津山・美作の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 津山まなびの鉄道館
    rating-image
    4.0
    57件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岡山県津山市大谷
    津山市大谷にある博物館。昭和11年(1936)に津山駅に造られ、日本に現存する扇形機関車庫の中でも2番目の規模を誇る「旧津山扇形機関車庫」を中心に、気動車やディーゼル機関車などの様々な車両展示やジオラマなどの資料展示を行っている。

    京都の梅小路博物館のように、SLをフィーチャーした鉄道系博物館は珍しくないのですが、ここはディーゼルカーが主体。ローカル線が大好きな私にとっては、たまらない展示でした。また、こんな車両に乗って旅がしたくなりましたね。

  • 奈義町現代美術館(NAGI MOCA)
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岡山県勝田郡奈義町豊沢441
    勝田郡奈義町豊沢にある美術館。荒川修作+マドリン・ギンズ、岡崎和郎、宮脇愛子によって制作された巨大作品に合わせ建築家・磯崎新が設計したもので、作品と建物が一体となった美術館である。館内には現代美術の企画展などを開催するギャラリースペースやカフェも併設。また、奈義町立図書館も隣接している。

    岡山の山間部の小さな町にこんなセンスのある美術館があるのはちょっと驚き。 美術館自体も小さいが建物もセンスある。 磯崎新氏、荒川修作氏などセンスある方々が関わっているだけあるな。

  • 現代玩具博物館・オルゴール夢館
    rating-image
    4.5
    35件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岡山県美作市湯郷319-2
    岡山駅から宇野バス利用、バス停「湯郷(湯郷温泉下)」下車後徒歩3分。平成22年(2010)に開館15周年を迎えたおもちゃとオルゴールの博物館。ヨーロッパの積み木やからくり人形などの伝統あるおもちゃ約600点や、30点ほどのアンティークオルゴールが展示されている。アトリエスペースではおもちゃ教室などが開催され、遊ぶ楽しさと同様、作る楽しさも味わうことができる。オルゴールコンサートでは、その歴史や仕組みなどを紹介している。

    沢山の展示オルゴールを聞かせていただけて本当に素晴らしい音色で癒されました。価値はありました。あちこちのオルゴール館にいきましたが、ここが一番時間的にも長く聞かせていただけたのではないでしょうか?本当に素晴らしかったです。

  • つやま自然のふしぎ館
    rating-image
    4.5
    20件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岡山県津山市山下98-1
    JR「津山駅」より徒歩約10分。津山城跡入り口にある、世界各地の動物の実物剥製を中心とした自然史の総合博物館。13の展示室に動物の実物剥製や、化石、鉱物、貝、昆虫、人体標本など約20,000点が常設展示されている。キンシコウ、ローランドゴリラ、アムールヒョウなど絶滅の恐れのある希少動物を始めとする剥製は約800点。現在では入手不可能となった動物も多い。創設者である森本慶三氏の遺言により、本人の臓器も展示されている。

    剥製の展示がとにかく凄いです。総展示数は約20,000点ということで、量も質も大変充実していました☆実際に生では見れないだろう動物さんも、こうして間近で見ることができて良かったです。それぞれの雰囲気がよく分かりました(^^) また、ヒトの臓器も展示してありました。流石にこれにはビックリ仰天でした(^^;)館内には、休憩などに座れるスペースやウォーターサーバーがあります。エレベーターはありませんの...

  • 旧遷喬尋常小学校
    rating-image
    4.0
    27件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県真庭市鍋屋17-1
    真庭市鍋屋の出雲街道沿いにある歴史的建造物。明治40年(1907)に建てられた木造校舎で、明治後期の代表的な学校建築として国の重要文化財に指定されている。現在は文化施設「久世エスパスランド」の一施設として一般に開放されているほか、映画などのロケ地としても使用されている。また、「旧遷喬尋常小学校なつかしの学校給食」といったイベントも行われる。

    岡山県真庭市にある旧遷喬尋常小学校校舎。 1907年(明治40年)竣工、築111年の国の重要文化財。 明治後期の西洋建築で、美しい姿をしています。 明治の学校は螺旋階段、モダンです。 always3丁目の夕日、火垂るの墓の撮影にも使われた歴史的な遺産です。

