NAVITIME Travel

島根の資料/郷土/展示/文学館スポット一覧

  • 三瓶小豆原埋没林公園
    旅行/観光
    島根県大田市三瓶町多根ロ58-2
    約4000年前に火山噴火によって地中に埋もれた森を、現地展示・公開している「三瓶小豆原埋没林公園」。発掘状態で展示する直径30mの円形で、深さ13.5mの地下展示室「縄文の森発掘保存展示棟」、埋没林標本を発掘した坑を展示している「根株展示棟」など、三瓶小豆原埋没林の姿や発掘状況を知ることができる。毎年7月には大田市指定天然記念物の「古代ハス・通称大賀ハス」の花も楽しめる。
  • 石見銀山資料館
    rating-image
    3.5
    26件の口コミ
    旅行/観光
    島根県大田市大森町ハ51-1
    江戸時代、幕府の代官が治めていた石見銀山。その資料館が大森代官所跡にある。建物は明治35年(1902)に建てられた邇摩郡役所をそのまま利用しており、昭和51年(1976)に資料館として開館した。絵巻物や古文書、採鉱道具などが展示されており、石見銀山の歴史を学ぶことができる。

    大森の町並みの最後です。 石見銀山資料館に来ました。 逆コースだとここが出発点になるのでしょう。 石見銀山資料館は大きく立派な代官所を利用しています。 さすが代官所と、広い敷地です。 昭和の小学校のような建物が余計懐かしいです。 石見銀山の歴史や技術の資料展示で500円です。 石見銀山の料金は一般的に150円ほど安くしたらいいのにと思いました。

  • 興雲閣
    旅行/観光
    島根県松江市殿町1-59
    島根県松江市の「松江城山公園」内にある島根県指定有形文化財の建物で、明治天皇の行在所として明治36年(1903)に完成。天皇の巡幸は実現しなかったものの、嘉仁親王(後の大正天皇)の宿泊所として使用されたほか、市の歓迎所や各種展覧会の会場など様々な用途で活用されてきた。保存修理工事を経て、平成27年(2015)に一般公開。外観・内装ともに装飾や彫刻を多く施した華麗な建物であり、和と洋の見事な融合が楽しめる。1階にはカフェがあり、明治の雰囲気を肌で感じながらゆっくりと休憩できる。
  • 銀山ヴィレッジ和田珍味石見銀山店 理容館アラタ
    旅行/観光
    島根県大田市大森町ハ79
  • 広瀬絣センター
    旅行/観光
    島根県安来市広瀬町町帳775-1
    「道の駅・広瀬富田城」に併設された資料館。機織り機がずらりと並ぶ館内で安来市広瀬町が誇る伝統工芸「広瀬絣」を現代に伝えている。文政7年(1824)の始まりと伝わる「広瀬絣」は絵模様と幾何模様を組み合わせた大柄な絵文様が特徴の織物。素朴で自然な味わいを持つ広瀬絣は正藍染で丹念に織り上げられているため、非常に堅牢であると評判だ。弓ガ浜地方の弓浜絣、倉吉市の倉吉絣と並ぶ山陰の代表的な絣で県の無形文化財に指定されている。予約すれば藍染め体験を楽しむことも可能だ。
  • 海士町後鳥羽院資料館
    旅行/観光
    島根県隠岐郡海士町海士
    後鳥羽天皇を祀る隠岐神社の向かいに立つ資料館。付近の老松とマッチした和洋折衷のモダンな建物で後鳥羽天皇に関する資料を中心に展示している。海士町は隠岐へ配流となった後鳥羽天皇が暮らしていたと言われる町。後鳥羽院資料館と隠岐神社、後鳥羽上皇御火葬塚がひしめき合っているため3か所合わせて巡る人も多い。病に侵された際に書いたと伝わる置文や、県文化財に指定された来国光の太刀などが奉納されている。
  • 碧風館
    旅行/観光
    島根県隠岐郡西ノ島町別府275
    別府港からは車で5分ほどの距離にある資料館。隠岐へ御配流となった後醍醐天皇の行在所跡とされる黒木御所の入り口で、天皇に関する文書や絵画などを展示している。後醍醐天皇や黒木御所跡の伝承について管理人が丁寧に説明してくれるため、御所跡を散策する前に入館するのが定番コース。脱出までの1年余りを過ごした後醍醐天皇の暮らしと脱出時の緊迫した光景を偲ぶことができる。
  • 津和野町郷土館
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町森村ロ127
    大正10年(1921)当時、県内唯一の郷土歴史博物館として設立された文化施設。遠く縄文時代から現代に至るまでの豊富な歴史資料を保存・展示している。設立当初は藩校養老館の御書物蔵を利用していたが、昭和15年(1940)の紀元2600年事業の一環として現在の場所に移転した。吉見・坂崎・亀井の三氏にわたる津和野城主の歴史を伝える資料をはじめ、この地方の豊かな歴史文化遺産を所蔵している郷土館だ。人材育成の源泉となった藩校「養老館」に関する資料や国内に9門のみが残存する約400年前の大砲「フランキ砲」など、見応えのある資料も多い。

