NAVITIME Travel

米子・大山のスポット一覧

  • 鏡ケ成キャンプ場
    遊ぶ/趣味
    鳥取県日野郡江府町御机字鏡ケ成709-1
    標高920mという夏の避暑に最適なキャンプ場。ブナやミズナラの原生林に囲まれた大自然の中にキャンプサイトと大浴場、センターテラスや売店などを完備している。あらかじめテントが設営され食材も揃った手ぶらプランを完備しているため、キャンプ初心者でも気軽にアウトドアを楽しむことが可能だ。晴れた日には頭上に満天の星空が広がる。徒歩5分の距離に超軟水の天然水を使用した大浴場があるのも魅力だ。野鳥のさえずりで目覚める朝はまさに格別。
  • 日南町美術館
    遊ぶ/趣味
    鳥取県日野郡日南町霞785
    日南町出身でサクラクレパスの創始者でもある佐武林蔵氏が収集した約250点の芸術品を展示する町立美術館。梅原龍三郎や川合玉堂、林武といった近代芸術家たちの絵画や彫刻を中心に展示している。同じく日南町出身の画家・足羽俊夫氏の洋画やデッサンも展示しており、誰でも気軽に日南町の芸術文化に触れることが可能だ。プロの画家がクレパス技法で描く「大人のためのクレパス画教室」や子どもを対象にした各種ワークショップなども開催している。
  • オシドリ観察小屋
    旅行/観光
    鳥取県日野郡日野町根雨
    日野町に飛来するオシドリの観察専用コーナー。毎年11月から3月かけて訪れるオシドリの姿を間近に観察することができる。色彩あざやかなオシドリは鳥取県の県鳥。環境庁のレッドデータブックにも載る貴重な鳥だ。多い時には1000羽以上の姿を観察小屋ののぞき窓から観察できるほか、期間中は生態や特徴について丁寧に説明してくれるボランティアガイドも駐在する。仲の良い夫婦を意味する「オシドリ夫婦」の言葉は雄雌がほとんど行動を共にするオシドリの習性に由来している。
  • 根雨の町並み
    旅行/観光
    鳥取県日野郡日野町根雨
  • 滝山公園
    遊ぶ/趣味
    鳥取県日野郡日野町中菅
    緑豊かな奥日野地区にある自然公園。根雨の町並みと遠く大山の南壁が一望できる。園内には約3万本ものミツバツツジが植えられていることから春の桜・ツツジの名所として有名だ。例年の見頃は4月中旬から下旬にかけて。山全体をピンクに染め上げる姿は近隣に類を見ない絶景だ。谷川の涼や紅葉など四季を通じて地元住民に親しまれている。小川沿いには遊歩道が整備されており、高さ50mの龍王滝を真下から見上げる様子はまさに圧巻の一言。
  • 海岸遊歩道
    旅行/観光
    鳥取県米子市皆生温泉
  • 米子市皆生市民プール
    遊ぶ/趣味
    鳥取県米子市皆生温泉3-18-3
    米子ICから車で15分ほどの距離にある市民プール。日野川の河口に位置する施設に25m6コースの大プールと滑り台を備えた幼児用の小プールを完備している。水泳教室や専用利用等を除けば誰でも好きな時間帯に好きなコースを利用することが可能だ。大プールは水深が100-120cmと比較的浅めなため、大人はもちろん子どもも安心して泳ぐことができる。二階には最大20人程度が利用できる観覧席を備えるほか、バスケットコート1面、バドミントンコート3面の利用が可能な体育館も隣接している。
  • 潮風の足湯
    宿泊/温泉
    鳥取県米子市皆生温泉4-20 皆生海浜公園内
    米子ICから約15分、皆生海浜公園の一画にある足湯。平成22年(2010)に皆生温泉開湯110周年を記念して長さ4.8m、幅0.5mの足湯が設置された。L字型の足湯は一度に最大15名程度の入浴が可能。源泉温度はかなり熱めの60度以上なので、水で湯温を調整しながら利用するのがおすすめだ。足湯に浸かりながら日本海を一望することもできる。小ぢんまりながら屋根も設置されているため、米子散策の休憩に最適だ。天気がよければ足湯前に設置されたベンチから島根半島を望むこともできる。
  • エンヤサンゴ 皆生ホテル店
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    グルメ/お酒
    鳥取県米子市皆生温泉4-21-1 皆生ホテル1F
    山陰屈指の名湯・皆生温泉にあるカフェ&ダイニング。皆生海浜公園に隣接した「皆生ホテル」の1階にモダンテイストの上品な空間が広がっている。地元の魚を使った「日替り鮮魚の境港盛り」は旬の魚を贅沢に盛り付けたボリューム満点の一品。海側の席からは海を望みながら新鮮な魚介を頂くことが可能だ。麺類やご飯もの、ステーキやオムライスなどバリエーション豊かなメニューが揃っているのも嬉しい。

