作ゆかりの品を展示。※邸宅は個人所有のため、建物外からの見学のみ可。

    菊屋横町の中ほどにあり、間口は狭くこじんまりした家ですが、庭や産湯に使った井戸が、そのまま残っています。 この地が19歳で松下村塾に入門し、幕末の動乱を駆け抜け、明治維新を目前に29歳の若さでこの世を去った革命児「高杉晋作」の誕生の家かと思うと感慨深いものがあります。

  • 山口県立萩美術館・浦上記念館
    rating-image
    4.5
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山口県萩市平安古町586-1
    萩市にある、浮世絵版画・東洋陶磁・陶芸の専門美術館。平成8年(1996)、萩市出身の実業家・浦上敏朗が寄贈したコレクションをもとに開館した。旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド」で2ツ星を獲得した観光施設。萩焼の器で抹茶を楽しむこともできる喫茶室は、鑑賞の合間の休憩場所として人気。

    浮世絵と東洋陶磁と陶芸の美術館と聞いていました。焼きものはあまり普段見ないので、ざっとだけ見ようと思っていたら、びっくりでした。。「恒久破壊―十三代三輪休雪(三輪和彦)の陶造形」はあまりにすごかったです。永井豪の世界のようでした。本当はもっと浮世絵のコレクションをみたかったのですが、今回は大満足でした。

  • 道の駅 萩往還
    rating-image
    4.0
    42件の口コミ
    交通
    山口県萩市大字椿字鹿背ヶ坂1258
    山口県道32号萩秋芳線沿いにある道の駅。農産物直売所「野菜まぁと」では、新鮮な野菜を購入することができる。また、名物「平田さんのトマト」は、販売日になると行列ができる人気商品となっている。レストランやテイクアウトコーナーのほか、「松陰記念館」も併設されており、地元の人々だけでなく、観光客も多く訪れている。

    道の駅はコンパクトですが常温冷凍食品・土産物・女性受けするパックや化粧オイル等、商品バラエティ豊でした。 併設されている松蔭記念館には松蔭神社にも存在する松下村塾の原寸レプリカもあります。塾生の紹介ボードなどなかなかなの展示物があり興味のある人には楽しい場所だと思います。 同じく併設されている橙々亭といううどん屋さんで遅いお昼を頂きましたが、初めて食べる瓦そば・雲丹飯・お値段の割にとっても美味しか...

  • 金毘羅社 円政寺
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市南古萩町6
    建長6年(1254)に創建された「円政寺」は、寺であるのに、入り口には石鳥居(市指定有形文化財)、境内には十二支の彫刻が施された金毘羅社社殿(市指定有形文化財)があり、全国でも珍しい神仏習合の形態が今でも見られる点で貴重な遺構だ。また境内には幼少期の高杉晋作や伊藤博文が遊んだとされる木馬(神馬)が残っている。

    神社とお寺が共存しています。伊藤博文や高杉晋作が幼少期に学んだ場所とのこと。こちらの住職より、この地の他有名人も説明して頂き非常に楽しめました。会えると、ラッキーですよ。為になるお話満載。この地は、歴史あるすごい場所に気付かされます。

  • 大照院
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市大字椿4132
    明暦2年(1656)に建立された臨済宗南禅寺派の寺院。長州藩2代藩主・毛利綱広が、亡父の初代藩主・秀就の菩提所とする目的で承応3年から明暦2年(1654-1656)にかけて建て直した。その後延享4年(1747)の火災で一度は消失するも、6代藩主宗広によって再建された。本堂や庫裏、書院、鐘楼門、経蔵は国指定重要文化財に指定されている。隣接する「萩藩主毛利家墓所」には、秀就以下2代から12代までの偶数代の藩主と一族と秀就に殉死した7藩士の墓石がある。平成30年には本堂が一般公開された。

    萩駅から西に少し歩きます。毛利家の墓所があることで知られていて、夥しい数の石灯籠が並びます。静寂の支配する名刹で、墓地以外にも堂宇も非常に見ごたえがありました。

  • 吉田松陰歴史館
    rating-image
    3.0
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山口県萩市椿東1537
    松陰神社の境内にある、幕末の偉人・吉田松陰の生涯を紹介する施設である。70体以上もの蝋人形を用いて、松陰の一生を20の場面に分けて紹介しており、小さな子どもにもわかりやすい歴史館だ。

    東萩駅からレンタサイクルにて寄りました。松陰神社にあり有料です。吉田松陰先生の歴史のシーンを人形で再現されて いました。展示内容は変わらないと思いますので一回行けば良いかなと思います○

  • 松陰神社宝物殿 至誠館
    rating-image
    3.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市椿東1537
    山口県萩市にある資料館。吉田松陰の遺品などを遺品や遺書などが展示されているほか、萩市内のゆかりの地をパネルで紹介している。展示のほか、松下村塾で使用した原稿用紙を復刻したものや、所蔵宝物図録などを取り扱うミュージアムショップも併設している。館内は無料エリアと有料エリアに分けられている。

    明治維新を担う若者を育てた吉田松陰は安政の大獄により処刑されてしまいますが、彼の生涯をたどるパネル展示がありました。松陰神社の中にある比較的新しくできた施設です。よほどのファンでない限り、時間があれば立ち寄る程度で良いと思います。