  • 石上布都魂神社
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県赤磐市石上1448
    赤磐市石上にある神社。素盞嗚尊(すさのおのみこと)を祭神として祀るほか、素盞嗚尊が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した際に使われた剣を御神体として祀っている。本宮は社殿裏の山の山頂に祀られている。

    明治時代まではスサノオがヤマタノオロチを退治したときに用いた剣「天羽々斬剣(あめのはばきりのつるぎ)」がご神体だったという。変わった神社名だが、この剣は「布都斯魂剣(ふつしみたまのつるぎ)」と呼ばれることもあるから、これが起源かもしれない。さらに天羽々斬剣は最古の神宮とされる石上神宮(奈良県天理市)に移されており、「石上」の名も何か共通項がありそうだ。場所は自動車でなければ参拝が難しい山中だ。さ...

  • 城東むかし町家(旧梶村家住宅)
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県津山市東新町40
    中国自動車道「津山IC」から車で約10分。城東町並み保存地区内にある江戸時代後期の町家。津山藩から命じられ、札元(現在の銀行)として藩札(領内だけで通用する紙幣)を発行していた梶村家の屋敷。母屋は江戸時代の終わり、西側の部屋は明治時代、洋館を含めた北側の2階建ては大正時代、蔵は昭和初期に建てられ、各時代の生活様式に対応した造りが保存されている。建物は国の登録有形文化財、庭園は登録記念物。内部は無料で見学可能。

    城東町並保存地区にありました。長屋のような建物、江戸時代後期の建物で、元両替商のお屋敷だったそうです。さすが、両替商、お金持ちだったんですね。。。

  • 武家屋敷館
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県真庭市勝山651
    JR「中国勝山駅」より徒歩約10分のところにある展示館。三浦明次の家臣の一人である渡辺唐兵衛の屋敷を、当時の姿に近い形で保存している。200年余の歴史を持つ上級武士の屋敷であり、別名渡辺邸ともいわれる。長屋門の向こうには母屋や土蔵などが並び、昭和61年(1986)に老朽化のため土蔵を修復、展示館とした。甲冑や衣類、古文書など、武家に関する資料を多数展示している。

    古く味のある武家屋敷ですが、やや小さく、庭は狭いのですぐに見終わります。 勝山町並み保存地区の通りから坂を登って、住宅街を少し歩いた場所にあります。 駐車場はありますが、やや狭い通りを進む必要があります。

  • 箕作阮甫旧宅
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県津山市西新町6
    中国自動車道「津山IC」から車で約10分。旧出雲街道沿いの城東町並み保存地区内にある、幕末に活躍した洋学者・箕作阮甫(みつくりげんぽ)が13歳までを過ごした生家。昭和51年(1976)に母屋、勝手、中庭、井戸など幕末の町家が忠実に復元され、よく江戸時代の姿をとどめているとして、国の史跡に指定されている。建物内は無料で見学が可能で、土蔵には箕作家の家系図も展示されている。

    城東町並保存地区にありました。津山城からタクシーで行きました。幕末の洋学者だった箕作阮甫の生家とのことでした。江戸末期の建物とのことでした。

  • 勝山郷土資料館
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県真庭市勝山170
    JR「中国勝山駅」より徒歩約10分のところにある資料館である。「勝山町並み保存地区」の中央に位置し、城下町勝山の歴史・文化を知る貴重な資料を多数展示。縄文の出土品をはじめ、勝山藩主・三浦家に関する古文書・武具、勝山藩の城下町の様子がわかる資料などを見ることができる。終戦間際に勝山へ疎開した文豪・谷崎潤一郎の生活を垣間見る資料なども展示されている。

    勝山は室町時代に町の原形がつくられ、当初は城下町として、その後はたたら製鉄など物流の拠点として、江戸時代には宿場町として発展してきた。治世者も三浦家から始まり、幕府直轄領だった時期を経て支族の三浦家が再び治めた。この資料館ではそうした町の歴史が武具や古文書などの史料や民俗資料で説明されている。面白いのは1945(昭和20)年に戦火を逃れてこの地に疎開した文豪・谷崎潤一郎に関する資料だ。