    海鮮が新鮮で、イカの刺身は美味しかった。鯵のフライも新鮮なので、ホクホクで、少しも魚臭くなく、とても美味しく頂きました。先付けでひじきの煮物が出てきましたが、味付けが、濃くもなく薄くもなく、完璧で、私好みの味付けでした。ステーキソースや、サラダのドレッシングも美味しかった。また来たいお店です。

  • 長田茶店 岩倉町本店
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    お買い物
    鳥取県米子市岩倉町76
    享和元年(1801)に創業したお茶と茶道具の専門店。鳥取県大山産を始め全国各地の有機栽培茶やお茶を使った和スイーツなどを販売している。人気の「有機栽培茶・大山みどり」は堆肥や肥料にこだわる鳥取県大山町陣構の茶畑で育てられた100%有機栽培のお茶。自然本来の力を活かした土で栽培されたため、渋みと旨味、甘みを兼ね備えた風味豊かな味わいが楽しめると評判だ。大山町産の若葉抹茶「大山の白」を練りこんだ「大山・生くりーむ大福 抹茶」や、とろけるような舌触りの「豆乳お茶壺ぷりん」は手土産にも喜ばれている。

    米子市内で加茂川辺りを散歩していて偶然入りました。 江戸時代から酒造、物流業、不動産、宿屋、などを営んでいて、今はお茶や茶道具、お菓子などを販売しています。 神棚が古風で驚きました。 大山辺りで生産されているお茶を買いました。 今風の抹茶ロールケーキも製造しているようです。 お茶は試飲させてくれました。

  • 寿司みなと 旗ケ崎店
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    グルメ/お酒
    鳥取県米子市旗ケ崎7-13-6
    JR境線・三本松口駅から車で10分ほどの距離にある回転寿司店。米子の地魚を使った四季折々の味覚が堪能できる。アットホームな店内は家族や友達でも気軽に立ち寄れる雰囲気。いつでも新鮮な魚介が味わえるよう、毎日港で鮮魚を仕入れているのが特徴だ。仕入れ状況により寿司ネタが日々異なるため、店内に掲示されている「本日のメニュー」は必見。既成の概念にとらわれない自由な発想によるここでしか味わえないメニューも多い。

    開店と同時に満席になる回転ずしです。お昼はオール100円で安く、ネタも新鮮で女性も多く入っておられます。 開店では大手が有名ですがお勧めのお寿司屋さんだと思います。行列は覚悟です。

  • 米子白壁土蔵
    旅行/観光
    鳥取県米子市旧加茂川沿いエリア
  • 寺町通り
    旅行/観光
    鳥取県米子市寺町
    加茂川のはずれ、寺町の一画にある通りの通称。約400mの道に9つのお寺が並んでいる。全国でも珍しい町並みは米子城築城の際に伯耆の各地からこの地へ移築されたもの。それぞれが異なる建築様式を残しており、仏教建築や仏教美術の趣を存分に味わうことが可能だ。室町時代に足利氏が諸国に建てたとされる「安国寺」や、南北朝時代の武将・児島高徳に縁のある「妙善寺」など長い歴史を誇るお寺も多い。
  • 深田氏庭園
    旅行/観光
    鳥取県米子市車尾5-6-22
    その昔、鎌倉幕府を滅ぼした後醍醐天皇が隠岐の島配流の際に立ち寄ったと伝わる山陰最古の庭園。江戸時代初期の「鶴亀配置」と呼ばれる形式が残っているのは全国でもここ「深田氏庭園」と京都の苔寺「西芳寺」の2つのみと言われている。園内は蓬莱庭園の傾向も見られる池泉観賞式の小庭園。自然の景色を模して造られた庭園の池には島を築いて繁栄を祈る「神仙島」を表現している。江戸時代に定型化した庭園様式の意匠が随所に見られ、国指定名勝にも登録された庭園だ。見学の際は事前に電話連絡しておく必要がある。
  • Bistro et Vin(ビストロ エ ヴァン) プチ・トロケ
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    グルメ/お酒
    鳥取県米子市茶町87
    米子駅から徒歩5分の距離にあるフレンチ&ワインバル。淡いグリーンの外壁と赤いテントが目印のお店で旬の野菜や新鮮な魚介類を使った上質なフレンチが堪能できる。約1か月半のフランス住み込みで実際に葡萄摘みを体験し、ソムリエ資格も持つオーナーはヨーロッパ各国で研鑽を重ねた実力派。約150種ものワインを取り揃えており、その日のおすすめや料理に合わせたワインを相談することもできる。極上のディナーコースは普段使いにはもちろん大切な記念日のお祝いにも最適だ。

    電話で予約をし、ランチに伺いました。 ランチ開始時間に、予約時間通り、一番乗り。 期待が高かったかもしれません。 「普通に美味しい、カジュアルなお店」と考えた方が良いかと思います。 メインのお肉は、美味しかったです。 お一人でサーブなさるので、最低限の配慮ができるとよいですが、それよりも、まず、サーブをする以上、髪を触ったり口元に手を持っていくのは、控えてくださると…。清潔感は大事です。 常連...

