島根のお土産スポット一覧

  • 株式会社出西窯
    rating-image
    4.5
    31件の口コミ
    旅行/観光
    島根県出雲市斐川町出西3368
    地元出身の青年5名が昭和22年(1947)に開いた陶窯で、島根県出雲市斐川町にある。土づくりから焼き上がりまで全ての工程を敷地内で行うため、工房には巨大な登窯や原料場も併設。野の花のように素朴で美しく、普段使いしやすいシンプルな器を多く製陶している。展示販売館には、常に数千点の作品が並ぶ。「出西ブルー」と呼ばれる落ち着いた青色の器をはじめ、多彩な作品を販売している。工房内は見学可。

    我が家の食器で、沖縄の読谷村のやちむん、出西のお皿いっぱい普段から使っています。どれもいい感じですね。いろいろ見ていると楽しいです。出西はシールの張ってあるものがありますが(ちょっとだけむらがあったりするもの)家使いには問題ないのでよく購入しています。沖縄も出西も青色がいい感じです。

  • いずも まがたまの里 伝承館
    rating-image
    3.5
    48件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市玉湯町湯町1755-1
    「出雲型勾玉」がテーマの観光施設。古代の玉造は国内屈指の勾玉・玉類の生産地であり、ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトが玉造の勾玉を天照大神に献上したと「古事記」に記されている。「勾玉ミュージアム」では勾玉の歴史や天然石に関する知識を学ぶことができ、目玉は75kgを超える青めのうの勾玉。体験工房では、職人の指導のもとで勾玉や印鑑の制作体験が楽しめる。

    詳しいことは直接問い合わせていただきたいですが 展望レストラン、宝探し体験室などが今年から閉鎖になるそうです。 子供が宝探しにはまり 昨年二回行っていたので 今のご時世やむを得ずとはいえ驚きです。 団体客が ぱっと入ってさっとおみやげに お数珠とか買う場所というのがますます強まるのかな。 9号線側で宍道湖の眺望がよいお店は、 湖北線431号側と違い ふじな亭など あまりカジュアルでないお...

  • 松江堀川地ビール館
    rating-image
    3.5
    53件の口コミ
    グルメ/お酒
    島根県松江市黒田町509-1
    松江地ビール「ビアへるん」が味わえる施設。しまね和牛や宍道湖七珍など豊富なメニューを揃えるビアレストランや、地元特産品をはじめとするお土産コーナーを併設している。地ビールカウンターではビール工場をガラス越しに眺めながら5種類の地ビールを楽しむことが可能だ。施設の外には「松江堀川ふれあい広場」が広がっており、堀川に浮かぶ遊覧船に乗って情緒あふれる松江城周辺を散策することもできる。

    レストランは休業中でしたが、地ビールはいただけました。 縁結びチケットを見せると1割引です。 堀川めぐりの遊覧舟乗り場が少し先にあり、舟に乗る前に一杯!という感じです。 3種類の小さいセットが500円。

  • 縁結び八重垣 八重
    旅行/観光
    島根県松江市佐草町220-6
    縁結びの大神として有名な「八重垣神社」隣にある土産物店で、食事処を併設している。ショップスペースには、水引や天然石を使ったアクセサリーや御朱印帳、和雑貨、お菓子など、八重垣神社や出雲神話にちなんだアイテムがズラリと並ぶ。縁結びの聖地で浄化したパワーストーンのブレスレットが人気。食事処では、出雲の食材を使った手打ちそばやハヤシライス、うどんなどを提供。松江駅からバス「八重垣神社」停留所下車。
  • 野津めのう店 本店
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市殿町407
    大正10年(1921)に創業しためのう細工と天然石の専門店。出雲神話の世界が息づくこの地で古代より祀に用いられてきた勾玉を作り続けている。悠久の時を現代に伝える不思議なフォルムは万物の芽立ちとも胎児の形とも伝わる信仰の対象。現代では健康や精神の安定、病気快癒の祈りなどそれぞれの願いを込めて身につけられている。隣接する工房では自分だけのオリジナルブレスレットやストラップを作ることが可能だ(要予約)。予約すれば伝統技術を引き継ぐ工房の見学も受け付けている。

    めのうが主体であるものの、それ以外の石も扱っています。ブレスレットなどはその場で石を選んで作ることもできます。店員さんの優しいアドバイスもあり、自分の気に入った一品を見つけることができると思います。松江で石を探すならここが一番だと思います。