  • 道の駅 ゆとりパークたまがわ
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    交通
    山口県萩市大字下田万2849-1
    国道191号線沿いにある、山口県最北端に位置する道の駅。 旬の新鮮な、海産物や農産物を購入することができる。また、田万川の名産「長門ゆず吉」を使用した商品も販売。そのほかレストランや休憩所など、さまざまな施設が完備されている。近隣には「田万川温泉」もあり、多くの人々が訪れている。

    ドライブの途中に休憩で寄りました。さば148円、のどぐろ412円など、驚きの安さで、思わず買ってしまいました。一度冷凍したものを解凍したものかもしれないのですが、それにしてもコスパは良いと思います。

  • 萩城跡
    旅行/観光
    山口県萩市大字堀内1-1
    山口県萩市にある城跡。現在は「萩城跡指月公園」として整備されている。園内では、「天守閣跡」「梨羽家茶室」「万歳橋」などの旧跡を見ることができ、国指定の史跡にも選ばれている。また桜の名所としても有名であり、開花の時期には約500本のソメイヨシノや珍しいミドリヨシノを観賞することができる。
  • 見島
    rating-image
    4.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市見島
    見島は萩の約45km沖合い、対馬海流の真っただ中にぽつんと浮かぶ面積約7.8平方kmの小島。かつては中国大陸との交通の要衝として栄えたところで、和同開珎や勾玉などが出土したジーコンボ古墳群(史跡)、和牛の原形といわれる見島牛(特別天然記念物)の放牧場、断崖絶壁に立つ宇津観音堂などが見どころだ。島内は公共交通機関がなく、3カ所を徒歩で回って約1日。宿泊施設は旅館5軒と民宿2軒のほか、砂見田キャンプ場(山口県漁協宇津支店へ要予約)がある。

    見島は、山口県萩市にあり、山口県を中心に見ると、北西に位置します。島には、旅館やキャンプ場、小学校や中学校、テレビ局まであります。萩港から行く事ができ、1日に3往復定期的に運航されております。

  • 萩焼資料館
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    山口県萩市堀内502-6
    萩城跡入り口近くに佇む資料館。萩藩御用窯時代の萩焼をはじめ江戸初期の松本窯や三ノ瀬窯初期の作品など数百点の作品を展示している。萩焼はもともと豊臣秀吉公の朝鮮出兵により萩藩主が連れ帰った朝鮮の陶工を始祖とするもの。江戸時代には萩藩の御用窯として栄えた歴史を持つ。資料館では家祖伝来のものや萩の旧家にひそやかに眠っていた名品珍品の展示もあり、萩焼や当地方の歴史について学ぶことができる。

    萩城跡の駐車場から入口までのあいだにあり、帰りに立ち寄りました。萩焼自体普段あまり目にすることがないので、ここで初めて萩焼がどんなものか見ることになりました。落ち着いた焼き物で、ここに置いてあるものは値段がはるものが中心でした。

  • 道の駅 あさひ
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    交通
    山口県萩市大字佐々並2476-1

    道の駅としてはそんなに大きいところでなくこじんまりとしていました。レストランも併設されていますが、レストランと言うより村の食堂という感じです。自分は1日10食限定の日替わりランチをいただきましたが、この日は魚のフライでした。山の中でん?っておもいましたが、ご飯と小鉢のかぼちゃの煮つけは美味しかったです。

  • 道の駅 うり坊の郷katamata
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    交通
    山口県萩市大字片俣字円明1244-7

    今年の正月に、津和野から萩に向けてドライブした際にこの道の駅で休憩しました。山間の普段ならまず通る事がない様な所にこの道の駅はありました。ナビで津和野から萩へのルートを検索して、最短ルートとして選ばれたことから、意外に多くの観光客がこの道を通るのかもしれません。正月だからでしょうか、残念ながら店舗は閉まっていたので、買い物は出来なかったのですが、イノシシの肉を販売されているとの事。今度、また立ち...

山口の主要エリア

around-area-map

本州の最西端に位置する山口県。日本海、瀬戸内海、響灘と3つの海に面し、美しい海と砂浜が特徴的です。 県外からのアクセスは山口宇部空港・新山口駅が便利で、羽田空港からは約1時間半、大阪・名古屋からは新幹線で2時間半ほど。 山口県は、下関市のある「西部」、長門市のある「北部」、山口市のある「中部」、岩国市のある「東部」に分かれています。 西部・下関市には、ドラマやCMのロケ地として有名になった「角島大橋」があり、エメラルドグリーンの海と白い橋のコントラストがとてもきれいな人気スポットです。 北部・長門市にある「元乃隅稲成神社」は123基の赤い鳥居が100m以上にわたって並び、赤、青、緑のコントラストが美しい景色は、CNNの「日本の最も美しい場所31選」に選ばれています。 中部・山口市では「龍福寺(大内氏館跡)」や「国宝瑠璃光寺五重塔」が有名です。 東部の鉱山跡を利用したテーマパーク「地底王国美川ムーバレー」では、洞窟探検アトラクションが楽しめます。 グルメは、フグ、クルマエビ、笠戸ひらめ、ケンサキイカなどの海鮮が楽しめます。

山口の写真集

目的から探す