  • 中山神社
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県津山市一宮695
    津山市一宮にある神社。707年に創建されたと伝えられ、鏡作神を祭神として祀っている。美作国の一宮として古くから信仰を集めていたが、16世紀に焼失、出雲城主・尼子晴久によって再建された。本殿は国の重要文化財に指定されている。

    津山市にある中山神社の奥に鎮座する神社。奥といっても、短いが結構な山道を歩いてたどりつく。神社というよりも祠のイメージだ。今昔物語の「中山の猿」の霊を祀るというが、祭神は猿田彦だという。庚申信仰と結びついてか、つるし飾りのサルが多数奉納されている。

  • 柵原鉱山資料館
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県久米郡美咲町吉ケ原349-2
    中国自動車道美作ICより車で約30分。柵原ふれあい鉱山公園内。東洋一の硫化鉄鉱山として栄えてきた歴史や文化を楽しく学ぶ事ができる施設。柳原鉱山は、平成3年(1991)の閉山まで、最盛期には年間90万トンもの硫化鉄を産出していた歴史を持つ。館内には、かつての賑わいをそのままに再現した実物大のセットや、鉱石を運んだ片道鉄道の展示もあり、迫力あるその姿を見ることができる。また、当時の柵原鉱山の坑道を利用した農作物の栽培を見学するツアーの実施もあり。

    子供が、柵原ふれあい公園の片上鉄道跡を見たいと言うのでそこを訪問したついでに、同じ公園内にあるこの資料館も見学しました。 資料館は、旧柵原町の昭和中期のくらしと、ここの旧鉱山の概要、使われていた鉱山技術などの展示がメインでした。展示は妙な組み合わせであるものの、鉱山の展示はなかなか見る機会がなく、面白かったです。

  • 美作市作東美術館
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岡山県美作市江見945 美作市作東文化芸術センター
    作東IC及びJR美作江見駅から車で約5分。バレンタインパーク作東にある美術館で、特別展が開催されていない時はフランス人画家で世界的にも広く知られるレイモン・ペイネの作品を展示している。その数はおよそ140点にも及び、水彩画や油絵、版画など多岐に渡っている。年に4回展示内容の入れ替えが行なわれ、素朴かつ可愛らしい絵柄で描かれた恋人や夫婦の姿を見られるのが魅力。みまさかバレンタイン愛の美術展も開催する。