  • 加茂川・中海遊覧船
    旅行/観光
    鳥取県米子市中町
    船上から米子の下町風情を巡る観光遊覧船。かつて商人の街として栄えた白壁土蔵前の天神橋付近を出発し、中海に出て彫刻ロードへと至る。往復約50分のコースは湊山公園や米子城跡など見どころ満載。思わず腰をかがめてしまう橋のくぐり抜けスポットもあるダイナミックな遊覧船だ。桜のシーズンを満喫できる「さくら船」や中海の美しい夕日を水上から望むサンセットクルージング(要予約)なども運航している。
  • 米子市美術館
    遊ぶ/趣味
    鳥取県米子市中町12
    昭和58年(1983)に山陰地方初の公立美術館として開設された施設。レンガ造りのどっしりとした建物に郷土ゆかりの芸術家による約1700点の作品を収蔵している。市展・県展・米子市秋の文化祭や自主企画展など様々な特別展を開催しており、米子市民の創作活動発表の場としても親しまれている施設だ。教育普及事業の一環としてミュージアムスクールや美術講演会、ワークショップといった様々なイベントも行われている。
  • 米子市立山陰歴史館
    rating-image
    3.5
    19件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県米子市中町20
    遠くからも目を引く赤レンガが目印の歴史館。外装がタイル張りとなった洋館は昭和5年(1930)に建築されて以来、長い間米子市役所として親しまれてきた。建築当時としては山陰随一の建物で、現在は米子の民俗資料や米子城の資料、国の史跡に指定された福市遺跡からの出土品などを展示している。地震に強い近世欧米式「鍵の手造り」や曲線を取り入れた手摺、格式高い通路など細部にまで設計者の明確なポリシーが現れている建物だ。市の有形文化財にも指定され、夜にはライトアップも行われる。

    百名城巡りの一環として初めて行きました。米子市役所周辺には市立図書館や美術館などが集まっていて駐車場は共用でした。山陰歴史館は道路を一本横切ったところにあるレトロな外観の建物でした。入場無料で米子城や郷土の歴史について展示されていました。受付でスタンプと御城印もいただけました。駐車料金も無料になりました。

  • すし弁慶 道笑町店
    グルメ/お酒
    鳥取県米子市道笑町4-137-1
    米子駅から車で約7分の国道181号線沿いに立つ回転寿司店。回転寿司の枠におさまらない鮮度抜群のお寿司を頂くことができる。「味の6割は舎利が決める」というこだわりから地元山陰で穫れた米を使用しているのが特徴だ。定期的に食味値の検査を実施しており、常に一定の基準以上を保てるよう細心の注意を払っている。新鮮な魚介は握る直前にカットしているため、常に魚本来の旨味が味わえると評判だ。暖色系の照明を使った店内はアットホームな雰囲気で、家族や友人と楽しい時間を過ごすのに最適。
  • 吾左衛門鮓
    お買い物
    鳥取県米子市奈喜良248-4
    JR米子駅の一階に併設する駅弁屋さん。明治35年(1902)の創業以来地元に密着した食文化の豊かな可能性を追求し続けている。名物の棒寿司・吾左衛門鮓は年間売上数約60万食を誇る人気の駅弁。ほどよく締めた真鯖と口あたりのよい真昆布、ほんのり甘い酢飯が織り成す濃厚な旨みはまさに絶品だ。国内で水揚げされた冬の寒鯖をマイナス60度で急速凍結することで旨みを高めている。口コミで全国に広まり、今では北海道から沖縄まで全国に根強いファンが存在する自慢の逸品だ。

鳥取の主要エリア

around-area-map

砂丘で有名な鳥取県は、大山などの緑豊かな山々に囲まれ、数々の農産物や海の幸に恵まれた地域です。 「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」があり、羽田空港からは1日5~6便が運航、フライト時間も約1時間半とアクセス良好です。 鳥取県は、鳥取市を中心とした東部、倉吉市のある中部、米子市を中心とする西部と、大きく3地域に分けられます。 東部地域には、日本一大きな砂丘「鳥取砂丘」が鳥取市東部に位置し、パラグライダーやサンドボード、ラクダ遊覧を楽しむことができます。 また、中部地域の境港市にある「水木しげるロード」は、妖怪神社や「鬼太郎の家」など、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。 他にも、倉吉市(中部)では白壁土蔵群や赤瓦など歴史的な街並み、鉄道の町・米子市(西部)では近代鉄道遺産などを観ることができます。 伝統食やご当地グルメも豊富で、小豆雑煮、鳥取牛骨ラーメン、鳥取バーガーなどは、鳥取を訪れたら一度は食べたいグルメです。

鳥取の写真集

目的から探す