  • めのうの店 川島
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市殿町193
    松江城目の前にあるめのう細工の専門店。明治10年(1877)の創業以来今ではほとんど採取できなくなった出雲特産青めのう(碧石、出雲石)を使った勾玉を作り続けている。この店オリジナルの勾玉は古代の形をイメージしながら長い歳月をかけて創り上げたもの。厚みやカーブ、膨らみ具合など細部にまでこだわった独自のフォルムをしているのが特徴だ。山陰最古の老舗として藍色を帯びた高尚で渋みのある宝玉を作り続けている。

    店構えがいかにも高級な感じがする勾玉やメノウを扱っているお店です。でも入ってみると、ストラップなど若者向けの製品もあったりして、カジュアルと高級品の両方ありますので、結構楽しめます。

  • 縁結び箸 ひらの屋
    旅行/観光
    島根県出雲市大社町杵築南838-6
    島根県出雲市の「出雲大社」正門前にある店で、出雲土産として各種メディアで紹介された「縁結び箸」が有名。縁結神社で祈念した縁結び箸は、男女の縁だけでなく家族や仕事、健康、人間関係など全ての縁を結ぶとされている。店内には100種類以上もの箸が並び、無料で名入れも可能。結婚祝いや還暦祝いなどの慶事のほか、自分用や友人への贈り物としても喜ばれる逸品である。
  • 分銅屋七右衛門
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町後田口190
    鹿足郡津和野町後田ロ、津和野殿町通りにある和雑貨の販売店。店舗は嘉永6年(1853)の火災で焼け残った木材を使用した「火事後普請」と呼ばれる建物で、国の登録有形文化財に指定されている。元は津和野藩の御用商として300年を超える歴史を誇る老舗で、現在はお香や和紙製品などの和小物を扱っている。
  • 中浦本舗 シャミネ松江店
    旅行/観光
    島根県松江市朝日町472-2 JR松江駅構内
    松江駅直結の商業施設・シャミネ松江内にあるお土産屋さん。ひょうきんな表情が印象的な山陰銘菓・どじょう掬いまんじゅうをはじめ山陰の名産品を多数取り扱っている。 昭和42年(1967)に誕生したどじょう掬いまんじゅうは、安来節に合わせて踊る「どじょう掬い踊り」のお面と青い水玉模様の手ぬぐいをモチーフにした優しい味わいのお饅頭。ほのかな甘さが特徴の白餡の他、抹茶餡やチョコ餡、いちご餡などバラエティ豊かに取り揃えている。宍道湖のしじみを使った「殻付しじみ」やスッキリとした甘味が特徴の「飛魚煮干」も評判だ。
  • かおり本舗 中村屋
    旅行/観光
    島根県大田市大森町銀山栃畑谷
    世界遺産「石見銀山」の町として有名な島根県大田市大森町にある「香り袋」の専門店。銀山の地下坑道に空気を送る際には香りも一緒に送っていたと言われており、お土産物として自家製の香り袋を販売している。周辺に自生する香木「黒文字」とハーブを調合したオリジナルの香り袋は、香りが長持ちするだけでなく、和柄の袋も可愛らしい。香りが弱まっても、袋の上から叩けば香りが強くなる。
  • 長田染工場
    旅行/観光
    島根県出雲市大津町1109
    出雲市大津町にある染め物工場。島根県指定無形文化財にも指定されている伝統技法「筒描藍染」を受け継いでいる。作業工程の見学や展示作品の鑑賞の他、ハンカチなどの小物をお土産に購入することもできる。
  • 大社の祝凧 高橋
    旅行/観光
    島根県出雲市大社町杵築東724
    縁起物や装飾用としても人気の高い「大社の祝凧」を、祖父の代から3代伝わるそのままの姿で残そうと祝凧制作に励む「大社の祝凧 高橋」は、ひとつひとつ手作業で丁寧に作っている。昭和57年(1982)に島根県ふるさと伝統工芸品に選ばれた。
  • アトネスいずも
    お買い物
    島根県出雲市駅北町10-3・11
    出雲の玄関口・出雲市駅に併設するショッピングプラザ。山陰のお土産や特産品を扱う西館と生活用品等の専門店が並ぶ東館、ふたつのフロアで構成されている。出雲観光協会のお店や乳児の親子を対象とした子育て支援施設「駅ナカ赤ちゃんルーム」などを併設しており、観光客にはもちろん地元住民の生活にも欠かせない存在だ。夏のミニビアガーデンや縁引寄そばまつりなど各種イベントも開催している。
  • めのうやしんぐう
    旅行/観光
    島根県松江市玉湯町玉造325