    岡山美作の作東美術館へ訪問。 ペイネの絵画がありました。 独特の筆遣いに魅了されました。 静かな雰囲気も良かったです。

  • 武蔵の里
    旅行/観光
    岡山県美作市宮本
    美作市宮本周辺の地域は剣豪・宮本武蔵の故郷として知られており、宮本武蔵の生家や墓のほか、宮本武蔵像や武蔵神社、関連資料を展示する資料館、またローカル線の智頭急行智頭線「宮本武蔵駅」など、宮本武蔵に関係するスポットが多い。
  • 熊山遺跡
    旅行/観光
    岡山県赤磐市奥吉原1521
    山陽自動車道「和気IC」から車で約30分。古来より信仰の対象とされていた、標高508.6mの熊山山頂にある石積み遺構。ピラミッドに似た幾何学的構図で、3段からなる石積みの初段は一辺が長さ約7.8m。二段目の各面の中央には「龕(がん)」と呼ばれる仏像などを納める厨子と思われる四角い横穴が開けられている。他に類例の少ない特殊な遺構で、奈良時代の仏塔の一種と考えられている。熊山山頂へは登山コースもあり、歩いて登ることもできる。
  • 津山洋学資料館
    旅行/観光
    岡山県津山市西新町5
    中国自動車道「津山IC」から車で約10分。幕末から明治・大正期にかけて西洋の学問(洋学)を研究し、近代国家の礎を築いた津山藩の洋学者達の関係資料を展示する施設。常設展示は主に「人体に隠された科学への扉」「世界へと開かれていく眼」「日本の近代化と津山の洋学者」の3つのテーマに分かれ、時代を追って津山の洋学を理解できるようになっている。「解体新書」の初版本や、精巧な木製の骨格標本(レプリカ)なども展示されている。
  • 武蔵神社
    旅行/観光
    岡山県美作市宮本968
    智頭急行宮本武蔵駅から徒歩で約15分、佐用ICから車で約20分。武蔵資料館や宮本武蔵生家跡から通りを南下してすぐのところにある神社で、名前通り江戸初期の剣聖として有名な宮本武蔵を祀っている。昭和46年(1971)に建立されて以降、合格や必勝を祈願し、多くの参拝客が訪れている。すぐ側には一族の墓が見られるほか、社殿の石垣にはハート型が自然に掘られた石があり、恋愛成就のパワースポットとして知られる。勝守りも人気が高い。
  • 宮本武蔵生家跡
    旅行/観光
    岡山県美作市宮本946
    大原ICから車で約5分、智頭急行宮本武蔵駅から徒歩で約10分。武蔵資料館のすぐ近く、宮本武蔵休憩所と道路を挟んで向かい側にある史跡で、名前通り江戸初期の剣聖として有名な宮本武蔵の生家である。側に宮本武蔵生誕地記念碑も見られる。1584年に武蔵が生まれた当時の建物は消失しており、現存しているのは昭和17年(1942)に瓦屋で再建されたもの。元は茅葺屋根の家で、近くに神社があったことから宮本の構とおわれていたという。見学は外観のみとなる。
  • 城西浪漫館
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県津山市田町122
    中国自動車道「院庄IC」から車で約10分。大正6年(1917)に建造された、国の有形登録文化財。中島病院の旧本館として使われていたもので、正面に配されたドームや、屋根や窓の細かい装飾が特徴の木造2階建て欧風建築。内部には部屋ごとに異なる材質の大理石を使った暖炉がある。1階にはカフェ「榕菴珈琲」が併設され、大正ロマン漂うノスタルジックな雰囲気の中でコーヒーなどが楽しめる。2階には貸しギャラリーもある。

    ちょうど訪ねた日、城西まるごと博物館という地域の史跡を巡るスタンプラリーイベントをやっており、結構な人出だった。もともとは地域の病院だったが、現在は一階がカフェ、二階が貸しギャラリーだ。国の有形文化財に登録されている大正六年築の洋館。館内はよく残されており、凝った意匠の数々が楽しめる。こういっては失礼だが、津山市は人口規模の割にこうした洋館が多く建築され、しかも現代に残存している。素晴らしいこと...

  • 温泉薬師堂
    旅行/観光
    岡山県真庭市湯原温泉24
    真庭市湯原温泉の温泉街にある薬師堂。「小指ほどの大きさ」と形容されるほどの、小さな薬師如来像を本尊として祀っている。毎年5月8日の「花まつり」の際には薬師如来像が開帳され、その姿を見ることができる。

岡山の主要エリア

around-area-map

山と川に囲まれ、田園地帯が大部分を占める自然いっぱいの岡山県。温暖な気候で晴れている日が多いことから「晴れの国」と呼ばれています。 岡山県へは県外からもアクセスしやすく、東京から岡山空港へは約1時間、新幹線岡山駅へは約3時間です。 鬼退治で有名な桃太郎伝説の発祥の地の一つと言われ、「吉備津神社」と「鬼ノ城」ではその歴史のルーツを巡ることができます。 日本が誇る三名園の一つ「後楽園」は岡山市内にあり、岡山城と四季折々の景観のコラボはとても美しく、観光客に人気のスポットです。 倉敷市にある「倉敷美観地区」は江戸の風情が色濃く残っており、そのレトロな景観は見て歩くだけでも楽しく、レンタル着物での散策も人気です。 瀬戸大橋は渡るだけでなく見るのもおすすめで、鷲羽山展望台の第一展望台からは瀬戸内海と瀬戸大橋を一望できます。 そんな瀬戸内海で採れるカキやサワラは県民からも愛されているグルメの一つです。他にも、ひるぜん焼きそばや津山ホルモンうどんなどB級グルメが楽しめます。

岡山の写真集

目的から探す