    大正10年に建てられたという県内で一番古い博物館です。津和野藩主吉見、坂崎、亀井の三氏の藩政の歴史資料や人材育成の源泉となった「養老館」に関する資料などを展示しています。全体的にあまり印象に残らなかったようです。

  • 高砂酒蔵資料館
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町中座ロ34
    寛政3年(1791)創業の醸造元・財間酒場に隣接する資料館。江戸時代から昭和初期にかけての酒造りに関する道具や酒器などを展示している。街中に掘割が巡る津和野は古くから良水に恵まれた町。酒米を蒸す大釜や酒を絞る石船などを展示する資料館は、「山陰の小京都」と称される津和野で200年以上守り続けてきた伝統の味と歴史を現代に伝えている。津和野駅からは車で約8分ほど。軒先に吊るされた大きな杉玉が目印だ。
  • ガイダンス山代の郷
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市山代町470-1
    島根県内最大規模を誇る前方後方墳・山代二子塚古墳のすぐそばに建つ資料館で、周辺の古墳・遺跡見学並びに茶臼山登山の際の拠点として人気を集めている。館内には山代二子塚古墳の解説ビデオをはじめとする映像資料やパネル展示、向山1号墳の石棺式石室の実物大模型等が展示されている。

    山代二子塚古墳のすぐそばにあります。無料で見学できますが、小さいのでビデオを見ない限り10分程度あれば十分です。周辺には古墳が点在しているので、ここを拠点に散歩をするのもよいでしょう。駐車場は10台分くらいはあります。

  • 松江市立鹿島歴史民俗資料館
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市鹿島町名分1355-4
    地域文化振興の拠点として昭和62年(1987)に開館した資料館。鹿島町に残る古くからの歴史を物語るための資料や遺跡出土品等を保存・展示している。山陰最大の縄文貝塚・佐太講武貝塚の貝層剥ぎ取り断面は圧巻だ。弥生時代前期の集団墓として知られる古浦砂丘遺跡や県史跡堀部第1遺跡の出土品など多くの埋蔵文化財も収蔵している。ユネスコ無形文化遺産・重要無形民俗文化財に登録された「佐陀神能」の映像紹介も行っており、誰でも気軽に伝統文化や地域の歴史に触れることが可能だ。

    弥生時代前期には出雲の海の玄関口として、朝鮮半島との交流があったそうです。朝鮮半島の土器など、海を通じた交流にかかわる資料が展示してありました。この地方の、古代の歴史について知ることができました。

  • 雲州そろばん伝統産業会館
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    島根県仁多郡奥出雲町横田992-2 雲州そろばん伝統産業会館
    鳥取県との県境にも近い奥出雲横田地区は現代日本そろばんの発祥の地。「雲州そろばん」と呼ばれ、昭和62年(1987)に通商産業省(現経済産業省)から伝統的工芸品の指定を受けた。JR出雲横田駅に隣接するこの施設ではそろばんの歴史や伝統技術法、工具や製造工程などを紹介している。古来から現代までの名工の作品や日本各地で作られたそろばんなども展示しており、誰でも気軽にその歴史や伝統技術に触れることが可能だ。施設の外観はそろばんの玉をイメージした独特なデザインとなっている。