    神話の舞台となった玉造の地に創業し、今も皇室や出雲大社に勾玉を献上している日本で唯一の工房。代々出雲大社の祭祀を司る「出雲国造」職が新任する際皇室に献上されてきた「出雲型勾玉」を作り続けている。ここ玉造は古代から勾玉や玉類を多数作り出してきた国内有数の生産地。 謎めいた形と深く美しい色あいは今でも人々を魅了し、不思議な霊力を感じさせると評判だ。「八尺瓊勾玉」は八咫鏡、草薙剣と並んで皇位継承の印である三種の神器の一つに数えられている。
  • 布志名焼・雲善窯
    旅行/観光
    島根県松江市玉湯町布志名428-8
    古く江戸時代に松江藩の御用窯として始まった250年近い歴史を持つ窯元。JR乃木駅から車で約4分の距離にある工房で、伝統の「布志名焼」や現代の生活にも馴染むモダンなデザインの生活陶器などを作り続けている。かつて手掛けていたのは当代一流の茶人である藩主・不昧公好みの茶器。当時の名品の写しを好んでいたため、京都を思わせる繊細で雅な佇まいをしているのが特徴だ。近年では出雲青磁・海鼠釉を使った温かみのある優しい青の器やエキゾチック文様の器なども手掛けている。
  • 広瀬絣藍染工房
    旅行/観光
    島根県松江市北堀町322
    県無形文化財に指定された伝統工芸「広瀬絣」の藍染工房。小泉八雲記念館の近くにある施設で藍染小物の製造販売や藍染体験を行っている。中柄の幾何学模様や絵模様を多く用いた広瀬絣は文政7年(1824)に伯耆国・米子で絣の染織法を伝授されたのが始まりと伝わる伝統工芸品。複雑精密な絵模様を正藍一色に交錯させ、正確に図柄が浮かび出るよう織り上げているのが特徴だ。工房では輪ゴムを使って好みのデザインに絞る「藍染体験」を行っており、1コインで世界にひとつだけのオリジナル作品をつくることができる。
  • 八雲塗やま本
    旅行/観光
    島根県松江市末次本町45
    宍道湖に架かる松江大橋の北詰、松江大橋通り沿いにある漆器店。明治23年(1890)の創業以来茶の湯文化に育まれた松江の伝統工芸・八雲塗を継承している。色漆で描いた文様の上から透漆を塗り重ねる八雲塗は、使い込むほどに透漆が光の作用で透明化するのが特徴だ。優しくしっとりと吸い付くような手触りで、年々色艶が鮮やかさを増していく。伝統技術を用いて現代に馴染むよう開発されたのが、文様をつけず無地に仕上げた琥珀の漆塗カップ。光の具合で飴色にも赤色にも紫色にも見える優雅な一品だ。
  • 神楽ショップ くわの木
    旅行/観光
    島根県浜田市金城町下来原1541-8 リフレパークきんたの里敷地内
    「湯屋温泉リフレパークきんたの里」に併設する神楽ショップ。石見の伝統芸能・石見神楽で使用される衣装や道具の製造販売を行っている。金銀の糸を纏った豪華絢爛な衣装は神楽に欠かせない華やかな装束。一針一針丹精込めて手作業で作られているのが特徴だ。金襴の柄見本を確認するほか、完成した衣装や神楽道具の紹介も行っている。石見神楽に限らず全国各地の伝統舞衣装を手掛けているのもこの店ならでは。「リフレパークきんたの里」で温泉を堪能した後、気軽に立ち寄ることが可能だ。
  • 鷦鷯屋 シャミネ松江店
    旅行/観光
    島根県松江市朝日町472-2 JR松江駅構内
  • えすこ
    rating-image
    4.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    島根県出雲市大社町杵築南841

    出雲大社の目の前にあるお土産屋さんで、雑貨から食べ物までお洒落なお土産が沢山あります。おすすめです!

島根の主要エリア

around-area-map

縁結びの神様として有名なパワースポット「出雲大社」がある島根県。全国から八百万の神々が出雲大社に集まり神議が行われたとされる日本神話が息づく県です。 島根県内は「出雲縁結び空港」「萩・石見空港」「隠岐世界ジオパーク空港」の3つの空港を持ち、国内各主要都市から定期便が就航しています。東京・羽田空港からは約1時間半で到着します。 島根県は、国賀海岸や乳房杉など雄大な自然で有名な「隠岐島」エリア、世界遺産の石見銀山遺跡や出雲大社があり、「出雲・石見銀山」エリア、城下町であり水の都と呼ばれる「松江」、匹見峡や武家屋敷など見どころの多い「益田・津和野」エリアに分けられます。 島根県は全国でも有数の長い海岸線を持ち、地形も東西に細長いため、エリアや目的に分けて観光するのがおすすめです。 また、県内には60か所以上の温泉があり、名湯もお楽しみいただけます。島根和牛、出雲そば、松葉ガニなど、島根でしか楽しめないグルメと一緒に堪能しましょう。

島根の写真集

目的から探す