    出雲横田駅のすぐ横です。松本清張の「砂の器」にも出てくる雲集そろばんの歴史を語ってくれる施設・。 そろばんを製作する工程や工具、さらに世界のそろばんのコレクションなど内容豊富です。 電卓パソコン全盛の現代ですが、ここへ来るとそろばんも風情があっていいなと思いました。

  • 安来市立歴史資料館
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    島根県安来市広瀬町町帳752
    月山富田城跡の麓に立つ土蔵を模した建物。寛文6年(1666)の富田川の氾濫で水没した富田城下町の遺構・富田川河床[かしょう]遺跡からの出土品や、富田城の城主だった尼子・毛利・吉川・堀尾3氏の遺物など、安来市の歴史や文化を総合的に紹介している。所要40分。

    道の駅 広瀬富田城の奥。富田城の歴史だけでなく、安来の歴史を概観する内容で、展示は縄文時代・弥生時代から。しかし、小さな展示館なので、やっぱりちょっと無理があるような。 肝心の富田城の歴史は年表で解説するしかなくなって、これでは不満が残ると思います。

  • 松江市立出雲玉作資料館
    旅行/観光
    島根県松江市玉湯町玉造99-3
    出雲玉作史跡公園内に隣接した資料館。常設として古代出雲の玉作りを柱に近代のめのう細工、布志名焼の歴史を展示。玉の作り方をわかりやすく解説し、玉作りとの関係の深い古墳の出土品も展示。また玉作り作業の様子を示す模型などもあり、楽しく古代の玉作りを学べる。
  • かわもとおとぎ館
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    島根県邑智郡川本町大字川本332-13
    世界の民族楽器の展示。リラクゼーションルーム。スタジオなど、聞いて、感じて、安らげる、50音をテーマにした施設。水中音響のある屋内プールではスイミングスクールも開催している。

    川本町の高台にある第三セクターのホテル施設です。川本の街並みが一望できます。駐車場にはなぜかアポロ宇宙船が展示されています。

  • 陶芸の里善戒山窯
    旅行/観光
    島根県浜田市長沢町528-1
    1260度の高温で焼きあげる焼きの堅い石見焼を見学できる。自分で体験することも可能。民芸品などの即売所でおみやげも買える。
  • 隠岐郷土館
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町郡749-4
    郷土館の建物は島根県の有形文化財に指定された建物で貴重な建物である。また、資料も数多く展示してあり、歴史を学ぶことができる。
  • 松江市宍道蒐古館
    旅行/観光
    島根県松江市宍道町宍道1715-2
    JR宍道駅から車で5分のところにある。旧宍道町の旧本陣宿の木幡家に伝わる美術工芸品や宍道湖の漁具などが展示してある。
  • 大寺薬師収蔵庫
    旅行/観光
    島根県出雲市東林木町416
  • 竹下登記念館
    旅行/観光
    島根県雲南市掛合町掛合955-1

島根の主要エリア

around-area-map

縁結びの神様として有名なパワースポット「出雲大社」がある島根県。全国から八百万の神々が出雲大社に集まり神議が行われたとされる日本神話が息づく県です。 島根県内は「出雲縁結び空港」「萩・石見空港」「隠岐世界ジオパーク空港」の3つの空港を持ち、国内各主要都市から定期便が就航しています。東京・羽田空港からは約1時間半で到着します。 島根県は、国賀海岸や乳房杉など雄大な自然で有名な「隠岐島」エリア、世界遺産の石見銀山遺跡や出雲大社があり、「出雲・石見銀山」エリア、城下町であり水の都と呼ばれる「松江」、匹見峡や武家屋敷など見どころの多い「益田・津和野」エリアに分けられます。 島根県は全国でも有数の長い海岸線を持ち、地形も東西に細長いため、エリアや目的に分けて観光するのがおすすめです。 また、県内には60か所以上の温泉があり、名湯もお楽しみいただけます。島根和牛、出雲そば、松葉ガニなど、島根でしか楽しめないグルメと一緒に堪能しましょう。

島根の写真集

目的から探す